« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »

2013年4月21日 - 2013年4月27日の7件の記事

2013年4月27日

これが“エネループ”なの?

パナソニックは26日、子会社であるの三洋電機の看板商品の一つだった高性能充電池「エネループ」の新シリーズを発売しましたが、「eneloop」のあった場所には「Panasonic」の文字が鎮座するデザインになっていました。

Photo

←がそれですが、三洋の社名がブランドではなくなったことは認めますので「SANYO」の文字が消えたのは致し方ないとしても、「エネループ」の商品名(小さい文字で)は継続されるのですからこのデザインは変でしょう

Photo_2

やはりそこには今まで通りに「eneloop」のロゴが有ってほしいものです。

↑の新デザインでは、「冬に性能が極端に落ちるパナソニック製の充電池か・・」というふうなマイナスのイメージに見えてしまいます。

ネット上でも沢山の批判が飛び交っているようです。

どこまでパナソニックは社名を前面に出したいのでしょうか?これで売り上げが今まで以上に上がると思っているのでしょうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年4月26日

「裁判員制度」は・・・‘違憲’となるのか?

4月18日に、福島県内の裁判で裁判員を務めた同県内の60代女性が、裁判中に見た殺害された被害者の証拠の遺体写真などを見たことなどによってその後「急性ストレス障害(ASD)」という精神障害になり、そのことについて損害賠償請求など国に法的処置を検討したことを記事にしました。
>裁判員がストレス障害は・・・    <4.18.つぶやき古道(コミチ)>
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2013/04/post-773d.html

その後です。その県内女性は正式に国を相手取り提訴することを発表しました。

朝日新聞報道によれば、今回のよりも3年前の平成22年(2010)には福岡で同じく裁判員を務めた女性が裁判中に頭部が陥没骨折した遺体写真などを見せられことで、その後に体調を崩して仕事を辞めることになったケースがあったそうですが、提訴にまでは至らなかったそうです。

ですから、意外なことですが裁判員が裁判員制度での被害補償を求めて提訴するのは今回の福島県の事例が初めてになるんだそうです。

提訴の日取りはゴールデンウイーク明けの5月7日以降になる予定であることが代理人を通じて発表されましたが、その内容は「裁判員制度そのものが違憲ではないか?」というところまで踏み込んだものになっているという注目の内容なのです。

続きを読む "「裁判員制度」は・・・‘違憲’となるのか?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月25日

鹿児島ナンバー車

昨日、ちょっと用が有って出かけた帰りに、我が地元では会津海道とか熱海街道と言われる本宮市から磐梯熱海を通って会津へ向かう道の交差点に差し掛かった時に、赤信号を無視して曲がろうとする車が前にいたので何げなくナンバーを見たら、なんと九州の鹿児島ナンバーではありませんか。

運転していたのは、高齢ドライバーでしたが道が解らずそういう行動になったようですが、目的地はピンっときました。

間違いなくその方向は会津、つまりNHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台になっている会津鶴ヶ城へのルートです。

まさか、本宮市で鹿児島ナンバーの車を見るとは思いもよりませんでした。

先日も同市のスタンドで給油中、店員に会津鶴ヶ城までの距離や時間を尋ねる県外の高齢ドライバーを目にしました。

非常に低い視聴率、とくに西日本では凄く低いと聞いていますが、それでもNHK大河ドラマの影響力はすごいものであることがよく分かりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年4月24日

欠席は戦術じゃなく“棄権”・・・放棄・

衆院選の区割りを改定するほとんど“子供だましのような公職選挙法改正案”が、圧倒的多数議席をもつ与党自民党によって、すんなりと本会議で採決され参議院に送られましたね。
これによって福井県、山梨県、徳島県、高知県、佐賀県の5県の小選挙区の定数が1議席づつ削減されます。

この改正にあたって日本維新の会や民主党は、19日の政治倫理・公選法改正特別委員会(倫選特)ボイコット、22日の衆院議院運営委員会理事会もボイコットするという“欠席戦術”をしていました。

その“戦術”ため最大野党である民主党日本維新の会は以下のような権利を失ってしまいました

  • 改正案の付則に「定数削減について早期に結論を得る」との文言を盛り込むことができなかった
  • 23日の本会議で最後の反対討論を行う権利を失った

それらの権利を失ったまま、本会議もその欠席戦術が行われると思われ、その通りに日本維新の会は本会議を欠席しました。

ところが・・・

続きを読む "欠席は戦術じゃなく“棄権”・・・放棄・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月23日

そんなものは・・・宝の持ち腐れ

福島県内では、各地に分散非難する被災世帯に対しいろいろな取り組みが行われています

その内の一つに「福島大うつくしまふくしま未来支援センター」が考え出したものにタブレット端末を用いた「被災者支援管理システム」という取り組みがあります。

これは、避難者に無償でタブレット端末を貸与して仮設住宅や借り上げ住宅などに分散する中、行政の見守り活動を効率化させ、孤立死などを防ぐのが主ですが、そのほかに個人の医療・福祉の情報を登録する「カルテ」として活用することもできる進んだ技術です。

ところが、タブレット端末が貸与されている4000世帯の内でこのタブレットを使用している世帯はやく400世帯と、約10%セントほどくらいでしか使用されていないことが判りました。

理由は簡単で「使い方が解らない」というものです。
特に高齢者世帯がその傾向だそうで、包みから出しもせずしまわれているところも多いようなのです。

そういう高齢者世帯の方たちが言うには「どうしても使い方が理解できないので、書面でお願いしたい」というのです。

行政や大学など“知識人”は、パソコンなども使えない人が世の中にたくさんいること自体がよく解っていないのでしょうね。

今年、県内で改修が完了した体育館を行政は「避難所になることを考慮し、冷暖房完備にいたしました」と、声高に発表しました。

しかし、あの震災の時に長い間停電になって冷暖房設備は全く機能しなかったことを覚えていないのでしょうか?
ほんとうに、呆れてしまいます

良い計画も、現場を知らない人が考えたものは宝の持ち腐れにしかならないことをよく知るべきです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月22日

アレルギーとペットの‘う○こ’

今から約10年前に、<ぜんそくほかアレルギー性鼻炎や花粉症の予防にもペットが有効>という意外な研究結果を、イギリスのウォリック大学のマクニコラス博士がロンドンのイギリス王立研究所で発表し、医療界では話題になったんだそうです。

内容は次のようなものだったようです。

2003年10月ごろイギリス>
ウォリック大学マクニコラス博士が2500人の子供を追跡調査したところ、子供のころから家に犬や猫を飼っている家庭で育った子供には次のような結果が出た。

  1. 猫や犬と多く接した子供は従来の常識に反し、ぜんそくにかかり難い
  2. ペットと一緒に育った子供は健康で学校の病欠が少ない
  3. ストレス関連の病気になりにくく、特に情緒的に不安定な子供の支援に役立つ
  4. さらに、乳がん患者の調査では、精神安定や体調回復に猫が有効と指摘

※、内容は2003年10月の英紙タイムズよる記事で、マクニコラス博士の発表はスウェーデン誌「アレルギーと臨床免疫学」などに掲載された当時の最新の諸研究に基づくものであった

さらに、その約5年後にはオーストリアの大学などの研究チームが、似た事例の調査結果を発表

  • 家畜小屋に出入りしてる子どもがアレルギーになり難い。
  • 同時にその要因はエンドトキシンなる物質の影響であると発表

続きを読む "アレルギーとペットの‘う○こ’"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月21日

障子戸を開けると‘雪国だった’

予報でも今日は気温が低く、場所によって一時霙模様とはなっていましたが、これほど雪が降る朝を迎えようとは思いもよりませんでした。

Img_2062

Img_2060

車や家の屋根には雪が積もり、つぼみが膨らんできたツツジも花が咲く前に白い様相となってしまいました

続きを読む "障子戸を開けると‘雪国だった’"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »