« 2013年12月8日 - 2013年12月14日 | トップページ | 2013年12月22日 - 2013年12月28日 »

2013年12月15日 - 2013年12月21日の7件の記事

2013年12月21日

‘缶牛乳’を見たことが有りますか?

あるサイトにこんな質問タイトルが載っていたのを見つけたんです。

入り牛乳が販売されていない理由は?

そのタイトルを見て、「なるほど缶入り牛乳って見た記憶が無い」と改めて思ったのです。
その理由は簡単で、金属容器は牛乳の成分と反応し腐敗する確率が高いとして法律で禁じられているからだそうです。

理由は簡単なんですが、その規制法律が意外に古いものでした。

  • 明治21年(1888)頃、「細口ガラスビン」が東京牛込の津田牛乳店で初めて使用
  • 明治32年(1899)頃には「牛乳専用ガラスビン」が登場
  • 19世紀、日本国内外で牛乳腐敗事件発生
  • 昭和 3年(1928)東京警視庁は「牛乳営業取締規則」を改正し、、殺菌を義務づけるとともに着色ビンを禁止、無色透明の広口ビンで紙栓をすることに決める。
  • 昭和26年(1951)に厚生省(現在の厚生労働省)は、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」を公布し、無色透明のガラビンの使用を義務化する
  • 昭和33年(1958)に牛乳ビンの口内径を26mm以上と定めた

という歴史が有るように、牛乳(生乳のみ)の入れ物規制は昭和26年に決定されたものが未だに生きているようです。

でも、紙パックが有るじゃないか?という疑問がでますよね

続きを読む "‘缶牛乳’を見たことが有りますか?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年12月20日

124人目の死者

アジアの情勢などを世界に発信するアメリカ政府系短波ラジオ放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA1996年、米国議会の出資によって誕生した放送局が、またまた中国国内のショッキングなニュースを発信しました。

>12月19日午後
中国甘粛省甘南チベット族自治州のサンチュ県で、チベット族の43歳になる僧侶が中国共産党・政府が行っているチベット族への統治政策に抗議し焼身自殺を図り、そして死亡した。

これにより中国国内のチベット族居住区で焼身自殺を図ったチベット族は124人になった。

↑というものです。中国国内での少数民族でも暴動によって抗議することが多いウイグル族自治州にくらべると、なんと自虐的抗議ですよね。

これは「チベット仏教」の信仰が大きく影響しているようです。もっと昔からチベット族の僧侶は抗議の手段として行っていたようです。

英語では焼身自殺のことを「ボンゾ(bonzo=凡僧)」と言う場合もあるそうで、欧米でも知られている抗議手法のようです。

続きを読む "124人目の死者"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年12月19日

110番の正式名称は?

少し前紹介した書籍で彩図社から出版されている「ふしぎな110番」で、私が知らなかった110番のことを書いてみたいと思います。

ところで「110番」には正式な名称が有るのを知っているでしょうか?これもわたしが知らなかった一つです。

110番の正式名称は「警察通報用電話」といい、ここでは‘事件または事故’についてのみ通報に対応する番号です。
ですから、それ以外の通報やいたずら電話をした場合は刑法の「偽計業務妨害」や「公務執行妨害」の罪になります。

110番と言うのは、いたずらなどで通報してその後に切ったとしても、実は警察側で切らない限り通話状態になっているんだそうで、警察のセンター側では逆に通報の電話にかけることができるんだそうですから、イタ電はやめたほうがいいようです。

続きを読む "110番の正式名称は?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年12月18日

“日本式軍”の防衛武装の大綱は、是か?非か?

安倍政権は12月17日()午前の国家安全保障会議と閣議で、平成26年~平成30年(2014~2018)の新たな防衛計画の大綱及び中期防衛力整備計画を決定し、その内容を発表しました。

現在の防衛大綱は平成22年(2010)に決められたものですから、たった3年で新しい内容が出されたのは海洋進出を強める中国が影響していることは‘専門家’と言う方々が説明しなくても誰にでも解ります。

しかし・・・その内容は「すごい」の一言です。

  • 水陸両用車        ⇒ 52両購入
  • 機動戦闘車(装輪戦車)⇒ 99両購入
    MV22オスプレイ       ⇒ 17機購入
  • 戦闘機「F-35」           ⇒ 28機購入
  • 新型の早期警戒機     ⇒ 機購入
  • 新空中給油機           ⇒ 機購入
  • イージス艦               ⇒ 隻購入
  • 無人偵察機「グローバルホーク」 ⇒ 機購入
  • 強襲揚陸艦 ⇒ 導入を検討

       ※戦車は現行の740両から、300両に減らす

さらに、陸上自衛隊員の人数も平成22年(2010)の大綱で決めた15万4千人より増えて、現在は15万9千人なんだそうですが、それは減らさずに維持することが決められ、事実上5000人増員となりました。

続きを読む "“日本式軍”の防衛武装の大綱は、是か?非か?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月17日

グーグルを狙うソフト

セキュリティーソフトなどを製造販売するアメリカのマカフィーはきょう17日、Android端末から無断で‘Googleアカウントを取得する日本語アプリ’が存在することを確認したとして注意することを日本国内に向けに発表しました。

同社の説明だと、Google Playにて公開されている、‘占いアプリや出会い系アプリ’など30種以上のアプリが、起動直後に端末のGoogleアカウントIDを盗み、外部のWebサーバーへ送信するというのです。

確認されているもので最悪で不正ダウンロード回数が数百万回以上に上るものも有ったようです。

このアプリは悪意のある用途含め本当にアカウントIDを取得したいのかの判断が難しいらしく、対処方法が難しいというから厄介です。

一番はアプリを使わなければいいのでしょうね。早く対処法を見つけてほしいものですが、すぐにまた別のが出現するんでしょうね。

あ~いやだsad

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月16日

シルバー川柳

宮城県の仙台市に高齢者向けのフリーペーパー月刊誌「みやぎシルバーネット」というのが有るんだそうですが、そこの人気連載に高齢者の方々が投稿した「シルバー川柳」というのあるんだそうです。

それがあまりにも面白いので、集めて本にした河出書房新社編集「シルバー川柳」いうものを見つけまして、購入して読んでみましたら・・・これがおもしろいのです。

句をいくつか紹介しましょう。

    1. 「ほらほらと あれ」で進行 同級会 (78才)
       
    2. 女子体操 つくづく眺め 妻怒る   (90才)
       
    3. デザートが 薬に変わる 老人会   (70才)
       
    4. パソコンは 打てないけれど 釘打てる (67才)
       
    5. セールスを 愚痴で断る 妻の知恵 (78才)
       
    6. 順調に 老化してると 医者笑う (69才)
       
    7. 出来るなら 手づかみしたい 幸せを (78才)
       
    8. ゴミの日は 弱き女に 戻る妻 (67才)
       
    9. いい方へ いい方へ言う 医者が好き (69才)
       
    10. 何流か 障子を足で 開ける妻 (?)
       
    11. 小遣いを せびる孫には 呆けたふり (70才)
       
    12. 老犬と 励まし合って 散歩道 (73才)
       
    13. 共白髪 誓ったはずが 妻茶髪 (71才)
       
    14. 喧嘩した 妻の帰宅を 待つ阿呆 (76才)
       
    15. 仏滅の 結婚今頃 効いてくる (75才)
       
    16. 手が触れて パッとときめく まだ男 (79才

全部紹介してしまいそうなので、ここで止めますが、なんとも味のある川柳ばかりで一気に読んでしまいました。
サラリーマン川柳より、面白かったです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年12月15日

生キャラメル

今年の10月30日~11月3日までの期間において、フランスではチョコレートの祭典で世界で最も有名である「サロン・デュ・ショコラ 2013」が開催されました。

日本からも一流の御菓子店や職人のものが出展されましたが、その日本の出店の中で注目を集めた一つに、わが大玉村にある‘電子部品製造業・向山製作所で製造販売されている「生キャラメル」が有ったそうです。
それも、震災がらみじゃなく、純粋にそのおいしさでヨーロッパの人々をうなずかせたのが嬉しいです。

同社が生キャラメルの製造販売を始めたのは平成20年(2008)からですが、電子部品メーカーがなぜ生キャラメルを製造販売したかはホームページで確認してみてください。
http://www.mukaiyama-ss.co.jp/caramel/products/story.html

今回は県内の名産「ジュウネン(エゴマのこと)」を使ったのも有ったようですが、出展された品は下記ページで確認できます(1箱の単価は24ユーロ)
http://www.mukaiyama-ss.co.jp/caramel/salon.html

ブログ↓
http://blog.goo.ne.jp/mukaiyama-ss/

生キャラメルは大ブームの時を過ぎ、マスメディアには全く扱われることは無くなりましたが今でも我が村に有る同社のリピーターを確保しているようです。

それにしても、フランスの祭典に出展していたとは驚きました

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2013年12月8日 - 2013年12月14日 | トップページ | 2013年12月22日 - 2013年12月28日 »