« 2012年12月16日 - 2012年12月22日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »

2012年12月23日 - 2012年12月29日の7件の記事

2012年12月29日

‘一夜餅’は縁起が悪い

テレビのおかげで、各地域の風習が消され均一化するもの中に年末の鏡餅の飾る日も有りますね。

よく言われるのは大晦日の日に飾るのは「一夜飾り」で縁起が悪いということでしょう。そのほかには29日は「く=苦」が付くから縁起が悪いというのもありますね。

そう言われると、何とも気になるのが人間心理です。そこで28日ごろなどが最も多く選ばれることとなってきているようです。

ところが地域や風習などによってはいろいろなのです。

  • 「29」は「ふく=福」とも読めて縁起が良いので、12月29日に供える
  • 浄土真宗では大晦日の31日夕方に餅を供えるのが正式な作法(※、旧暦のころの大晦日は29日または30日だった

わが地域の高齢者=母に言わせると「一夜飾り」という言葉は村には無く、その代わりに「一夜餅」という言い方だったようで、その意味も少し違います。

母曰く・・

  • 一夜餅とは、餅をついたその日の夜に鏡餅を供えること」=縁起が悪いのでやってはいけないこと

そのような考えは私の地域だけかと思いましたら、次のように書かれたサイトを見つけました。

  • 昔は多くの家で正月用の餅つきをしたが、31日の大晦日につくのを‘一夜餅’、29日につくのを‘苦餅’といって嫌った

これは私の地域の考え方とほぼ同じです。ということは、本来は‘飾る日’ではなく‘餅をつく日’の縁起担ぎのほうが重要視されていたことになのかもしれませんし、少なくともわが地域はそれ(つく日)です。

わが家では昔は大晦日に餅を飾っていましたが、今はテレビの影響も有って十数年前からはその中間をとって30日が定番になっていますcoldsweats01

今年も明日30日なりましたので、明日飾ります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年12月28日

いつごろ食べる?・・年越し蕎麦

大晦日に食べるものと言えば「年越しそば」が一番に思いつきます。ですが、いつごろ食べるのが本来なのか?ちょっとだけ悩みますよね。悩みませんか?

先に答えを言ってしまえば「いつ食べるとは決まっていない」です。

わがやでは、NHKの紅白が終わって番組もひと段落するころあいで食べていますが、自宅で食べる場合はこの時間帯が最も多いようです。

地域によっては、大きく違っていることも有ります。

福島県の会津若松市では「元旦の朝」だそうで、お隣の新潟県では1月14日の小正月に「十四日蕎麦」と称してそばを食べる習慣があるようです。

このように、各地域によって違うのが有るかもしれませんが、今はテレビの影響で均一化が進んでしまっていますから、それらの習慣も無くなりつうあるのかもしれません。

だいたい、旧暦を見ると分かりますが、大晦日の日付は毎年違います。平成24年の旧暦の大晦日は12月29、昨年は30にまで有りましたし、大晦日が1月31日だと固定化してしまっている現代のカレンダー自体が既に日本の慣習の意義とは違っています。

先にも言いましたがいつ食べても旧暦には合っていないので、つまりは気にしなくていいという結論に達しました

いずれにしても、私にとって蕎麦はいつでもおいしいです

※、尚、年越しそばの謂れは下記URLのサイトに詳しく書かれてありましたので、興味のある方はどうぞ
http://www.h5.dion.ne.jp/~kisin-an/tisin/tosikosi.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年12月27日

やってくるかもしれない‘ローン地獄’

安倍新総理が選挙前から公言している「日銀法改正」や「大幅な金融緩和」、具体的には「3%の経済成長と、金利も3%程度まで上げる」というものですが、日銀総裁が記者会見で言っているようにそれには多くの反対意見が存在します。

その賛否の理由として私のような素人考えでも判るのは、日銀の公定歩合が上がれば、貯金の利率が上がるという嬉しいことが起こる反面、ローンなどの返済利息が上がってしまうというリスクが生じるということです。

特に大きな返済になる住宅ローンと言うのはもっとも影響が起こる可能性がありますが、住宅ローンと言うのは最初に決められたもので返済終了まで行くので影響が無いと、思っていましたら、それは大間違いだったことを知りました。

現在新築して住宅ローンを組んでいる若い世帯のほとんど(90%)は、5年ごとに利息を見直す‘変動利息制’を利用しているんだそうです。

続きを読む "やってくるかもしれない‘ローン地獄’"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月26日

“くろう”?!の総理

分かり切っていたことですが、自由民主党の安倍晋三総裁が本日の午後、国会で首相指名を受けて、第96代の首相に選出されましたね。

 首相の再選は、吉田茂以来の戦後2人目のことになったわけですが、96代はどうみても「苦労=くろう」のごろ合わせをしたくなる数字ですね。

その苦労が、政府のほうになるか?それとも国民側の苦労になるのか?不安定要素が多くて私としては後者の方が確率が高い気がしてなりません。

きょうは、このくらいの‘つぶやき’にしておきましょう。頭の中にいろいろな問題・不安が沸き出ていて、文章にできそうもないです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月25日

血液型が「A型」の人は無精

血液型による性格判断は、たんなるお遊びかと思っていましたが最近は科学的研究としても注目され、人事やビジネスに診断を取り入れるケースも出てきているらしいのです。

日本人にもっと多いA型は、「几帳面で整理整頓が得意な人が多い」とか言われますが、「血液型と性格・性質」について研究を行なっている小萩喜一氏によるとその根底には意外な性格が有るというのです。

それは、同氏曰く「A型が几帳面なのは“散らかると面倒だから早めにきれいにする”という、その、几帳面さとは逆の‘無精さ・面倒くささ’が根底にはあるからである」と、いうのです。

同氏はさらに続けます「それゆえに、A型の人の人生は、ある意味この面倒くささとの戦い」だというのです。

私はまさしくそのA型人間ですが、その通りだと思います。

仕事や物を取りやすくするのは、「探すのが面倒だから見やすくする」とか、「早く事を済ませてのんびりしたい」という考えのもとに、いつもやっています。それが以外にストレスでもあるのが自分でもよく解っています。

小萩喜一氏によれば「そういう人は、本性である無精の自分を自覚した上でスムーズに行動を起こせる習慣にたどりつければ最強の人生を送れるようになる」ということです。

同氏の言う通り、自覚しているわたしはこのままでいいことになりますが・・・ちょっと納得いかない毎日のような気がしますthink

これって、別な考え方をすれば、A型の人がだらしない場合は他の血液型より最悪になるとも言えますね。
身近にそういう人が実際に居ますので、それも納得できます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月24日

南極に雨なのに東北は氷点下

日本時間で12月22日の午後~23日未明にあたる22日の南極、そこにある日本の昭和基地で雨が降ったそうです。

年中寒い南極昭和基地であるはずのその日の気温は、最高気温が4・6度、最低気温でも0・9度と氷点下にならない珍しい一日となっって、霙だったものが雨に変わったのだそうです。

昭和基地で雨が降るのは2004年(平成16)1月1日以来、なんと約9年ぶりだそうです。

それに引き替え、今の日本の気温の低さはすごいです。明日はわが地域で氷点下4度になる予想が出されています。「これも温暖化のための異常か??」と思いましたね。

ところが、昭和基地の隊員によれば基地で長年続く気象観測の記録と照合しても地球温暖化を示す気象の傾向は無いそうで、今回のはたまたまのことらしいです。

しかし、雨が降っただけでニュースになるとは、やはり南極はすごいところですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月23日

おらの選挙区の分析

私の住むところは福島選挙区での「2区」になりますが、御多分に漏れず前回の衆議院選挙で落選した自民党候補の前職のN氏が返り咲き当選をいたしました。

このN氏の小選挙区得票数に対して私が選挙分析させていただきますと、こうなります。

  • 平成17年得票数⇒ 約 125,000票(当)
  • 平成21年得票数⇒ 約 111,000票(落)前回比
  • 平成24年得票数⇒ 約  98,000票(当)前回比
  • 有権者数(票)⇒ 約 344,000人(票)
  • 投票者数(票)⇒ 約 195,000人
  • N氏以外の票⇒  約  91,000票
  • 無効の票数 ⇒  約   5,000票
  • 投票棄権者数⇒ 約 150,000人

見ての通り出馬するたびに票を減らしてきていますし、上記結果ら得られるのは、当選したものの福島2区の有権者の約70%以上にあたる約24万と6千人の2区県民からは「N氏はふさわしくない」と判断されたことになります。

このことをよ~く頭に入れておいてもらいたいものです

続きを読む "おらの選挙区の分析"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年12月16日 - 2012年12月22日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »