« 2012年9月2日 - 2012年9月8日 | トップページ | 2012年9月16日 - 2012年9月22日 »

2012年9月9日 - 2012年9月15日の7件の記事

2012年9月15日

246時間の残業をする地方公務員

全国市区町村の公務員平均年収というらんきんぐありまして、震災前の2010年には645位という低いランキングだった福島県相馬市は今年一気に全国1位に‘なってしまいました’。

あえて「なってしまいました」という言い回しにしたのは、その全国1位の年収になった理由にあります。

その原因は、東日本大震災後の残業の増加なのです。
太平洋側に位置し大きな津波被害はあったが原発からは遠いため避難区域にはならなかった相馬市では、災害対策本部や仮設住宅の整備を担当するそれほど多くない部署などで、職員の膨大な時間外勤務が発生したため、一月の時間外勤務手当が1人平均18万以上なったてしまったのです。

最も多い職員では、月246時間の超過勤務を強いられ、その月の残業代は約80万円と膨れあがったのだそうです。

同じく被災地の宮城県石巻市(42位に)、福島県飯舘村(57位に)、福島県南相馬市(70位に)も一気に上位に入ったそうです。

収入が増えて他県から等は羨ましいとも言われそうですが、最も多い職員月246時間のこの数値、これは私も経験をしていますが「何日かは徹夜、休日無し、18時間勤務」という勤務内容でじゃないとならない数値です。

これ、長く続けるとうつ病、または過労死です。結局は地元自治体のこういう努力になってしまうのが、日本の国家行政なんですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月14日

東京都は、尖閣募金受付を未だ継続中!

尖閣諸島は、「東京都が買う」、「国が買う」と競い合うような形で大騒ぎとなりましたが、結局国が3島を20億5000万円で買うことで決着しました。

そうなると気になるのが、「東京都が尖閣諸島を買うために集めた14億円以上もの寄付金は今後どうなるのだろう」ということです。

11日、東京都の石原慎太郎知事はそのことについて意思を明らかにしました。

  • 東京都としては、国との合意には反対することなく、海外からの応募もあった寄付金であり、「基金」を設置して大切に使う。
  • 国が島の整備(漁業無線中継基地建設など)の意思を示せば、その整備をする際には協力をする。次の政権になった時、具体的に役立つようになったときに役立てる。

そして同時に発表された事柄にちょっと驚いたのは、買い取り問題が決着したので募金活動も終了かと思いましたら、尖閣諸島の募金の口座は閉じることなくこれからも継続して集めていくらしいのです。
継続なら、そうとう集まるでしょうね。最低でも16億円以上はいくんでしょう。

まさか、都の一般会計にそれを流用するようなことは無いでしょうが、「募金継続」というのにはちょっとモヤモヤ気分が都や国民に残りませんかね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月13日

こんな1位・2位・3位は、つらいかも

1位、滋賀県
2位、島根県
3位、三重県

この上位3県の名称を見て何のランキングか想像がつくでしょうか?たぶん判らないと思います。
さて、ヒントめいたこんな質問をしてみましょう

Q、「滋賀県」、「島根県」、「三重県」、それぞれの県庁所在地の都市名を答えよ

この問題に即座に答えられるのは各県の地元や出身者か、地理が得意な人かもしれません。

つまり、冒頭のランキングとは「県庁所在地がよく解らない(思いつかない、知名度が無い)都道府県、上位3県」だったのです。

わたしも、この3県の方たちには申し訳ないですが「あれ~!どこだっけ?」となり、まったく頭に浮かびませんでしたcoldsweats01

続きを読む "こんな1位・2位・3位は、つらいかも"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月12日

今ごろになってしまった

実は・・・、わが家のテレビアンテナはかなり年数を食ってしまい。度重なる強風などでなんどが折れ曲がったり、止めねじがだめになってしまったりと数年ほど前から交換時期をとっくに過ぎていたのです。

ポールへの固定もビニールテープをグルグル巻いて仮固定していたものですから、いつ台風で落ちるかと気が気ではなかったわけです。ところが、そうなると台風と言うのは来ないもので、助かってしまったのです。

それでもこのままではまずいと、完全地デジ化に移行になる2011年の7月に交換する予定をしていたのですが、あの震災のため福島県はさらに1年間地デジ化が延長されたため、そのままアンテナ交換も延長していました。

Img_1896

そしてやっと、本日新しいアンテナと交換しました。
もちろん取り付け交換は自分自身でやりましたし、ケーブルも所持していましたので、アンテナ(日本アンテナ制14素子)の代金(3000円弱)だけで済みました。

気のせいか、テレビ画面が良くなった気がします。

なんだか、ホッとしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月11日

日本は‘紙幣と印刷機を輸出’している

KOMORI」←の様な名称の日本企業を知っている人はごく限られた人だけかもしれません。
「KOMORI」とは日本国内印刷設備機器メーカー最大手の「小森コーポレーション」という企業のことです。

世界に誇れる日本の先進技術の一つに紙幣印刷技術の高さがあります。
日本紙幣には、一般的な外国紙幣では再現できない「角度を変えると模様が変化するホログラム技術、紫外線をあてると光る特殊発光インキ」など数々の偽造防止技術が施されています。

その印刷業務を専従で行っているのは『独立行政法人・国立印刷局』です。

そして、その局内で使用されている精巧な紙幣の印刷機を唯一製造販売しているのが「小森コーポレーション」というわけなのです。

同社は海外からの技術評価も高く、世界でもトップクラスの「ハイデルベルグ社」等のドイツ大手企業とで、ユーロやロシアなどへ紙幣印刷設備を輸出で競いあっているという世界的にも知られているメーカーだそうです。

ですから、印刷機器の輸出というのは当然だという気がします。でも、輸出はそれだけじゃないんです

続きを読む "日本は‘紙幣と印刷機を輸出’している"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月10日

高速増殖炉「もんじゅ」と反原発運動

国内外に何かと波風を起こすので有名な石原慎太郎東京都知事が9月6日(金)に、福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」を視察、その際にまたまた物議を醸しだす発言をしたようです。

  • トラブル続きで2年間停止している‘高速増殖炉もんじゅ’について・・・
     「(もんじゅは)画期的な技術で、廃炉なんてとんでもなく、絶対してはいけない
  • 多くの原子力発電所が再稼働していない状況について・・・
     「(このまま稼働しないと)経済を疲弊させて、失業者を出し、社会の混乱につながると思う
  • 反原発運動について・・・
     「今の原発の反対運動はナンセンスで、とても危ないと思う

一見すると、今の日本や福島県などの状況を無視した発言のように見えるし、反原発運動を展開している人々には気持ちを逆なでる発言ですよね。

でも、冷静によ~く考えてみてください。違ったものが見えてきます

続きを読む "高速増殖炉「もんじゅ」と反原発運動"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月 9日

‘秋バテ’・・・とはいかに?

夏にほぼ毎日、一日中のように冷房のいる場所にいて、冷た~い飲み物を飲んで過ごしてると、本来涼しくなって食欲が出る秋になっても「なんだか食欲がない、身体がだるい、頭がぼーっとする……」という症状が出ることがあるんだそうです。

これを「秋バテ」というんだそうです。
原因は、本来暑い季節に対応る状態になっている身体のはずの季節に、冷房によって冷やされ自律神経機能が狂わされ、血の巡りを悪くして内臓を麻痺させてしまっていることによって起きるんだそうです。

エアコン無しの家に住む私に言わせれば“贅沢病”ですが、現代の職場はほとんどがそうですから回避できないのかもしれません。

「天高く馬肥ゆる秋」とか「食欲の秋」という言葉がだんだん使われなくなっていくのでしょうか?それは、環境そのものが病んでいるとしか思えませんね。

続きを読む "‘秋バテ’・・・とはいかに?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年9月2日 - 2012年9月8日 | トップページ | 2012年9月16日 - 2012年9月22日 »