« 生クリームどら焼き(生どら焼き)・・・会津地方 | トップページ | 日本敗退 »

2013年3月17日

洗面器

洗面器の材質と言うと、何を思い浮かべるでしょうか?
今は洗面器で検索するとプラスチック製品は解りますが、蛇口付きホーロー洗面化粧台がヒットしてしまうのにはちょっと驚きました。

私の幼いころはさすがに手桶ではなかったですが、プラスチックのも無かったです。そのころの洗面器が今でもわが家では使われています。ただ、さすがに洗顔などには使いません

Img_2022

農具を洗ったりするのでかなり汚れていますが、アルマイト製の洗面器です。

←アルマイト製のはもう一つあったのですが、それはこれよりもっと古いもので、変形したり裂け目ができたりで捨てられ、今ではこれだけになっています

そして、最も古くて丈夫なのがもう一つあります。

それは鋳造製、つまり鋳物と言われる洗面器です。これが最も古いもので母によれば、これと一緒に「羽釜」を亡き祖父が嫁である母のために買ってきたというから、わたしがまだ生まれる前ものですImg_2023Img_2021

洗面器の裏側である右のフォトを見ると鋳造品独特の、溶かした金属を流し込んだ金型の穴の跡がちゃんと残っています。

材質はジュラルミン合金のもこの当時あったようですが、アルミと鉄の合金か、この当時多かったマグネシウム合金の鋳造品だと思われます。

そのため今ではまず目にすることのない重厚で硬い洗面器で、実際にけっこう重いので、母はちょっと使いづらいものだったようです。

そこで後に買ったのが先にアップしたアルマイト洗面器のようです。

いずれにしても軽く半世紀以上も使用可能な金属製洗面器、その耐久力は今の製品には無い特徴です。

|

« 生クリームどら焼き(生どら焼き)・・・会津地方 | トップページ | 日本敗退 »

コメント

こんばんわ。
「アルマイト洗面器」ですか。
自分の家には、ありませんね。
ちなみに、自分の家は、「プラスチック製洗面器」です。

投稿: H.K | 2013年3月17日 20:59

わが家のは、いつのまにか消え去りました。
先端小型機器類は、マグネシウム合金など金属製の筐体の方が人気がありますけどね。

投稿: もうぞう | 2013年3月18日 07:17

アルマイト、懐かしい名前ですね。
弁当箱もありましたね。

投稿: がんさん@大和の国 | 2013年3月18日 13:05

「さび」部分が歴史を感じますね。プラスチックとステンレスに取って代わられました。

投稿: 吉田かっちゃん | 2013年3月18日 13:53

H.Kさんへpencil

若い人には、知らない物でしょうね
 
 
もうぞうさんへpencil

そうなんです、こういうものはいつの間にか無くなるんですよ
 
 
がんさんへpencil

小学生のころは、アルマイトの弁当箱でした
 
 
吉田かっちゃんへpencil

ステンレスも多くなりましたよね。

投稿: 玉井人ひろた | 2013年3月18日 15:23

こんにちは☆

昭和の感じですね。
ドリフのコントが思い出される。
どら焼きですが、ナビに住所を入れネットで検索したところ、前々日くらいにお予約をしないと手に入らないような‥。

投稿: M.Hermitage | 2013年3月18日 17:21

M.Hermitageさんへpencil

ドリフは薄手の金盥だったですね。
どらや、はその通りのようですが、タイミングで買えるようです

投稿: 玉井人ひろた | 2013年3月18日 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/56976159

この記事へのトラックバック一覧です: 洗面器:

« 生クリームどら焼き(生どら焼き)・・・会津地方 | トップページ | 日本敗退 »