« 2013年9月8日 - 2013年9月14日 | トップページ | 2013年9月22日 - 2013年9月28日 »

2013年9月15日 - 2013年9月21日の7件の記事

2013年9月21日

FCEV車

EV車とは、家庭などの電源からコードを繋ぎバッテリーに充電して、その充電したバッテリーでモーターを駆動させ走行する自動車、電気自動車ですよね。

‘車自体’は二酸化炭素は出さないし、化石燃料も使わないクリーンな乗り物です。

ただし、これには安定した電力を供給する発電所が不可欠ですが、原発が稼働していない現状で電気の確保そのものが大きな課題になりつつあります。

そうなると多少の二酸化炭素を排出しながらもガソリンエンジン稼働で自家発電をするハイブリット車がやはり今の現状にはもっともマッチした自動車と言えましょう。

ところが、同じ自家発電方式でもガソリンなど化石燃料を使用しない電気自動車の開発が進んでいるそうです。

その名を「FCEV車」です。
FCEVとはフューエル・セル・エレクトリック・ビークルの略で、一般的には燃料電池自動車のことを指す言葉となります。

続きを読む "FCEV車"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月20日

廃炉

福島の佐藤県知事によって、震災後から要請されていた福島県内の原発廃炉の要請がやっと聞き入れられました。

ただ、安倍総理から廃炉指示が出たのは福島第1原発5、6号機で、東海村の原発を除けば日本で最も古い原子炉である1号基、2号基でなかったことはなんとも不思議な気がしました。

東京電力は20日、安倍首相から廃炉を要請された福島第1原発5、6号機を解体せず、1~4号機の廃炉のための実験などを行う研究開発施設に転用する方向で検討に入ったそうです。ドイツなどでも廃炉解体が行われれているところを見ると、解体となると30年もかかるんだそうで、その年数に係る費用は莫大だとお思いますので、東電としては解体するより費用を安く抑えるとの狙いもあると思われます。

その考えはなんとなく理解できる気がしますが、古い方を残すという現状はどうしても理解できませんね。

佐藤県知事はこれからも全炉廃炉を国に要求していくそうですが、国としてはどうしても再稼働の狙いが見え見えですし、この問題も長引きそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年9月19日

原発停止で‘イワシ’が安くなる?

原子力発電の原子炉は運転中、高熱を発します。そこで海水を使って原子炉の熱を冷やすことになるため、原発はすべて海岸沿いに建設されています。

その冷却に膨大な海水を取水して排出することになり、その放出によって原発近海の温度は、通常より7℃前後高い環境になるのです。

京都大学舞鶴水産実験所准教授の益田玲爾(ますだ・れいじ)氏は2004年(平成16年=小泉総理大臣のころ)から、福井県高浜町の関西電力高浜原発の温排水と海の関係について、潜水調査を続けているそうです。

益田教授によると、原発が全国で稼働していたころは原発のところから数キロまでは海水温が高いため、本来いるはずが無い南方系の魚が増加したり、ウミガメ、イルカ、サメ、マッコウクジラなどの死骸が浜辺によく打ち揚げられたりしたそうです。

ところが、東日本大震災後に起きた福島原発事故で全国の原発が停止し、原発近海の様子が激変したというのです。

海水温が元の低さに戻ったため、原発稼働以前には日本の海岸でよく捕れていた、メバル、ヒラメ、タイ、クエ、スケトウダラ、カタクチイワシなどが急激に増えてきているそうで、特にイワシ類の増加はめざましいそうです。

イワシは大衆魚ですが、数年前からその数が減少し値上がり傾向でした。わたしは、鯨を獲らなくなったから、増えた鯨がイワシを食いあさって減らしたんだろうと思っていましたが、原子力発電がその一因だったとは知らなかったです。

これで、日本近海のイワシが増えればまた価格が安くなるかもしれません(ちょっと、飛躍しすぎか?)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年9月18日

あの時、安倍総理は宣言したが・・・

なんとなくなのか? それとも意図的なのか? あまり、いやほとんどマスメディアが取り上げることが無くなってしまった国家問題に「年金問題」が有りますよね。

あれは平成18年(2006)、誰の年金なのかわからなくなり支給されずにいる「消えた年金」の問題が民主党の長妻昭議員によって見つけだされ、国会では大論争となり当時の総理大臣は‘国会開催中に突然「体調不良」を理由に辞めてしまい’さらに大問題となり、後に政権交代にまで繫がっていきましたことは周知の事実です。

その当時の総理大臣こそが安倍晋三総理大臣(2006年9月26日~2007年8月27日在任)で、現在の総理大臣でもあります。

野党からの激しい突き上げに当時の安倍総理大臣は悲壮な形相で、こう答弁しました

安倍総理「最後の1人まで記録をチェックして年金を支払う

そしてそれから7年が過ぎ、2006年当時に5095件確認された誰のものかわからない年金記録は、今年現在でも2134件が未だに不明だそうです。

続きを読む "あの時、安倍総理は宣言したが・・・"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年9月17日

日本の自衛隊なら・撃たない・・・?

複数の韓国メディアが報じたことによると、9月16日午後2時ごろ、朝鮮半島を北朝鮮と韓国に二分する南北軍事境界線に近い韓国北西部・京畿道坡州市に有る臨津江(イムジンガン)という川を渡り北朝鮮側に行こうとした韓国人男性が、そこを警備をする韓国軍によって射殺されたというのです。

<韓国軍報道官による射殺に至った説明>

 射殺された男性は坡州市の臨津閣から西側5~6kmの地点から鉄柵を乗り越えて、北朝鮮側に入ろうとしていたのを韓国軍兵士2名が発見。
兵士は何度か大声で制止したが、男性はこれを無視して鉄柵を越えた。歩哨兵を含む将兵たちが追い掛けると男性は逃走し、川に飛び込んだ。
何度も兵士たちは『止まれ。戻ってこい』と警告したが、男性が応じなかったため、已む無く将兵たちは銃で射殺。

射殺後に男性は非武装の民間人だった(

つまり、韓国軍としては「不法入国した北朝鮮兵、もしくは工作員ではないか」として男性を拘束し取り調べようとしたが、逃走を図ったので射殺したという意味合いの説明に感じられますね。

この人物については続きが有ります。

続きを読む "日本の自衛隊なら・撃たない・・・?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月16日

台風18号通過

昨日から警戒していた台風18号の影響か、今朝は風もなく穏やかな曇りとなりました。

このままいくのかと思いましたら、県の南部を(断りも無く)通過し始めたころの昼近くから断続的に雨が降りだし午後になると風を伴った激しい雨がたたき付けるように降りだし、あっという間に外はどこもかしこも川となりました。

村内では午前中に避難施設を設け、早めに避難されることを促す防災無線が流れましたが、午後3時には避難所が閉鎖されたので、先日の様な事にはならなくて済んだようです。

それでも激しい雨には変わらず、消防団が積んだ土嚢は流されところもでました。今夜は強風に警戒です。

台風シーズンはこれからです。今年はこんなものじゃ済まない気がしてきました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年9月15日

その名は・・・「新電力」

日本国内の電気供給企業と言うと北から、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、J-POWER(電源開発)、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の11電力会社が管轄地域を独占する形で君臨してきました。

その中にあっても、年間1兆円を超す売り上げを持つ電力会社は社だけになり、7位のJ-POWER(約6600億)以下は6000億未満になっているようです。

    1. 東京電力(5兆円超)
    2. 関西電力(2兆円超)
    3. 中部電力(2兆円超)
    4. 東北電力(1兆円超)
    5. 九州電力(1兆円超)
    6. 中国電力(1兆円超)

      数値は今現在のもの

見ての通り、大変な状況にありながら今でも売上トップには関東圏を独占し他をはるかに超える金額である東京電力になっていようです。
その中でも東京、大阪、名古屋の大都市を抱えるビック3は凄い売上げですよね。

ところがこの順位が変化しそうなことが、起こっているというのです

続きを読む "その名は・・・「新電力」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月8日 - 2013年9月14日 | トップページ | 2013年9月22日 - 2013年9月28日 »