« 2013年11月24日 - 2013年11月30日 | トップページ | 2013年12月8日 - 2013年12月14日 »

2013年12月1日 - 2013年12月7日の7件の記事

2013年12月 7日

“お祭り騒ぎ”の中、ちゃっかりと合意

特定秘密保護法案(軍事機密法)の採決のお祭り騒ぎの陰で、ちゃっかりと自民党と公明党は憲法改正手続きの最終段階である「国民投票」その「法立」の一部改正に関する方針を事務者協議会で合意してしまいました。

そこで合意された内容は次のような事柄です。

  • 2014年の通常国会に国民投票法の改正案提出を目指す
  • 改正国民投票法案が可決されたときは、その施行から4年後に国民投票年齢を自動的に「18歳以上」する
  • 同時に、成人年齢や選挙投票年齢も「18歳」にすることを検討するプロジェクトチーを設置する
  • 公務員や教職員が「改憲」の賛否について職場などで行う事への罰則導入は見送り。

ただ、自民党内にもまだ「18歳」にすることに反対する党員が居て執行部は簡単には進められないようです

一部のマスメディアが報じていたことが裏付けられるかのように、強引に決めた特定秘密保護法の行きつく先には、やはり自民党政権による‘憲法9条改正’がチラチラと見えてきましたね

昔、徳川家康が豊臣追い落としのために大阪城に行った、ジワジワと外堀を埋めていく手法によく似ています。

気が付いたときは、もう決まり

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月 6日

沖縄のお土産

妹から沖縄土産をもらいました。沖縄土産と言うと菓子なら「チンスコウ」または黒砂糖、酒なら「焼酎」というところが最も多いのですが、今回もらったのはビールでした。

Img_2268

沖縄県のオリオンビール株式会社が製造する「オリオンビール」というものでした。

わたしはあまりよく知ってはいなかったのですが、沖縄で作られている有名なビールだったんですね。

メーカーも、なんと国内大手ビールの5社(アサヒ、キリン、サッポロ、サントリー、オリオン)に入っていたんですね。
ただ、その5社中では売上最下位だそうですから、知名度が低い訳です。

続きを読む "沖縄のお土産"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月 5日

副幹事長も、認めた暴挙

やっぱり、参議院の特別委員会でも「特定秘密保護法案」の採決が強行突破(審議強制打ち切り)されましたね。

強行後の(ぶらさがり)インタビューで、自民党の中谷元副幹事長がしっかりと答えていました。(石破幹事長も似たような言い回しをした)

どこから見ても、この採決は暴挙ですね
・・しかし、他に多くの法案審議も有り国会の会規日数が残り少ないので、きょう採決したことは適正であった」

ついに、副幹事長という自民党要職者が「暴挙」を認めてしまいました。そのうえで、「“忙しい”ので早く決めなければならない」という理屈のようです。

中谷さんのいうことは、ある意味では理解できます。

マスコミ各社は全く報道していませんが、今回に限らず国会では本当に多くの法案が提出されていますし、医療関係などでは早急な成立を迫られている大事な法案も沢山存在しています。

それらは、審議されずに国会が閉会されるとすべて‘廃案’になる規定になっているのです。

つまり、特定秘密保護法案の審議のみに時間が費やされると大事な法案は決まらないまま消滅してしまうのです。
例えば、担当大臣の森特命大臣(福島選出参議)は、三つの特命大臣(消費者担当、少子化問題担当)を兼任していますが、一つの審議が長引くと他に担当するものの審議が見送られてしまう可能性も出て来るわけです

だからといって、強行採決が許される行為でもなく、国民に理解されることも無いでしょうね。

ただ、これで野党が「解散、解散」と言い出したら、それも理解されないでしょう

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年12月 4日

“発電所王国” by ふくしま県

今では世界中で知っている福島県といえば東京電力原子力発電所ですね。
その規模は第一と第二を合わせて合計10基が存在し、今は稼働していませんが、その基数は1位の福井県に次いで全国で2位になります(3位は新潟県で、この3県だけで日本の原発の数の80%以上に達する)。

実は、福島県にある国内最大級の発電所は原発だけではあり有ません。

<日本最大の風力発電所>

  • 郡山布引高原風力発電所」は、電源開発が運営する出力6万5980kWの日本国内最大‘ウィンドファーム’集合型風力発電所)。
    福島県郡山市湖南町赤津字西岐

<日本最大の地熱発電所>

  • 柳津西山地熱発電所」は、東北電力が運営する出力6万5000kWの日本国内最大‘地熱発電所’
    福島県河沼郡柳津町大字黒沢

続きを読む "“発電所王国” by ふくしま県"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年12月 3日

11月 1日

旧暦の日付が記載されているカレンダーを持っている人はきょうの旧日付をみると判ると思いますが、きょうが旧暦で「11月1日」ですね。
つまり、本日から正式の「霜月」です。

寒いのか、寒くないのか、判断しづらい近頃の気温ですが、旧暦の日付でみてみると、それなりの季節だということが判る気がします。

やはり、日本の四季には旧暦の方がしっくりとくる証しのように思えます。

旧暦では、きょうを含めてあと2か月(59日)で、初春です。タイヤを替えましょう・・・か?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年12月 2日

‘石破流’の民主主義とは

自民党の石破茂幹事長のブログで「・・特定秘密保護法に絶対反対と騒ぐデモ隊(行っていたのは弁護士会)はテロ行為に等しい・・」というような記事を書いたことが話題ですね

昨日の講演でさらに「一般市民がおりますあの場所で、大音量で騒ぐ行為は脅威で、テロ行為に等しい。『絶対反対』などということは民主主義に反する」と言っていました。

つまり、石破幹事長流の‘民主主義’とは↓

「大音量コールのデモ隊はテロに等しいが、どれだけ大音量であろうと政治家の街頭演説はテロ行為じゃない。」

 そして

あらゆる反対意見を無視し、数の力で強行採決こそが正しい民主主義である。

と、なりますが、私が学校で習った民主主義とは違うなぁ~

これじゃ、“国会議員は案件に賛成するのが当然で、反対するのはすべて民主主義を無視する行為”とも・・・とれる考えではないでしょうか?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年12月 1日

‘牡丹’を燃やして楽しむ?!

立てば芍薬、座れば牡丹・・・」の牡丹と言えば低木なのに大きく綺麗な花を咲かせることで誰でもが知っている花木だと思います。

花の咲く時期のイメージは、種類によっては秋ごろにも咲く種類のもありますがなんといっても初夏や梅雨のころというのが強いですね。

福島県の須賀川市にはその名勝である「須賀川牡丹園(すかがわぼたんえん)」があります。
ちょっと、須賀川牡丹園の説明をしてみましょう。

「須賀川牡丹園」
広さ10ヘクタール(東京ドームの3倍、約30300坪)の園内に290種・7,000株の牡丹の古木が咲き誇る、その規模も美しさも世界最大級。

須賀川牡丹園の歴史は、240余年前の明和3年(1766)、須賀川で薬種商を営んでいた伊藤祐倫氏が牡丹の根を薬用にしようと、苗木を摂津(現在の兵庫県宝塚市)から取り寄せ栽培したのが始まりといわれる。
その後、明治の初期に柳沼(やぎぬま)家が受け継ぎ、そこの長男で園主になった柳沼源太郎(やぎぬまげんたろう氏の代に種類、株数を年々増やしてほぼ現在の形をつくり、昭和7年(1932)には国の名勝に指定された。
それゆえ始め地元では「柳沼牡丹園やぎぬまぼたんえん)」と呼ばれていた時期がある。
園のほぼ中央にある文化財指定牡丹の古木の傍には柳沼源太郎氏の銅像が建立されている。
正面には友好都市の中国の「洛陽」との牡丹を架け橋とする交流の証として牡丹姫像も建てられている。

詳しくは↓のホームページを見てください
http://www.botan.or.jp/history.html

続きを読む "‘牡丹’を燃やして楽しむ?!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年11月24日 - 2013年11月30日 | トップページ | 2013年12月8日 - 2013年12月14日 »