« 日本の戦車を輸出?! | トップページ | ふくしま県でも出た‘農薬入り冷食’ »

2014年1月 5日

日本 vs 韓国

韓国と日本を「数字」で国際貢献度を比較した、面白い記事を見つけました。

<2012年のODA(政府開発援助)実績>

  • 日本の年間ODA=4806億円(米に次ぐ世界2位
  • 韓国の年間ODA=   1660億円

<国連の運営費の一部となる国連分担金>

  • 日本の負担金 = 306億円
    日本は常任理事国ではないが米に次ぐ世界2位の負担を負っている
  • 韓国の負担金 =  55億円
    潘基文国連事務総長の母国は韓国

IMF(国際通貨基金)への拠出額の総額>

  • 日本 = 兆0000億円(世界トップクラス
  • 韓国 = 2500億円
     
    ※ただし、韓国は1997年(平成9年)の通貨危機の際には約580億ドル(約6兆円)という、日本の拠出金額に近い援助をIMFから受け、危機を切り抜けた経緯がある。

上記の数字等をあげて、記事は次のような内容で締めくくっていた。

朴槿恵(パク・クネ)政権の要といえる“慰安婦外交”。日本がいかに“誠意”を欠いた国かを世界にアピールし続けているが、国際貢献でいえば、日本は韓国よりもはるかに誠意を見せてきた。・・・(中略)・・・
国際社会への貢献度は、断然(韓国より)日本のほうが上。韓国(
朴大統領)から「誠意のない国」などといわれる筋合いはない。

そう言われればそうだが、これだけの経済的貢献をしていながら世界各国民には全く知られていないことも事実だし、当の日本国内でもほとんど知られていないことのほうが日本政府の最大の問題だと思います。

金は出すが口は出さないというのは、日本的な文化であり美学的な「謙り」の考え方です。

しかし、それは個人が‘自腹を切った’場合であり、国民から強制徴収した税金を使って行う国際貢献の負担金は、その使い道と額をしっかりと国民に知らせ、国際的にも各国に強く宣伝することが常識でしょう。

それをしないから、韓国や中国を始め欧米諸国などからも言いたいことを言われるんだと思います。

それとも、政治家や大臣たちは国家予算を自分のお金と勘違いしているのでしょうか?

そして、それらの貢献を国内外に発信しないで、政治スキャンダルばかり追いかける日本のマスメディアの姿勢にも原因があると思います。

|

« 日本の戦車を輸出?! | トップページ | ふくしま県でも出た‘農薬入り冷食’ »

コメント

こんばんわ。
こんなに金額の差があるのが、分かりますね。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

投稿: H.K | 2014年1月 5日 21:13

H.Kさんへpencil

我々庶民には天文学的差ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年1月 6日 08:07

大変な借金を国民にしているそうじゃありませんか。その内、徳政令でも出されないかな???

投稿: 山口ももり | 2014年1月 6日 08:39

山口ももりさんへpencil

そうなったらおしまいですね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年1月 6日 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/58888056

この記事へのトラックバック一覧です: 日本 vs 韓国 :

« 日本の戦車を輸出?! | トップページ | ふくしま県でも出た‘農薬入り冷食’ »