« 本町、栄町、新町 | トップページ | ウナギが食べられなくなる?! »

2013年7月 5日

原子力基本法の改正は

5日、新潟県の泉田裕彦知事は県庁で東京電力の広瀬直己社長と会談が行われましたね。

ここで泉田裕彦新潟知事は東電が柏崎刈羽原発6、7号機の安全審査申請が地元の新潟県側に説明をしないまま決めたことを「拙速な対応だ」として厳しく批判し、そしてこの申請おいて必要な、フィルター付きベント設備の設置の事前了解を求める東電の要請書の受理を拒否したようですね。

つまり、会談は物別れに終わったことになります。これで東電の申請は遅れる可能性が出てきました。

あんな不祥事災害が起きてもなぜこんな地元軽視が起こるのか?それは簡単です。国会が「原子力基本法」の改正を行おうとしないからです。

自民党も民主党も、個人献金の内70%は‘電力会社社員からの個人献金’で占められている以上、電力会社にとって保身するための最後の盾である「原子力基本法」は絶対触れてもらいたくないという強い主張に政府が反応していることは確かでしょう。
しかし、それでもあえて動くのが立法府のお仕事だと思いますがね。

参議院選挙後に、改正するのかな?

|

« 本町、栄町、新町 | トップページ | ウナギが食べられなくなる?! »

コメント

なぜ政治献金をするのでしょう?
それも個人献金となれば、なおさらです。
賄賂との違いは、定義的には分かっていますが、大局的にみれば、違いがわかりませんね。

投稿: もうぞう | 2013年7月 6日 07:06

もうぞうさんへpencil

企業献金ゼロなのは電力会社だけなんですが、その分個人献金が最も多い。どう見たって、政治家が段取りをつけた、最も効率的な“賄賂”ですよね。

投稿: 玉井人ひろた | 2013年7月 6日 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/57730356

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力基本法の改正は:

« 本町、栄町、新町 | トップページ | ウナギが食べられなくなる?! »