« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »

2013年9月29日 - 2013年10月5日の7件の記事

2013年10月 5日

これを「悪循環」と言わずしてなんと言うべきか?

貯水タンクからの汚染水漏出、ALPS多核種除去装置)は故障頻発、そして大型クレーンの傾倒事故、等々が相次ぐ東京電力福島第一原子力発電所の事故処理現場ですが、その理由としてハッキリしているのは東電のズサンな体質と、政権が自民党に戻っても動きが鈍く指導力を発揮しない日本政府ですが、それよりもっと悪い循環が現場では起きているそうです。

現場作業員から相談を受けている福島県のいわき市議の渡辺博之氏などは「(続発するトラブルは)起こるべくして起きている」ということを言い切っている現場の悪循環は次のようなことだそうです。

発の現場ではさまざまな作業があるが、保障問題や処理費用がかさむ一方の東電としては出来るだけ経費を抑えたい。
 ↓
下請け業者への入札の落札価格は低くなる
 ↓
下請け業者は、落札したいがため人件費を抑える(危険手当などをカット)
 ↓
給金が低いので、技術者や経験者が集まらない
 ↓
その結果、現場では驚くことに『ネジを右に回すのか、左に回すのか』と聞いたり、『スパナって何ですか?』と真顔で質問したりする者が多数作業している
 ↓

続きを読む "これを「悪循環」と言わずしてなんと言うべきか?"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月 4日

ファンヒーターを出す

ついにファンヒーターを出してきてしまいました。今年は夏が異常に暑かったせいでしょうか、カラダがもう寒さを感じ始めたようで、出しちゃいました。

まだ、スイッチを入れるまではしていませんが、有るだけで暖かな気がします。

昨日は、備蓄用のタンクに灯油を入れてもらいました。これで、寒くなっても大丈夫だと思いましたが・・・・

その灯油の単価を見て、お高くて“寒くなって”しまいました。配達料込で1リッター当り「101円」の勘定になりました。
昨年の今頃は「90円台」で高いと思っていたんですが、今年はもっと厳しいようです。

プロパンガスは今年2度目の値上がり通告が有り、東北電力の電気料金も上がってしまいましたし、頭痛いですねdespair

せめて、東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一になってくれたら、気も晴れるんですがね。祈りましょうかね

続きを読む "ファンヒーターを出す"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 3日

喪中・欠礼の葉書の文

喪中で欠礼葉書を出す場合に、印刷を業者に頼む場合も幾通りかの文面から選びますが、自分でやる場合もその文面は大体同じですよね。

<その1>
 喪中につき年頭の(年末年始の)のご挨拶を ご遠慮申し上げます

<その2>
 喪中につき年頭の(年末年始の)のご挨拶を 失礼させていただきます

上記の二つの言い方が、最も多いのではないでしょうか。JP郵便局の印刷サービスの書き出し文面もこの2種類が主になっていました。

さて、二つのうちで最初のあいさつ文である<その1>の文が「変だ」、「間違っている」、「相手に無礼だ」という方がおられるのです。

<その1>のどこが‘変で、非礼で、間違っている’と言っているか解る人は居るでしょうか?
わたしは判りませんでしたし、その理由を読んでも最初はピンときませんでした。

どこが変かと言うと、「遠慮申し上げます」の部分だというのです。

続きを読む "喪中・欠礼の葉書の文"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 2日

雷防護アダプタ

パソコンの大敵はいろいろありますが「落雷」というのはそのなかでも致命傷になりますから、不安ですよね。
ですから家電店には雷防護の機器がパソコン売り場の近くなどには置いてあるもので、私も以前から買うか買うまいか、気になっていたんです。

Photo

そしたら、先月の初めごろにNTT東日本から‘ひかり電話利用者対象にという前置きで「『雷防護プロテクタ』をお届けしますので、そのおとどけの形態方法(郵送、社員届、社員届と取り付け)をご連絡ください。機器は無料です」というような封書が送付されてきたのです。

わたしは郵送を選択しました。それが昨日に届いたので、今朝、早々にそれをセットしました。

やり方は図解入りで、順を追って記載されていましたのでその通りやって約5分ほどで終了しました。
これで、とりあえず「ひかり電話ルータ」は安心かな?買わないで良かったです。

それにしても、こういうのを無料で届けるということは、案内状にも(雷による故障が多く・・・)ありましたが最近は落雷が相当多いということでしょうね。

ほんとうに近年は竜巻、ゲリラ豪雨、などの発生が多過ぎですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 1日

「製造販売元」・「発売元」・「販売元」・「製造元」の違い

今朝いつも読んでいる‘もうぞうさん’のブログの「フォトログ☆もうぞ」にアクセスしましたら「製造販売元」というタイトル記事がぶろぐにアップされていて、
化粧品などでは、「発売元」と「製造販売元」を併記(別記)している場合が多いです。「発売元」って何?・・・「販売元」との違いは・・・「製造元」とは・・・』
と、いう疑問提起がなされていました。

本日は月に1度は必ず行くかかり付けのクリニックへお出かけ予定をしていたので、記事を読んで改めて身の回りの自分のへスプレーや市販薬などを確認してしまいました。そしたら、なるほど商品によって異なる組み合わせ表記になっていることが判りました。

    1. 社名のみ表記で‘OO元’などの表記が無い
    2. 製造販売元=Z社
    3. 売元=A社、製造販売元=B社
    4. 製造販売元=G社、売元=E社
    5. 企画元=J社、製造販売元=M社
       
    6. 発売元=C社、製造元=D社(この組み合わせは見つからなかった
    7. 販売元=H社、製造元=K社(この組み合わせは見つからなかった

もうぞうさんが記事で書いておられるように、なるほど複数の組み合わせのOO元の表示のものがわが家でも見つかりました。

化粧品や医薬品などの場合での表記の違いは平成16年(2004)の「薬事法改正」により、翌年の平成17年から新たにできた『製造業』」と『製造販売業』、それぞれの許認可制度が元になり、大きな違いは商品に対する責任の範囲です。

続きを読む "「製造販売元」・「発売元」・「販売元」・「製造元」の違い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月30日

クラウド・ファンディング

私は今日初めて耳にしたんですが、ベンチャー企業の資金調達の手段として、インターネットを通じて個人投資家などから小口の資金を集める仕組みの「クラウド・ファンディング」というものが存在していたんですね。

今までもベンチャー企業など中小企業の資金調達手段にはナスダックと言うのが有りますが、クラウド・ファンディングもほぼそれと同じですがナスダックよりさらに小さな個人企業が資金調達のための手法のようです

日本国内では東日本大震災で被災した中小企業の復興を支援する取り組みなどに活用されていますが、その普及がほとんど進んでいないのが実情なんだそうです。

理由として、これを扱っているのがこれまでNPOなどを中心に仲介役が多かったということで、窓口が解り難いことや信用性などの問題もあり普及しなかったようです。

こうした現状のなか、日本国内で上場していない中小企業の株式を扱う証券会社が社名を「日本クラウド証券」に変えて、国内の証券会社では初めてクラウド・ファンディングの分野に参入したんだそうです。
さらに、IT関連サービス大手のサイバーエージェントも参入予定となっているそうです

これによって、普及が加速し‘東日本大震災で被災した中小企業の復興が加速するのではないか’と期待されているそうです。

復興と言うのは、やはりお役所仕事を待っていては進まないようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日

あの日、日本と中国はお祭り騒ぎだった

今から41年前、まだ20世紀だった昭和47年(1972)のきょう9月29日にアジアでは大きな歴史的瞬間が有りました。

この日、「日中共同声明」の調印式が北京で行われ、当時の田中角栄、周恩来の両国首相が署名し、日本と中国の国交正常化が叶ったのです。

そこから「日中国交正常化の日」という記念日になっています。

この時にいろいろな両国の条件も取り決められています。日本側で大きなものだった中国側が出した条件はなんと言っても「台湾は中国の一部なので直接の国交を取りやめること」というものだったでしょうね。

日本政府は直ぐに台湾に「断交通告」出したことは言うまでも有りません。

日本政府が出した条件には第二世界大戦中の諸問題について、黙認するようにというものがこのとき有ったらしいです。(昭和57年発足した中曽根内閣は靖国参拝を堂々と総理大臣として行ってるが中国は黙認している)。

現在日本国は台湾を正式には「中国の一部」としていますが、事実上は独立国家として扱っています。これはアメリカも同じですから、中国との国交正常化には必ず付いてくる条件のようですね。

現在、台湾を正式に国として認めているのは極少数ですが、その中にはローマ法王が居る「バチカン市国」が入っていることはいろいろな意味で重いことですよね。

あの世で、いまの日中関係を田中角栄氏はなんと思っていることでしょうかね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »