« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »

2013年5月26日 - 2013年6月1日の7件の記事

2013年6月 1日

6月1日は「子供の日」!?

まだ「明治維新」と言われていた明治8年(1875)の6月1日、日本初の気象台「東京気象台(現在の気象庁)」が東京・赤坂葵町に設置され、気象と地震の観測が開始されたんだそうです。
ただ、実際に予報を出したのはそれから9年後の明治17年(1884)で、日本で最初の天気予報は次に様なよく解らない内容のものだったようです

全国一般風の向きは定まりなし、天気は変り易し、但し雨天勝ち

そのご明治20年(1887)には「中央気象台」と名前を変え、戦後10年ほどたった昭和31年(1956)に現在と同じ「気象庁」と言う名称になり運輸省(現在の国土交通省)の外局に昇格、そして現在も国土交通省の外局になっているわけです。

その気象台が設置された最初の日を記念して、当時の東京気象台が明治17年(1884)に毎年6月1日を「気象記念日」とすることを制定し、現在もその記念日は変更されないでいるそうです。

ところで、日本で言う大正14年(1925)にジュネーブで開かれた子供の世界福祉会議で6月1日を「国際子供の日(International Children's Day)」と制定し、現在でもロシアや旧ソ連邦国家と中国など、旧共産圏諸国を中心に世界の約20%の国がこの日を「子供の日」と定めているそうです。

ただその後昭和29年(1954)の国連総会では11月20日を「世界こどもの日」に定めたそうで、各国で「子供の日」が別々に定められているようです。

日本は5月5日が「子供の日」ですよね。この5月5日はお隣の韓国も同じく「子供の日」なんだそうです。

日本と韓国って、本当は仲が良いんですね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月31日

ニホンカモシカに接近

 ニホンカモシカ(日本羚羊)とは、

偶蹄目ウシ科カモシカ属、英名は「Japanese serow」。
体長は約130センチメートル、肩高約70センチメートル。地方により体色が異なり、本州南部は焦げ茶色、本州中部は灰茶色、東北は灰白色で背に黒毛を混生する。
毛皮が良質で乱獲がされ一時期その数が激減したため、国際保護動物に指定され、なおかつ日本の特別天然記念物の指定を受け保護されている。
高山獣で海抜500~600メートル以上の常緑針葉樹帯から草木帯や岩山に単独か、つがいで生息している。

プリタニカによるとニホンカモシカの説明だいたい↑のような内容になりますが、わたしの知る限りではちょっと違います。
先日の私のブログ「方言ログ」の26日記事URL↓
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/kenkousyoku/2013/05/post-580d.html
この時も、わが家の前を走っていきましたが、カモシカは人家の近くによく現れます。

そして、きょうも真昼間にやって来ました。それも、わが家の傍ではなく、ほぼ軒先のよこでした。

Img_2104

続きを読む "ニホンカモシカに接近"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年5月30日

立てば・・座れば・・歩く姿は・・・・・

昔から美しい女性のことを、立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花と言うことを言いますが、ここでは少し言い方を替えます。

Img_2089

草花であり、大きなものでも1メートル以下の草丈にしかならないシャクヤクは、傍に立って上から眺めるほうが、花がよく見えます。

それに比べ花木であるボタンは丈も高くなり枝先に咲く大きな花はフォトのように横か下向きになることが多いので、少ししゃがんだり椅子などにかけながら見る花がきれいに見えるものです。

ユリはとても綺麗ですが、あの独特な強烈な香りは閉口するものですし、うっかり傍に行くと黄色い花粉が服に付いたりもします。ですから、少し離れたところを歩きながら見るののが良いと思いますね。

ですから、花の鑑賞の仕方を言葉にすれば・・・

 「立ってはシャクヤク、座ってはボタン、歩きながらはユリの花

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月29日

ベニチャ

昨日の夜の、私と妻の会話です。

妻 「あの‘ベニチャ’いいね」

私 「?・・・(´ρ`)ぽか~ん」

妻 「貰ってきた‘ベニチャ’入れ物もいいね」

私 「そんなもの貰ってこないぞ」

妻 「ほら、○〇家の引き出物のやつベニバナ茶なのかな?台所に置いたやつ」

私 「あ!・・・あれか。それはベニチャじゃないぞ」

妻 「え!それじゃなに?」

私 「‘ベニチャ’とも読めるけども、普通は‘こうちゃ(紅茶)’て読むぞ」

妻 「sweat02(ノ∀`)・゚・。 ア~ヒャヒャヒャヒャ

嘘のような、本当にあった話でございますcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月28日

時効が無効に

民法の不法行為について記載される第5章、そこに<損害賠償請求権の消滅時効
についての定めが書いてあるのが第724条になります。

724条 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知りたる時より3年間これを行わざるときは時効により消滅す。不法行為の時より20年を経過したるときまた同じ。

この法によって、今のままでは来年の3月に時効適用になってしまうのが東京電力福島第1原発事故によって起きた福島県民を中心とした損害賠償訴訟や保証交渉です。

参議院文教科学委員会は28日のきょう、東京電力の福島第1原発事故の被災者が民法‘第724条’で定められている損害賠償請求権の時効期間の3年を過ぎても東電へ賠償を求められるようにする特例法案を全会一致で可決したそうです。

この法案は、明日の5月29日(水)の参院本会議で成立することは確実です。

これによって、東京電力(株)と和解交渉中に時効が成立する心配は無くなり、じっくりと交渉することが可能になるようですね。

ただ、724条の最後に「20年を経過した・・」と書いてあるように、20年後には時効となるのでしょうか?それとも、委員会はこの部分も無くしたのでしょうか?

気になるところです。明日の朝刊か、可決後の発表を注視したいと思います

※、追記、同法案は5月29日の参院本会議で全会一致により可決、成立された

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月27日

神の懲罰

韓国紙中央日報が5月20日に、広島、長崎への原爆投下は「神の懲罰」と主張するコラムを掲載した問題で、菅義偉官房長官が23日の記者会見で「誠に不見識だ。唯一の被爆国として断じて容認することができない」と批判のコメントを発表し、広島市の松井一実市長や長崎市の田上富久市長らも同様の抗議コメントを発表し、韓国国内でも批判が多く上がりました。

そして今日27日、コラムを執筆した金ジン論説委員は27日付の同紙面上で「(自分が本来伝えようとした)趣旨と異なり、日本の原爆犠牲者と遺族を含め、心に傷を負われた方々に遺憾の意を表します」と表明し、安倍首相らの歴史認識を批判する意図だったと釈明しつつ、被爆者らに対しては謝罪する形でこの問題を収束させようとしているようです。

さて、その記事の全容と言うか、詳細が断片的でよく解らないのでネットサーフィンしてみましたら、なんとなくわかってきました。

おおよそ次のような内容のようです。

続きを読む "神の懲罰"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年5月26日

リコール

5月23日(木)のネットニュースに「日産旧型マーチとキューブのリコール」という文章を見つけました。

そのリコール内容は>
日産のマーチ、キューブの機種にステアリングホイールにおいて、固定ボルトの締め付けが不適切なものがあるため、走行中の振動等により摩耗してガタ出る、それが更に大きくなり最悪の場合はハンドルが利かなくなる。

わが妻の乗っているのはキューブでして、もし対象車ならブレーキの欠陥と並ぶ危険なハンドル部の欠陥ですから、確かめるべく直ぐに同社のサイトにアクセスしてみました。
http://www.nissan.co.jp/RECALL/RECALLLIST/

  • マーチ
    平成14年2月11日~平成16年8月20日の製造
    型式は6種
  • キューブ
    平成14年9月18日~平成15年5月6日の製造
    型式は2種

照らし合わせた結果、わが妻のキューブはしっかりとその対象範囲に入っていました。翌朝、ちょうど妻は旅行で車が空いていたので電話で修理点検を依頼したら「午後にできます」と言う返事をもらったので、その時間帯位に行き約30分ほどでその作業は終了しました。

リコールのニュースはその修理依頼した朝刊に小さく出ていましたが、今回もメーカーからの「リコールのおしらせ」は無いまま先行して対処することになりました。

やはり、自動車メーカーというのはどこでもこういうことの連絡は鈍いというより“隠したい”が強いようです。

ただし、三菱だけは数年前から対応が早くなりましたがね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »