« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年5月5日 - 2013年5月11日 »

2013年4月28日 - 2013年5月4日の7件の記事

2013年5月 4日

オーストラリアも中国を警戒?

5月3日にオーストラリア政府が発表した国家防衛計画は、驚きでした。

そして、その目的と理由が・・・

中国が海洋進出を強め、同盟国である米国がアジア太平洋重視の姿勢を鮮明にするなど、地域の戦略環境が変化していることを受け、太平洋海域での中国の挑発行為などに対するオーストラリアの抑止力を高めるため

と言うのですから、日本だけは無くアメリカやオーストラリアが中国の脅威行動を注視しているか判ることだと思います。

だからと言って、それを憲法改正の口実にするような輿論はもっと危険だと思います。我々は、曲学阿世や軽薄なマスコミの論調に惑わされないように、心して情報を読まなければなりませんね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月 3日

「日本国憲法96条」は変えてはならない

読売新聞社が衆参両院の全国会議員を対象に「憲法改正」について実施したアンケートのうち、安倍政権がやろうとしている「憲法96条改正に賛成するか?」について次のような結果が出ています。

  • 自民党96
  • 日本維新の会は98
  • みんなの党は96
  • 民主党は25
  • 公明党11
    ※公明党は96条の先行改正についても、9条に改正についても与党ながら共産党や社民党と同様に反対の立場を表明している

    ※調査では衆参両院の全議員716人(欠員5と参院山口選挙区補欠選挙当選者を除く)のうち、439人が回答した。回答率は61%

日本国憲法96条とは第5章にある憲法の改正のやり方を定めた条項です。

第96条 この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。
この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

(※2013年5月現在の議席数は、衆議=500、参議=252

2.憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する

同じことを一般国民へ聞いたものを見ると、憲法9条は改正するという人はかなりいますが、憲法96条に関しては大半が反対と出ています。
かなり、この96条改正案に関しては国会議員と一般国民との間に差があることがよく分かります。

憲法とは、その国の法の根幹をなすものであり、そう易々と変えられては困るものです。その要が憲法96条ということです。
それを変えようという考えは危険な発想だと思いますし、96条改正には反対です。

ちなみに旧憲法下で改正を記した第73条の内容もほぼ似たような感じになっていまして、その旧憲法に基づき現在の新憲法が昭和22年11月3日(文化の日)に公示され、翌年23年の5月3日に施行されました。その記念日が本日の憲法記念日ですね。

第73条 将来此ノ憲法ノ条項ヲ改正スル必要アルトキハ勅命ヲ以テ議案ヲ帝国議会ノ議ニ付スヘシ
 此ノ場合ニ於テ両議院ハ各々其ノ総員三分ノ二以上出席スルニ非サレハ議事ヲ開クコトヲ得ス出席議員三分ノ二以上ノ多数ヲ得ルニ非サレハ改正ノ議決ヲ為スコトヲ得ス
(※、昭和23年の憲法改正議決当時の両議員数は、衆議=466、参議=250

 

続きを読む "「日本国憲法96条」は変えてはならない"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 2日

それでも否決

先ごろ、アメリカでは銃規制法案が否決され、オバマ大統領が「恥」とまで言い切っての落胆会見が話題になりましたよね。
“どうしても、銃規制はできな国”という印象がまた強くなったニュースでした。

そんなアメリカ事件です。

<AP通信>アメリカ南部に位置するケンタッキー州で4月30日、小型ライフル銃で遊んでいた5歳の男児が誤って発砲、2歳の妹が胸部を撃たれて死亡するという痛ましい事件が起こっていたんだそうです。

日本的に考えれば、「父親がライフルの管理を怠っていたんだろう」と考えてしまいますが、ライフルは昨年、その5歳の男児にプレゼントされたものというから驚いてしまいます。

家族によると「弾丸が入っているとは思わなかった」と話しているらしいですが、銃規制が否決されるお国柄といってしまえばそうですが、子供に本物のライフルをプレゼントできる環境って、ある意味すごいですし恐ろしいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月 1日

これはだめでしょ

今のコンビニとはいろいろな物も売っているほかに、金融や郵便はもちろん納税、そして宅配の荷物もまでといろいろなことができるようになってきましたが、これはダメでしょう。

福島県白河市中山下のコンビニでのことです。30日午前4時半ごろ、20代ぐらいの女性が来店し、「赤ちゃんが置き去りにされていました」と男性店員に生後間もない赤ちゃんを預け、そのまま立ち去ったというのです。

すぐに、コンビニでは110番通報、県警白河署が駆けつけ市内の病院に搬送され、命に別条はなかったいということです。
赤ちゃんにはまだへその緒がついていて、生後1~2日の女児で黄色の服と紙おむつを身に着けていたそうです。

その付いていたへその緒は乾燥していたことから、病院などで生んだのではないと見られ白河署では「保護責任者遺棄の疑い」で捜査しているそうです。

母親は、店員に渡して言った女性なのかどうかは今のところ断定はしていないようですが、警察の調べ通りなら、母親はたった一人で隠れながらお産をしたことになるようです。

その辛さは男である私には想像もつきませんが、それまでして産んだ子を捨てていく事情とはどんなものなのでしょうか?

それこそ、想像もつかないことです

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年4月30日

郡山シティーマラソンと高齢者交通事故

タイトルは一見すると、何とも組み合わせが変なものですが、その組み合わせが起きてしまったのです。

福島県の経済の中心である郡山市では毎年「郡山シティーマラソン」と言うのが開催されています。今年で20回目になります(参加は子供から大人までの男女、車いすレースも行われる)。
今年は特別招待選手として元オリンピックメダリストの「有森裕子さん(今回で4回目の出場)と、福島県白河市出身で箱根駅伝(駒澤大学優勝時のレギュラーでキャプテン)やマラソン前記録保持者で引退表明をした「藤田敦史さん」さんが参加しましたことも、盛り上がった要因かもしれません。

さらに、今回は吉本興業の人気漫才コンビ「宮川大助・花子さん」が作った「吉本ナショナルDreams」というマラソンチームが、大助・花子さんと参加、花子さんは感激で涙していたそうです。

と言うように県内外から5600人以上もの参加となる、とても盛況の20回大会でだったそうなんですが、そこで前代未聞のことが起こったのです。

なんと、交通規制になっていたランナーが走るコースに、大会スタッフらが制止するのを振り切って70代の男性が運転する軽自動車が入っていき、そこを走っていた20代ランナーを曳いて怪我をさせるという事故が起こったのです。

もちろん、その70代男性は現行犯逮捕されました。

同日は県内の別の場所で80代の男性が運転する車が交差点で出会い頭に衝突して、(シートベルト着用違反の?)同乗していた70代の方が車外に投げ出されて死亡する事故が起きていました。

郡山シティーマラソンには70歳上のランナーが80人以上も参加していたことを聞いいた有森裕子さんは非常に驚いていたそうですが、マラソンも運転も元気な高齢者がやっていることは共通ですね。

共通な元気でも、明暗が分かれた一日だった気がします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月29日

根室半島だから“千島列島”じゃない

サンフランシスコ条約の第2章<領域>のところに有る、「第2条」の(C)にはこんなことが記載されています。

(c) 日本国は、‘千島列島’並びに日本国が1905年9月5日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。

この条文の中にある「千島列島・・・放棄」によって、元々日本国のもであった南千島の島々も“千島列島”であるからということでロシアが自国の領土としてしまいました。

このことによって、そこに住んでいた日本人は強制的に島から移住されたときからホップ領土問題が始まりましたことは、ほとんどの日本人が周知していることでしょう。

しかし、日本国内には次のような理論が存在しています。

サンフランシスコ条約には千島列島の具体的な島名が明記されていないのですが、千島列島に国後島と択捉島は属していることは間違いないのですが・・・

  • 色丹島歯舞群島根室半島に属する諸島であり、千島列島ではないのでサンフランシスコ条約外の島々であるため占有権は日本にある

と、いうものです。千島列島に属するかしないかは賛否あるようですが、地形を見るとなおさらどちらだか迷います。

安倍総理の今回のロシア訪問でもこのことが論じられるのでしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月28日

BUZZ・・・ケンメリ・・・スカG

地元FM放送から、懐かしい歌が流れてきました。

♫ ケンとメリー(歌手:BUZZ(バズ)、作曲:高橋信之、作詞:山中弘光)

 いつだって どこにだって
はてしない 空を風は歌ってゆくさ 今だけの歌を
心はあるかい 愛はあるのかい
スプーンとカップをバッグにつめて
今が通りすぎてゆく前に 道のむこうへ 出かけよう
今が通りすぎてゆく前に

   愛と風のように
    愛と風のように

 いつだって どこにだって
知らない町を 風は歌ってゆくさ ふたりの歌を
心はあるかい 愛はあるのかい
見なれた時計を 部屋に残して
今が通りすぎてゆく前に 朝が来たら 出かけよう
今が通りすぎてゆく前に

 愛と風のように
  愛と風のように
   愛と風のように

日産のケンとメリースカイラインの懐かしいCMソングです。CMでは「愛と風のように」のところが「愛のスカイライン~」と替えられて流れていまして、そこがとても気持ちよく耳に残るコマーシャルソングでした。

続きを読む "BUZZ・・・ケンメリ・・・スカG"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年5月5日 - 2013年5月11日 »