« 昔からの道具 | トップページ | 国民栄誉賞・・・その2(裏読み) »

2013年4月 7日

国民栄誉賞

国民栄誉賞とは?>

  • 国民栄誉賞は国の栄典(勲章などの天皇が行う国事行為)とは異なるが、内閣総理大臣表彰(総理府内閣総理大臣官房人事課で所掌)の一つである。
  • その目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった方団体に対して、その栄誉を讃えること」とされている。
  • この賞には国籍条項が存在しない初代受賞者の王貞治氏は台湾国籍

覚えている人もかなりいることでしょうが、この賞は現在ダイエーホークスの名誉監督である王貞治氏がジャイアンツの現役選手時代に通算本塁打756本目を放ち、ついにアメリカメジャーリーグ記録を破ったことで日本中が「世界一の記録を達成した」と大騒ぎになったのをきっかけに、その栄誉を国を挙げて称えようと当時の福田武夫内閣が昭和52年(1977)8月に創設したものです。

当時は「福田総理は王氏の名誉と人気に便乗して内閣支持率を上げようと考えたのだろう」という揶揄もあったのですが、それよりも王貞治氏への表彰を授けることを決めた国の考えを多くの国民が納得したものでした。

ただ、その後の人選には「なぜあの人がもらうの?」とか「なぜ?あの人は授与されないのだ」首をかしげたくなることも出てきて「国民栄誉賞=総理大臣の人気取り」とささやかれることも少なくないのもこの賞ですね。

そして今回の安倍内閣が決めた二人ですよ。

長嶋氏の受賞は理解できましたが、わたしには松井氏の受賞は驚きでしたし今でも納得できかねます。
ネット上でも、これについてはかなりの厳しい書き込みが飛び交っているようです。

今までの国民栄誉賞の受賞者にもいくらかの賛否は有ったもののその実績などからほとんどの日本人が納得できたと思いますが、今回の松井氏のように疑問や批判が上がった人物は過去に無かったと思います。

本人も「長嶋監督の受賞は当然だと思いますが、自分に関しては恐縮の一言しかないです」と語っているように自分でもわかっている気がします。

自分でももらえるほどのことはしていないと解っているなら、辞退したほうがとてもかっこいいと思うのです

だって、過去には国民栄誉賞を辞退・固辞した人物がちゃんといるのです。

<昭和58年(1983)>

  • 昭和58年(1983)6月にプロ野球選手の福本豊選手が当時の世界記録となる通算939盗塁を達成し、当時の中曽根康弘総理大臣から授与を打診されたが、「そんなんもろたら立ちションもでけへんようになる」と固辞した。

<平成元年(1989)>

  • 福島県出身で作曲家の古関裕而こせきゆうじ)氏に対する授与が平成元年(1989)8月18日同氏没後に内定していたが、親族が辞退(当時は海部俊樹総理大臣)

<平成13年(2001)>

  • シアトル・マリナーズ(現在はニューヨーク・ヤンキース)のイチロー外野手がメジャーリーグで首位打者、盗塁王のタイトルを獲得する活躍をしたことから、当時の小泉純一郎総理大臣は国民栄誉賞を贈る方向で検討を行ったが、イチロー選手がこれを辞退した

<平成16年(2004)>

  • シアトル・マリナーズ(現在はニューヨーク・ヤンキース)のイチロー外野手がメジャーリーグで大リーグの最多安打記録262本を更新したのに対し、当時の小泉純一郎総理大臣は国民栄誉賞を検討していたが、イチロー選手側が「今の段階で国家から表彰を受けると、モチベーションが低下する」とこれを辞退した

あのイチロー選手は受賞がほぼ決まっていたのを2度も断っているのです。

これに習って、松井氏も辞退すると私的にはかっこいいと思うんですよ・・・・どうでしょ?

|

« 昔からの道具 | トップページ | 国民栄誉賞・・・その2(裏読み) »

コメント

2人同時だから1+1=3みたいな効果を狙ったのでしょう。
つまり1人辞退されると困る?
それに長島さん1人だけだと「なんでこの時期に」って言われますしね。
どっちにしてもこの賞自体、本人より内閣(政府)の人気向上を狙っているとしか思えませんね。

投稿: もうぞう | 2013年4月 8日 06:46

そうですね、確かに松井選手も果たして今がその時期かなあ?と思いますね?
祖父と孫が一緒くたに貰うみたいで、なんだかそれぞれの価値が軽視されたみたいで、ファンとしても気分悪いですangry

松井選手は謙虚な人だから、きっと辞退すると思いますよwink

投稿: 空 | 2013年4月 8日 07:35

もうぞうさんへpencil

長嶋・松井というセットであることに重要な意味があるのかもしれません
 
 
空さんへpencil

もしかすると“辞退することが難しい”裏事情が有るのかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2013年4月 8日 08:48

でも・・賞とか、肩書きとか言うものはくれるって言ってくれてるうちにもらっとかないと、後から自分で欲しいと言い出しても、なかなか・・・お金がかかるといいます。まあ・・・あまり野球のことは知らない私でも「あの松井???  それやったら他にいっぱい」とか思いました。

投稿: 山口ももり | 2013年4月 9日 09:55

山口ももりさんへpencil
 
長嶋氏だって人気はすごいですが、プロ野球の実績からすればそれほどでもなく目立つところで活躍していることが特徴です。
あのベイスターズ中畑清監督のほうが生涯成績は上ですからね。

投稿: 玉井人ひろた | 2013年4月 9日 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/57125671

この記事へのトラックバック一覧です: 国民栄誉賞:

« 昔からの道具 | トップページ | 国民栄誉賞・・・その2(裏読み) »