« ‘牡丹’を燃やして楽しむ?! | トップページ | 11月 1日 »

2013年12月 2日

‘石破流’の民主主義とは

自民党の石破茂幹事長のブログで「・・特定秘密保護法に絶対反対と騒ぐデモ隊(行っていたのは弁護士会)はテロ行為に等しい・・」というような記事を書いたことが話題ですね

昨日の講演でさらに「一般市民がおりますあの場所で、大音量で騒ぐ行為は脅威で、テロ行為に等しい。『絶対反対』などということは民主主義に反する」と言っていました。

つまり、石破幹事長流の‘民主主義’とは↓

「大音量コールのデモ隊はテロに等しいが、どれだけ大音量であろうと政治家の街頭演説はテロ行為じゃない。」

 そして

あらゆる反対意見を無視し、数の力で強行採決こそが正しい民主主義である。

と、なりますが、私が学校で習った民主主義とは違うなぁ~

これじゃ、“国会議員は案件に賛成するのが当然で、反対するのはすべて民主主義を無視する行為”とも・・・とれる考えではないでしょうか?

|

« ‘牡丹’を燃やして楽しむ?! | トップページ | 11月 1日 »

コメント

「数の論理」ですかね。

投稿: 吉田かっちゃん | 2013年12月 2日 11:47

吉田かっちゃんへpencil

古い自民党50年体制の考え方に陶酔しえいる人なのかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2013年12月 2日 11:50

イシバ流の民主主義は何だかヒトラーが喜びそうな絶対主義、軍国主義のように思えますけど?

投稿: | 2013年12月 2日 13:07

大分批判されてるようですよ。

投稿: もうぞう | 2013年12月 2日 16:44

空さんへpencil

そう感じますよね
  
 
もうぞうさんへpencil

批判されてから「誤解を招く・・、舌足らず・・」とか言い出すのって、なんとも姑息に見えます

投稿: 玉井人ひろた | 2013年12月 2日 17:13

こんにちは。
「まさに!」がピッタリと当てはまる記事ですね。
わがまま・身勝手としか感じません、二世議員のなせる技でしょうか。

投稿: タケ | 2013年12月 4日 11:50

タケさんへpencil

昔(自民党50年体制に)はこう言う政治家が「政治家らしい政治家」と言われたものですが、時代錯誤でしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2013年12月 4日 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/58682280

この記事へのトラックバック一覧です: ‘石破流’の民主主義とは:

« ‘牡丹’を燃やして楽しむ?! | トップページ | 11月 1日 »