« 2012年2月12日 - 2012年2月18日 | トップページ | 2012年2月26日 - 2012年3月3日 »

2012年2月19日 - 2012年2月25日の7件の記事

2012年2月25日

産業スパイが日本へ

昨日、車のラジオをNHK福島にしたらちょうど「福島県議会中継」をやっていました。なんとなくある県議の質問内容を聞いていたら「スパイ」なる言葉が耳に入ったのです。

その内容のあらましはこうです。

島第一原発事故による福島県人の放射能被害者数は、原発事故ではいまだかつてない人数が影響を受けました。
その人たちの健康状態や被曝経過のデータを手に入れようと、世界中から産業スパイが来る可能性(すでに来ているかもしれない)ということを指摘する専門家が居ます。

今医療機関や公的関係機関が集めた放射能被害状態はそんな外国のスパイなどに利用されず福島県民のために国内で役立てるように、県や国へ要請するものであります

だいたいこんな感じだったですね

スパイとは外国の医療医薬メーカーの派遣する者たちのようで、日本国内より先にデータを持っていき、新薬や新治療を開発しそれを日本をはじめ諸外国に売りつけて儲けようとする輩の産業スパイを言っているようです。

一説によれば日本は“スパイ天国”だそうで、まんざら想像の話ではない気がします。

こういうことも、国は各省庁が連携して対処してもらいたいものだと、ラジオを聴いていて思いましたが、もう一つの思いもでました。

日本人というより福島県人は、やはり“モルモット状態なんだな~”、という思いです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月24日

北朝鮮には“チョコパイと鞭”?!

「飴と鞭」という言葉が有りますね、元々は「甘いパンと鞭」だったようですが、これは何か制作や計画などを強要するときや交渉事などに良く使われる例えですね。

北朝鮮では今‘飴’ならぬ“チョコパイ”がどんな貴金属やお金より価値が有るという「チョコパイ騒動」が起きているというのです。
それは、何でもないことが発端となったのだそうです。

北朝鮮の開城工業団地には数多くの韓国企業が進出しているのですが、そこのある工場では休憩時間のおやつ韓国製の1個300ウォン(約20円)足らずのチョコパイを従業員1人あたり2個ほどの割合で提供していたんだそうです。

私たちから見れば、「なんと金のかからない従業員慰労行為だこと」とも、「アットホームな工場だな」とも思えますが、いずれにしても“チョコパイ騒動”にまで発展する理由が想像できないですよね

ところが、北朝鮮は違うのです。

続きを読む "北朝鮮には“チョコパイと鞭”?!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月23日

河村たかし名古屋市長の発言・・・

名古屋市の河村たかし市長が「南京事件無かったのではないか」と発言した問題は、34年間と言う長期にわたって名古屋市と友好関係を持つ南京市が同市との‘公的交流’を当面停止することが発表されるなど、またまた中国政府と日本との外交問題になってきました。

河村市長の実父はこの事件が起きた日中戦争当時に南京滞在していたそうで、問題の事件後でも南京の中国人の皆さんにとても親切かつ良くしてもらって、今でも南京の皆さんには感謝しているというのです

つまり↓

本当に南京大虐殺などと言うことが起きていたとしたら、その被害者である南京の中国人の方々に日本人である父たちが良くしてもらえたはずがない。

ゆえに↓

南京問題は、本当は無かったのでないか

以上の様な持論をかねがね言ってきた河村たかし市長の経緯が有ります。

続きを読む "河村たかし名古屋市長の発言・・・"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月22日

安倍さんの証言

テレビ朝日系列で放送している「ビートたけしのTVタックル」と、言うトーク番組を知っているでしょうか?
毎回現役の政治家がゲストに来てのレギュラーの評論家と論争を繰り広げる番組で、思わず言ってはならない本音や、国の情勢まで聞ける場合があって政治経済が好きな人には面白い番組です。

今週のゲストは前総理大臣の安倍晋三氏、安倍氏のコーナーは論争の場面は無かったのですが、衝撃の事実が同氏の口から聞かれました。

その当時、自民党政権は省庁官僚の天下りを無くす法案を押し進めるため、それに反対する元官僚の族議員や現役官僚と熱いバトルを水面下で繰り広げていたというのです

これは、その前の小泉総理から布石がありました。

続きを読む "安倍さんの証言"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年2月21日

黙っていても“止まる運命”

原発については福島第一原発災害以降、「廃止、停止すべき」とか、「いまは、まだ性急すぎる」とか、賛否両論が起きています。

ところがです。その原発の担当省である経済産業省、特に文部科学省と当事者である電力会社はすでに20年以上も前から知っているんです。
「このままでは2020年までには国内のすべての原子力発電が止ってしまう」と、いうことをです。

その理由は非常に簡単なものです

今回の“原発災害”によって国民がよく解ったことの一つに使用済核燃料があります。
この使用済みの核燃料が、使用を終了してもなおプールなどに入れて冷やしておかなければ高熱になって危険な放射性物質であると言うことが、それでしょう。

ですから、各原子炉ごとに巨大な使用済み核燃料プールが併設されています。

続きを読む "黙っていても“止まる運命”"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月20日

スパム英文メールではありませんよ

メールに次に様な文章が記載されていたら即、「スパムメール(迷惑メール)」と判断し、私なら削除してしまうと思います

「 krungthep mahanakhon amorn rattanakosin mahintara yudthaya mahadilok pohp noparat rajathanee bureerom udomrajniwes mahasatarn amorn pimarn avaltarnsatit sakatattiya visanukram prasit 

皆さん、この長い英文を見たら私と同じ行動をすると思いますがどうですか?
絶対に危険を感じますよね。

ところが、これはスパムでもない。文章でもない。これは日本人もよく知っている外国の国の都市名なのです。それも、首都の名称なのです。

現地ではあまりにも長いので文頭の「クルンテープkrungthep)」の略称を使っているそうですが、それでもどこの国だか分かりませんよね

続きを読む "スパム英文メールではありませんよ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月19日

英語のDMや「ツイッター」、感染注意

私はやっていないのであまり影響が無いような話ですが、Twitter社が運営する「Twitter(ツイッター)」の機能を利用したスパム感染が最近猛威を振るっているそうなのです。

これに感染すると

  • アカウントが感染すると勝手にほかの利用者にも広めようとする
  • セキュリティ対策として感染したアカウントのパスワードを変更した場合にログイン不能になる
  • IDとパスワードを盗まれ、交流のあるほかの利用者に同じスパムを一斉に送信してしまう

等が起こるそうです。

そのうち最も多いパターンは英文のスパムで、感染経路は利用者同士が1対1で他人に見られないよう連絡できる「DM(ダイレクトメッセージ)」や、複数人と同時に連絡できる「@ツイート(リプライ)」で、そこにはサイト(フィッシングサイト)へ誘導するURL付きの伝言が入っていて・・・

続きを読む "英語のDMや「ツイッター」、感染注意"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年2月12日 - 2012年2月18日 | トップページ | 2012年2月26日 - 2012年3月3日 »