« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »

2013年9月8日 - 2013年9月14日の7件の記事

2013年9月14日

来るのか?台風

気象庁は14日午後に、日本列島の南の海上を北上している大型の台風18号が、16日朝に、東海か関東に上陸する恐れがあると発表しましたよね。

台風というのは北側に雨雲ができるので、もし関東に上陸した場合福島県内の中通りは強風と大雨、原発が有る浜通りは暴風と高波が襲う可能性があります

稲刈りが始まったとはいえ、まだまだ残っている稲は多く、それらが雨と風で倒れる可能性があり、倒れた稲は別刈りして放射線検査を受けるようになり大型機械化が進んだ現代農業ではその刈り分がやり難いのです。

果樹農家のばあいは、もっと深刻でしょう。落ちれば終わりですからね。

先月のゲリラ豪雨の被害の復旧もまだ終わっていないわが村は、また大雨が来たら最悪の結果が待っています。

ただただ、上陸せずに通過することを祈るだけです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年9月13日

2年5ヶ月ぶりでも、ともりゃいい

全国的にはどれだけ報道されているんでしょうかね?

>例えば、

 岩手県石巻市の長面(ながつら)地区と尾崎(おのざき)地区で、東日本大震災以来2年5ヶ月ぶりの先月8月25日にやっと電気が復旧したのです。
この日東北電力や子会社の従業員約150人が約4キロの架線工事をし、13戸への送電を再開したそうです。これほど長い停電は無いでしょう・・・

ただし、東北電力管轄地域の福島県にはまだ電気の復旧工事が手も付けられない地域があります。
それは、他社の電力会社(東京電力)の事故によって近づけなくなった原発の周囲であることを・・

>例えば、

 東日本大震災が起きた2011年3月から約4か月後に福島県の会津と新潟を襲った豪雨、それによってJR東日本の只見線(会津川口~只見間)は崩壊し、2年以上たった今でも復旧がなされていないことを・・

続きを読む "2年5ヶ月ぶりでも、ともりゃいい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月12日

教授が50日以上消息不明

局の違いを問わず、尖閣諸島問題など中国との外交問題でほとんどのニュースや討論番組に1度は必ずと言っていいほどゲストとして呼ばれる人物に「朱建栄しゅ けんえい=チューチエンロン)という人物がいます。

Photo

←ですが、見覚えがあると思います。

激しい中国批判をするゲストに対しても、穏やかに冷静に理路整然と答える日本語はとても流調で、その人柄が解る気がします。

中国の上海生まれの方ですが、その人柄と知識で日本の大学である「東洋学園大学」の教授を務める人物です。

このテレビでも顔が知られている朱氏が故郷の上海に帰った直後から今まで、50日間も消息不明になっているのです。

この問題で、中国外務省の洪磊副報道局長は11日の記者会見で「朱氏は中国国民であり、中国の法律と法規を順守しなければならない」と述べ、朱氏が中国当局から取り調べを受けていることを否定せず、事実上拘束していることを認めた格好の発言をしたのです。

朱氏は常道手段として使われる“スパイ容疑”で国家安全省当局による取り調べを受けているらしく、尖閣問題なので中国政府の領海侵犯などに異論を唱える中国内の知識人や関係者への見せしめ的拘束も有るらしく、長引いているようなのです。

中国政府ないも一枚岩ではなくなっている現状がよく解る事件だと思います。朱教授、無事に日本に戻ってくることを祈りたいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月11日

毒虫=‘セアカゴケグモ’が発見された

英名は「Red-back spider」または「Red-back widow spider」ということになり、後のを直訳すると「Red-back」=「背赤」、 「widow(widow)」=後家(未亡人)、「spider」=蜘蛛、と言うようになるため、和名では「セアカゴケグモ背赤後家蜘蛛)」となる外来の‘毒グモ’が日本で繁殖し始めていることは以前にもニュースになって知っていました。

確認されているのは主に関西方面でしたが、ついにその蜘蛛が今月に福島県内でも初めて発見されたことが報道されました。驚きましたね。

県のホームページでは、特別にサイトを作り発見された様子と、注意事項が掲載されました。↓が、それの引用です。

  • 平成25年9月4日(水)、会津若松市内の自動車販売業者から、「昨日、セアカゴケグモと思われるクモを捕獲した。」との通報が会津保健福祉事務所にありました。
  • 当該クモの画像を、一般財団法人日本環境衛生センター(川崎市)に送付し同定を依頼したところ、セアカゴケグモのメスと同定されました。

<発見の状況>

  1. 発見場所
    関西方面より搬送された中古乗用車の後部ドア内側。
  2. クモの状況
    発見されたのは1匹。発見当時は生きていたが、捕獲後死にました。
  3. 被害の有無
    このクモに咬まれた方及び健康被害を訴えている方はいません

セアカゴケグモに咬まれると重症の場合は進行性の筋肉まひなど深刻な健康被害が生じるケースがあるそうですが、日本国内では死に至った例は無いそうでちょっと安心ですが、稀ではありますが海外では亡くなっている人もいるんだそうです。

状況からすると今のところ繁殖拡大の様子は無いようですが、東北地方では2年前に宮城県、今年6月に岩手県で見つかっていて、今回の福島県ので3例目になるようですし小さい虫ですからどこで増えているか判りません。なんとも厄介です。

咬まれたら、なるべくその虫を持っていくようにして、毒が特定できるようにすると治療しやすいとも記載がありましたが、それは無理な話でしょうcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月10日

すもうとりぐさ

先日の曇りの日、帰宅途中の道路から見える我が家の風景を見ました。少し高台にあるわが家を見ながら運転して帰るのはいつものことですが、その日は雲間から我が家の周りだけに日が射して、畑に囲まれたわが家がきれいにスポットライトを浴びたように見えたのです。

古い我が家の周りの畑に、黄緑色の畑がまるで芝生のように見えました。美しい景色でした

でも、今の時期畑は緑色ではないのが通常です。なぜそうなったか?

Img_2171_2 ←がその畑の実際の姿です。

何も作らなくなって、手入れされなくなり雑草が伸び放題になった畑が、緑色に見えたのでした。

エノコログサも少し見えますが、ほぼ全面が私の地域では「すもうとりぐさ」という名で呼ばれる、丈が約7~80センチほどに伸びた「メヒシバ雌日芝)という‘イネ科(メヒシバ属)’の雑草群です。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/monocotyledoneae/gramineae/mehisiba/mehisiba.htm
この草の詳しいことは↑のURLをクリックしてみてください(似た雑草に「カゼグサ」や「コブナグサ」などがある

わが地域でなぜ「すもうとりぐさ」というかは、定かではありませんが、この草は非常に丈夫でどんな荒れ地でも根を張ります。
その根の張り方半端じゃなく、広く深く‘まるで相撲取りが土俵で踏ん張るように’土にがっちり根をはりますので、抜けないのです。

もしかすると、そういうところから「すもうとり」の名が付いたのかもしれません。
ちなみに「コニシキソウ(小錦草)」という雑草も有りまして、これもまた厄介な草です。

いずれにしても厄介な雑草ですし、これらの秋に花粉を出す雑草に反応する私の花粉症はこれからがつらい時期です。すでに始まりました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年9月 9日

遅い、遅い

安倍総理のメッセージ(9月03日(火)投稿)のメルマガより引用です

 汚染水問題の対応を東電任せにせず、国が前面に出る。
今朝、全閣僚を集め、福島第一原発周辺の汚染水問題の抜本的な解決に向け、
汚染水対策の基本方針を取りまとめました。
 従来のような場当たり的な事後対応ではなく、汚染水問題の抜本的な解決に向けて、(
東電任せにせず)政府の総力を挙げて対策を実施します。国内及び国際社会への正確な情報発信も強化します。
一日も早く、福島の復興・再生を果たしたいと思います

この内容は、各マスメディアによっても同日に報道されましたのでかなりの人が耳にしたメッセージだったと思います。

わが家では声をそろえて「遅すぎ!今頃か?」とテレビに向かって言っていました。

県内の地元テレビ局の報道番組では翌日にこのことが取り上げられ「福島県民からは‘遅い’という声が多く聞かれました」という報道が流されました。

実は、原発事故に関しての被害者支援や避難者や弔慰金などは、従来の自然災害や大きな事故(航空機事故など)などの法律の枠内で運用されていまして、そこに特例特例の“場当たり処置”で行われている現状なのです。

先日、佐藤福島県知事が「原発事故(放射能)に特化した法律を作ってほしい」と国に要請したことが報道されました。

今まで、それが無かったのが不思議ですが「原発は安全でクリーン」という前提から、立法府の国会ではまったく審議の場に上がることは無かったのでしょう。
日本では今回で3度目の臨界事故ですが、それでも2年以上経っても法律ができる気配すらありません。

佐藤知事のメッセージが届き、審議され法律ができることを願いたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月 8日

「復興した姿を見せる」・・・そうなの?

2020年のオリンピックが東京開催と決定したニュースは今の日本にとって明るいニュースであることは間違いないと思います。

その決定につき安倍総理のコメントの冒頭は「東日本大震災から復興した日本の姿を見せる・・・」というものでしたよね。

「えっ!復興したの?」と一瞬思いましたね。

たぶん、これは7年後までには震災の津波被害も福島原発の問題も終了させるという意気込みなのでしょう。
そう考えないと、まだまだ手付かずのところが多いのに変な話になってしまいます。

それとも、まさかもう“震災問題はめどがついた”と思っているのでしょうか?

「7年後までは絶対に総理大臣をやっていないから気楽だ」とか思っているのでしょうか?

続きを読む "「復興した姿を見せる」・・・そうなの?"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »