« 2013年7月14日 - 2013年7月20日 | トップページ | 2013年7月28日 - 2013年8月3日 »

2013年7月21日 - 2013年7月27日の8件の記事

2013年7月27日

大雨でエリアメールが来た~

豪雨と激しく雷が鳴り響く夜7時に、今まで聞いたことが無い呼び出しメロディーが携帯電話から流れ出しました。

設定した記憶が無いメロディーなので、一瞬「え!?」と思いましたが、「エリアメール」の文字を見つけて驚き、直ぐに開封してみました。

そしたら、エリアメールでも「地震」の」ではなく「大雨」でのものでした。内容は、我が村の2か所の公共集会施設に大雨のための避難所を開設するとの情報だったのです。

つまり、大雨による被害が予測される状態になったので避難準備がひつようとなったという、知己限定のエリアメールだったのです。

隣の市の義兄にもそれが届いたらしく、義母があわてて電話してきました。幸い、同じ村内でも私のところからは遠いので大丈夫だと説明し、義母は安心したようでした。

それにしてもドコモには大雨など、避難用のエリアメールというのが有るなんて初めて知りました。

↓はドコモのサイトです。

http://www.nttdocomo.co.jp/service/safety/areamail/disaster_evacuation/index.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月26日

まずは合掌礼拝・・・「幽霊の日」

合掌礼拝。きょうは記事の内容が、内容なので文頭には「合掌礼拝」の熟語を持ってきましたcoldsweats02

本日7月26日は「幽霊の日」という記念日なのです。

これは、文政8年(1825)と言いますから、今から180年以上も前のことになります。
この日、江戸の三座(三大歌舞伎劇場)の中の一つの「中村座」で「四世鶴屋南北」が書き下ろした作品の『東海道四谷怪談』の芝居が初めて演じられた日にちなんで作られた記念日だそうです。

そうです。一般的には略して「四谷怪談」と言われるもので、夫の‘民谷伊右衛門’に毒殺された四谷左門の娘‘お岩’が幽霊になって復讐するというあの恐ろしい怪談話です。

この話が恐ろしいのは、その話が実際に江戸の町で起きた事件がもとになっているからですね。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、・・・・・・

続きを読む "まずは合掌礼拝・・・「幽霊の日」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月25日

静な職場は嫌われる?

先日、従妹と話した時に、その従妹の息子の話しが出たのです。

その従妹の話によると「(就職して2年目の息子OOが、職場から帰宅すると直ぐにテレビやオーディオなど、音の出る物の全部のスイッチいれて、ガンガンと音量を上げるのてうるさくて困る」と言うのです。

あまりうるさいのでその理由を聴いたら・・・息子曰く「今度配属になった部署が、一日中静か過ぎて気持ち悪い。だから帰ってから音が欲しくなるんだ。そうしないといられない」というものでした。

その時は「今の子はそういうものなのか・・・」と思いましたが、それほど気にもせず軽く聞いていました。

そしたら、株式会社USENというところが、職場環境とBGM(音楽)について、20歳~59歳の有職者400人にアンケート調査を行った結果の記事を見て「あっ!」と思いました。

>同調査によると、職場が「静か」と感じているのは68.8%
さらに、53%静かすぎて「居心地が悪い」と感じていることがわかった。

この調査結果には驚きました。

回答者の半数以上が「職場が静かすぎて居心地が悪い」と感じているということがはっきり理解できない私には、想像がつかないというか・・・・

医学的に人は完全無音のところには長くいられないことは聞いていますが、‘静かなこと’って気持ち悪いですかね?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年7月24日

青森、秋田、山形、新潟、富山・・・日本海?

全国には地元住民さえも知らなかった「オラが県の意外なナンバーワン」があるものです。

さてさて、このランキングベスト5は何のことか、判りますか?

位、青森県
2位、新潟県
3位、秋田県、
4位、山形県
5位、富山県

これはカップ麺の購入金額・消費量のランキングなのですが、これほど日本海側、それもみごとに隣り合っている県同士がランキングに入っているのを初めて見ました。

青森が1位の理由(県統計分析課)

  • 青森は、外食に最もお金をかけない。
  • 長い冬の間の積雪量は市街地でも1mを超え、外食の機会が減る。買い物にも行きにくくなるので、インスタントラーメンのような温かい保存食が重宝されるのだと思われる

続きを読む "青森、秋田、山形、新潟、富山・・・日本海?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

“不正ログイン発生” = @nifty

うっかり見過ごしていたのですが、18日(金)のニフティーからのお知らせに、とんでもないものが有ったことを昨日気が付きました。

   お客様情報一覧の不正なログインの発生について

@nifty会員サポートWEB内の「お客様情報一覧」ページで、特定のIPアドレスからの不正なログインにより、一部のお客様のご登録情報が閲覧された可能性があることを確認いたしました。

現時点では、弊社からの@nifty IDとパスワードの漏えい事実、またご登録情報などの改ざん、および有料サービスにおける不正利用は確認されておりません。

以下→ http://support.nifty.com/cs/suptopics/detail/130717469614/1.htm

上記のようなお知らせでしたので、あわてて同じサイト内に有る確認のところをクリックして確かめてみましたら、セーフでした。

誰がこんなことをやるんでしょうかね。直ぐに、そういう人のネットは切断できるようにしてもらいたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月23日

‘歩く広告’・・見つめていいんですか?

先日、外国人が日本に来て驚くもの中に東京都内の列車内に張られた異様に多い広告と言うのが有りました。吊革にまで付けられた広告を珍しそうにカメラで撮っていました。

それほど、あらゆる広告が街中にあふれるのが東京なのでしょう。そんな東京でも、その広告の使用場所が今話題になっているものが有ります。

なんと、ミニスカートなど短いのを着ていると必ず現れる‘女性の太もも’に広告を貼るというものです。

これを始めたのがウェブコンサルティングなどを手掛ける企業「ウィット」だそうですが、そこの渥美英紀氏曰く「女性の太ももは、男性からは『見てみたい』、女性側としては『見せても良い』と思える‘絶妙の場所’だった」と語り、同氏はそのサービスの名称を、スカートとソックスの間を指す意味で「絶対領域広告」と名付けたそうです。

その「絶対領域広告」に参加する人の条件は次のようなものだそうです。

この条件を満たした女性は当然ながら太ももがよーく見える服装をして、その太ももに広告のシールを貼ったまま街中を8時間歩くと、3000円が報酬として支払われる仕組みになっているそうで、高校生や若い主婦らが多く集まり、「広告媒体」として街を歩くんだそうです。

昨年の7月から始まったこのサービスは、これまで8つのイベントに関わったそうですが、今まで1000人の参加者が有ったそうです。

考えたんですが、いくら広告が貼られて見せるのが目的でもその広告の場所、つまり女性の太ももをジーッと見ていたら、それはやはりセクハラになるんでしょうか?
それとも、広告なんだから見てても良いのでしょうかね?・・・coldsweats01

ちなみにシールを貼る場所は太ももの外側で、内側には見えにくいので貼らないようです。http://www.zettaipr.com/

いずれにしてもこのサービス、女性人権運動をしている人たちからは抗議は起きないのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月22日

たった‘57’票差の当落

昨日は参議院通常選挙で、仕方ないことですが選挙の報道はおのずとそればかりになりましたね。
同じ日、震災後の原発事故のため全町民が避難させられた福島県の富岡町(とみおかまちでは16年ぶりの町長選挙(8月5日任期満了)が行われていました。

立候補者は平成9年(1997)の町長選で初当選し4期16年目になり、現在は県原子力発電所所在町協議会長、双葉地方水道企業団企業長などをも務めている現職の遠藤勝也氏(73)と、同町議会議長を務める新人の宮本皓一氏(66)の二人、つまり一騎打ちの選挙戦でした。

<結果>

宮本皓一()= 3,916票(
遠藤勝也()= 3,859票
無効票    = 134票

  計、7,909票(有権者数=11,631人
  投票率 = 68.0%

続きを読む "たった‘57’票差の当落"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月21日

‘比例’する・・・かもしれない

第23回参議院選挙のきょう、わが家では午前8時ごろに投票を済ませてきました。結果はなんとなく決まっている感がありますので、投票率は低いでしょう。

今朝の新聞におもしろい推計が出ていましたので、ランキングにしてみました。

位、自民党安倍晋三)=22110
2位、社民党
福島瑞穂)=19937
3位、民主党
海江田万里)=17500
4位、共産党
志位和夫)=15702
5位、みんなの党
渡辺喜美)=14901
6位、公明党
山口那津男)=13768
7位、生活の党
小沢一郎)=8588
8位、日本維新の会
橋下徹)=7000
9位、みどりの風
谷岡邦子)=3440

 ※、上記以外の党は掲載が無かったので省略。( )内は、各党の代表者(総裁、党首、共同代表)の名前。

これは、各党の代表者が応援のために全国を巡って遊説した推計移動距離で、数字はその総延長距離(単位=Km)になっています。9党首の合計は地球を3周する距離(12万㌔)になるようです。

こうして見ると、社民党の移動距離の多さが目立ちます。毎回そうだとすると社民党は当選議席数の割に無駄に動いているとも言えますが、言いすぎでしょうか。

選挙後の当選者・議席数が、上記のランキングのようになったら社民、共産は大躍進ですが、それはあり得ない(?)でしょう。

やはり注目は5位以下が躍進するか減少するかでしょうね。すべては今夜です

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年7月14日 - 2013年7月20日 | トップページ | 2013年7月28日 - 2013年8月3日 »