« あなたの地域は「絆創膏」を何と言いますか? | トップページ | エストニア »

2013年11月23日

‘減俸処分が無い’ことのほうが問題

参院懲罰委員会は21日、渡航不許可の決定に従わず、北朝鮮を訪問したアントニオ猪木参院議員(日本維新の会)に対し「登院停止30日間」という懲罰を全会一致で決議しました。

そしてその懲罰は昨日の22日(金)の参議院本会議のおいて正式に可決されました。

猪木参議は記者達に対し13日の段階で「針のむしろを歩いているような感じがするが、これからの懲罰を真摯に受け止めたい」と深刻な思いを語っていましたが、いざ決定した今現在何を思うのか?ニュースにもなっていませんよね。

以前も当ブログで書きましたように、今回の懲罰は2番目に重い(除名⇒登院停止⇒陳謝⇒戒告)ものになっています。
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2013/11/post-08f6.html

しかし、その実態は一般公務員や会社員と比べたら、懲罰などというものとはほど遠~いものです。

   

<登院停止30日だが・・・>

  • その停止日数30日には他の国会議員も登院していない国会閉会中の日も算入される。
  • 登院停止中も歳費(議員の基本報酬額は月額約250万円以上)は、通常通り支給される

上記のような内容です。つまり今回の猪木参議の懲罰内容は、言い方を変えれば「30日の休暇を取って“ほとぼりをさましてから登院”してください」と言っているようなもので、なんとも自分には甘い国会議員です。

「国会議員は国会に出るばかりが仕事ではないから、登院での日割り計算は不適当である」と石破自民党幹事長が言ったことを思い出します。

これが一般の国家公務員なら「減俸」が常識でしょう。

公職選挙法に触れる恐れがあるとか、国家議員特権があるとか、があるようですが、そうは言ってもやはり国会議員にも「減俸」という処分が有って当然だと私は思います。

そこからいくと軽い懲罰で済んだ山本参議の方が右翼団体から標的にされているぶん、かえって立場は悪い気がしますね。

|

« あなたの地域は「絆創膏」を何と言いますか? | トップページ | エストニア »

コメント

なるほど、たいへんわかりやすい報告でした。
メディアもこれくらいのこと書けよな。って思いましたよ。

投稿: もうぞう | 2013年11月23日 19:43

本当に減俸があってもよいですよねぇ!

投稿: | 2013年11月23日 20:41

もうぞうさんへpencil

特に、全国放送の報道番組と“自称”するところにやってもらいたいです。
 
 
空さんへpencil

一般感覚では、そう思いますよね。

投稿: 玉井人ひろた | 2013年11月24日 08:36

こんばんわ。
今回の一件は、本当に人騒がせな事件で有り、議員としてはやってはいけない行為でしたね。
しかし、肝心な処分は、あまりにも「大甘な処分」ですね。
もう少し、「厳重な処分」を与えるべきですね。think

投稿: H.K | 2013年11月24日 21:18

H.Kさんへpencil

大アマでも、その法を考えるのも同じ国会議員ですからね。変わらんでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2013年11月24日 21:41

右翼団体から標的・・・・そうなんですか。ついでにハトポッポさんも・・・なあんてね。目に余ります。

投稿: 山口ももり | 2013年11月26日 14:55

山口ももりさんへpencil

鳩さんは、なんとも不可かいです

投稿: 玉井人ひろた | 2013年11月26日 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/58623408

この記事へのトラックバック一覧です: ‘減俸処分が無い’ことのほうが問題:

« あなたの地域は「絆創膏」を何と言いますか? | トップページ | エストニア »