« 国民栄誉賞 | トップページ | それはそれ、これはこれ・・デモ »

2013年4月 8日

国民栄誉賞・・・その2(裏読み)

昨日に続いて、安倍内閣によって国民栄誉賞の授与が決まった「長嶋氏」と「松井氏」のことについて記事にしたいと思います。
きょうは、私個人の憶測・推測による‘授与決定の背景’、つまり裏読みを書いてみたいと思います。

さて、今回の二人と安倍総理には面白い関係が存在しています。それはこの二人が元読売ジャイアンツの選手・監督であることがその関係の基本になります。

知っている方も多いと思いますが、読売新聞・日本テレビ・読売巨人軍の今の様な発展には正力松太郎氏が欠かせません。
そして、正力松太郎氏は元内閣府や公安局や国会議員であり中曽根元総理らとともに日本で原子力発電建設の法案を決定させた人物で「原発の父」とも呼ばれ、言い換えればいまの原発事故の根源になっているとも言える人物です(言い過ぎかな?)

つまり、読売グループは自民党にとっては資金面も含めこれほど重要な存在はありません。ですから総裁・総理大臣も読売グループの代表の意見には逆らえない図式が存在しています。

現在の読売グループの代表=ドンといえば巨人軍球団会長・読売新聞グループ本社代表取締役会長、ご存じナベツネこと渡邉恒雄氏ですね

この人物、自分に逆らうやつは徹底的に暴言罵声を浴びせ従わせる叩き潰す、そのかわり気に入った人物や利益がからむとごり押し支援をするという問題老人としても有名ですね

その渡邉恒雄氏が強力に支援していた自民党議員が現在の安倍晋三総理大臣の父親である故安倍晋太郎氏でした。

その父親からの関係で、現在でも安倍総理にとっても渡邊氏は強力な支援者であり、アドバイザーであり、‘ご意見番’であるために、誰よりも頭の上がらない(口うるさい)人物と言うわけです。

その渡邊氏が今年の始めにこんなことを言い放ったそうです

「(巨人軍の監督は)原君はまだやるけど、そのあとは松井君が最適だよ。・・(中略)・・・いずれ大監督になってもらいたい」。

「(
いきなり監督じゃなく最初は)ヘッドコーチかなんかやってね。(中略)・・・いろいろ研究してもらわないと・・・」

昨年の始めに同じように次期監督について「松井か、イチローか?」と質問されたさいには「イチローがよい」と答えていたのですが・・・
この問題老人は松井秀喜氏が引退を表明したことと、ファンにとってその存在の大きさを知り(いつものように)急に考えを変えたようです。

しかしながら、松井氏が巨人を退団しアメリカに行くことを表明した際には、金づるを逃したくない一心で暴言や妨害を数多くやったそうで、松井氏にとって“渡邊恒夫会長が牛耳る巨人軍”には、口には出していませんがかなりの嫌悪感を持っていると言われています。

ここから裏読みです。

嫌悪感を持たれていることを知っている渡邊会長が松井氏のご機嫌をとる手段として“子飼いの安倍総理”に「松井に国民栄誉賞をやれ」とごり押しした。
渡邊会長に言われたら断れないわれない安倍総理だが、松井氏にはそれだけの資格が存在しないので、長嶋氏をセットにして授与することを考え付いた。

松井氏にとって最も尊敬する長嶋氏の国民栄誉賞はうれしいことこの上なく、安倍内閣にとっても支持率アップにつながり一石二鳥となると、授与が決められた。

渡邊恒夫氏は自分に逆らう選手やコーチなどは、野球界(セリーグ)から締め出すようなことまで平気でやることでも知られています。

もし、私の裏読みが当たっていて松井秀喜氏が「国民栄誉賞はふさわしくないので辞退したい」などと言ったとたん、松井氏が帰国後の野球に関する仕事への支障は少なくないと思いますので、授るしかないのかもしれません。

これは、あくまでも私個人の想像ですので当っていないことを期待したいです。

|

« 国民栄誉賞 | トップページ | それはそれ、これはこれ・・デモ »

コメント

老害だ!

投稿: もうぞう | 2013年4月 8日 17:55

もうぞうさんへpencil

うまいhappy01

投稿: 玉井人ひろた | 2013年4月 8日 18:55

ふむ!ふむ!そう言えば、何年か前に巨人軍の内部告発とかで、騒ぎがありましたねぇshock
横車も此処迄くると醜悪ですね!腐敗臭がしますangry

投稿: 空 | 2013年4月 8日 19:25

空さんへpencil

その腐敗臭は加齢臭より、酷いんでしょうねcoldsweats01

投稿: 玉井人ひろた | 2013年4月 8日 21:03

お晩です★

単に参議選への布石のような気がするけど、国民との名が付くのであれば、投票で決めるのも手段の一つかも‥。

投稿: M.Hermitage | 2013年4月 8日 22:04

渡邊恒夫というジイさん、鼻持ちならなくて大嫌いです。
万能の神にでもなったつもりなのでしょうかね。

投稿: がんさん@大和の国 | 2013年4月 9日 07:33

へ・え・・・・そんな事は大有りでしょうねえ。書道界にも長くいましたが授賞の裏事情ってのは、そりゃあ・・・いろんな驚き桃の木山椒の木でしたよ。最も聞いただけでもらったわけじゃありませんが。は・は・は・・・

投稿: 山口ももり | 2013年4月 9日 09:52

M.Hermitageさんへpencil

その手段しか我々には無いようですが、「この候補者はノー」と投票できるシステムはできないのでしょうかね
 
 
がんさんへpencil

どうしてあそこまで、渡邊氏の権限が強くなったかをドラマにしてもらいたいです。そんな勇気ある局は無いでしょうがね
 
 
山口ももりさんへpencil

表彰、勲章、みな裏事情を聴くと興ざめします

投稿: 玉井人ひろた | 2013年4月 9日 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/57129976

この記事へのトラックバック一覧です: 国民栄誉賞・・・その2(裏読み):

« 国民栄誉賞 | トップページ | それはそれ、これはこれ・・デモ »