« 2012年8月5日 - 2012年8月11日 | トップページ | 2012年8月19日 - 2012年8月25日 »

2012年8月12日 - 2012年8月18日の7件の記事

2012年8月18日

さっちゃんの都市伝説

童謡の『サッちゃん(さっちゃん)』

  1. サッちゃんはね サチコっていうんだ ほんとはね
    だけど ちっちゃいから 自分のこと サッちゃんって呼ぶんだよ
    可笑しいな サッちゃん
  2. サッちゃんはね バナナが大好き ほんとだよ
    だけど ちっちゃいから バナナを 半分しか 食べられない
    可哀相ね サッちゃん
  3. サッちゃんがね 遠くへ行っちゃうって ほんとかな
    だけど ちっちゃいから ぼくのこと 忘れてしまうだろ
    寂しいな サッちゃん

よく知られた歌詞ですが、この歌にまつわる伝説が存在します。

それは、恐ろしいお話です。

続きを読む "さっちゃんの都市伝説"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年8月17日

オリンピックでの奨励金(褒賞金)

昔はプロスポーツ選手でも報酬やお金のことを話すのはタブー視されていましたが、落合前中日監督が現役時代に「日本のプロ野球選手は報酬について軽視過ぎる。だからプロなのにアメリカより低い年俸に甘んじているんだ」として契約更新時に年俸にこだわったおかげで、プロの世界は変わっていった経緯が有ります。

プロがそうですからアマチュアスポーツの場合はそれが顕著で、他の国がオリンピックでメダルによって報奨金を出しているときに日本は出すことを「恥」として行いませんでした。

しかし、日本も考えが変わり「奨励金」という名目でお金を出しメダル数増加を目標に選手に出すことを決めました。
そして今回のロンドンオリンピックでは「300万円」、「200万円」、「100万円」がそれぞれ個人ごとにJOC日本オリンピック委員会)から支給されることは、よく知られています。

メダリストには、さらにその選手の競技団体からの褒賞金(報奨金)が現在は支給されます。

その各競技団体の報奨金の金額はいろいろですから、実際にメダリストがもらう額には差が出ます。

その競技によってメダリストが最終的に手にする金額の差額が半端じゃないのです。

続きを読む "オリンピックでの奨励金(褒賞金)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月16日

その和菓子の名は「塩まん」「ままどおる」

お盆、今年も我が家には「暑い」を合言葉に数多くの親戚や兄弟の家族が訪れてくれました。
その際に、「手ぶらではいけない」と皆さん手土産(お中元ではない)を持参するのですが、それがなんとも嬉しいやら申し訳ない気持ちやらが交差するのもお盆です。

その手土産は殆どが季節の食べ物や飲み物なので、おいしい物ばかりで嬉しい限りです。

Img_1888今回のお盆の手土産に、私の大好物の一つが有りました。

←がそれで、直径が3センチ以下という一口大の小さな和菓子です。向かって右の白いのが「塩まん」と言い、緑色のは近年にできた‘抹茶バージョン’で「茶まん」と言います。

福島県内では大きなチェーン店で「ままどおる」という洋風菓子で有名な「三万石(さんまんごく)」というお店のもので、一見‘落雁’にも見えますが、中身は栗入りの餡子が入った饅頭になります。http://www.chuokai-fukushima.or.jp/ksk/mamador/seihin.html

大きさが食べるのに手ごろだし、程よい甘さ大が好きなお菓子なんです。

他のが不味いというわけじゃけっしてないですが、このお菓子をもらったことはうれしかったです

続きを読む "その和菓子の名は「塩まん」「ままどおる」"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年8月15日

韓国の言いがかり、こんどは日本体操

韓国の言いがかりはどこまで行くのでしょうか?

ロンドンオリンピック男子サッカーの3位決定戦直後、韓国代表選手が「独島(竹島の韓国側名称)は我が領土」という紙を掲げたことが、日本国内より欧米各国やIOCからの批判の的になったことで、「韓国のメダルはく奪」の声まで出ていることはよく知られています。

そしたら、韓国メディアが「日本体操選手のユニフォームが旭日旗を連想させる。(韓国がメダルはく奪されるなら)日本もメダルを剥奪されなければならない」と書きたてているようです。

そのあらましはだいたい↓のようなものです。

  1. 日本体操選手のユニフォームは「アジア人を死に追いやった」‘旭日旗’を連想させるデザインであるのに、IOCがこれを表現の一つとしてとらえたことは疑問である
    ※、報道では新体操の日本代表の「サイード横田仁奈選手」のユニフォームを名指ししている
  2. ナチの模様を連想させるユニフォームは許可しないのに、中国や韓国では「日本の軍国主義や帝国主義の象徴」として忌み嫌われている‘旭日旗’を許可するのはアジア人への差別である
  3. サッカーのパク選手のは試合後に拾った紙でパフォーマンスした偶発的なもので、日本のは試合中に着用するユニフォームなので意図的である
  4. 日本の公式旗の英語表記は「The flag of Japan」で「日の丸」ことである。
    英語表記名が「Rising sun flag」である「旭日昇天旗」は日本軍旗で別物であるから違反にあたる

以上の理由から、韓国の「国連ファッション」という団体のコ・フィジョン代表やデザイナーがIOC(国際オリンピック委員会)とFIFA(国際サッカー連盟)に「サッカー韓国代表のパク・ジョンウ選手に処分が下されるなら、日本にも処分を下さないのは不公平だとして異議を申し立てるとの報道が韓国メディアから報じられたようです。

続きを読む "韓国の言いがかり、こんどは日本体操"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月14日

査定、数値、総括

何と日本のマスコミとは「査定、数値、総括」とか数字を並べるのが好きなところなのでしょうか。
今回のオリンピックでも、どの番組でも「メダルが何個」とか「何年ぶり」とか、数字の話しばかりです

挙句の果てにはオリンピック総括とか言って、いろいろなな競技の様子を紹介するたびにまた数値です。

偏差値社会に生きてきた国家が、会社や社員の評価を数値で決めていう様子そのままです。

鍛えられた肉体で金メダルと勝利を目標に競い合うオリンピック選手たち、そこに製品のように数値を当てはめるのはどうなのでしょうかね。

「オリンピックとは勝利を目指して必死に競技するからこそ選手が美しく見える祭典である」これが今の考え方です

ですからただ、勝利者に賞賛の報道だけで良いのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月13日

ただ、手を振りました

ただSLに向かってみんなが、みんなが手を振りました。公開された映像ですF1000002

http://www.youtube.com/watch?v=6ND-IA8MTyU&feature=youtu.be

7月28日(土)は暑い暑い夏の日でした

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年8月12日

日韓サッカー国際映像の選手の姓名

男子サッカーの日本対韓国の3位決定戦は日本が敗れ、メダルの夢は消えてしまいました。

しかし、その試合は試合後の韓国選手の一人のパク・ジョン・ウ選手が「独島(竹島)は我が領土」という政治的紙を掲げたことでオリンピック委員会をはじめ各国が「韓国はオリンピック憲章違反。銅メダルはく奪だ」などとして、競技とは違うことで話題になってしまいました。

それより、その試合中の国際放送で気になっていたことが有りました。それは、選手名です

日本選手の場合、苗字と名が逆に表示されるのが常です。たとえば「よしだ・まや」選手なら「マヤ・ヨシダ」となります。3位決定戦でもその通りアルファベット表示になっていました。

これは、漢字氏名国の「中国」、「北朝鮮」、「韓国」も同じに逆表示になります。
ですから、問題のパクジョン・ウ選手」の場合「ジョンウパク」という風に、第一ネームが最後に回り、第二と第三が合わさって最初に表示されるわけです。

ところが、イギリス(?)が作るサッカー男子3位決定戦の国際放送の表示では、日本選手名だけが逆表示で、韓国選手のは韓国内で使われている通りの逆にならない表記で放送されていました。
(※、ただし、IOCのホームページでの発表は全ての国家の選手の名前が逆になっている。)

あれはどう言うことだったのでしょうか?韓国が通常名称なら日本だって逆さま名前じゃなく表示してもらいたかったです。

これに気が付いた日本人は私だけじゃなかったはずなんです

続きを読む "日韓サッカー国際映像の選手の姓名"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2012年8月5日 - 2012年8月11日 | トップページ | 2012年8月19日 - 2012年8月25日 »