« “森元総理の失言”騒動は、マスコミの作文 | トップページ | だれにも騒がれることなく、釈放 »

2014年2月22日

選挙で東京都は‘3600万円の臨時収入’

多数の候補者が出た割にはほとんど盛り上がらなかった東京都知事選でしたが、最大の要因はNHKと民間テレビ全てで「小泉元総理の報道はひかえる」という協定を結んだことだったらしいのです。

その理由には、郵政選挙でマスコミが小泉氏に偏った報道になったことの反省だ・・と言うことになっているようですが、安倍政権に反旗を翻した小泉氏に対し、安倍総理のバックボーンである読売グループ総裁のナベツネ氏が、なんらかの号令をかけたことは、なんとなく察しがつきます。

それはともかく、選挙に出るには候補者はその地域の選挙で定められたお金を法務局に供託する必要があります。

「供託金」と言われるもので東京都知事選の場合は「300万円」と定められているようでそのお金は当選、または候補者の得票数が有効投票総数の10分の1以上の場合は候補者に戻されます。
逆を言えば、得票数が少なく有効投票総数の10分の1未満だった候補者は、この300万円は没収されてしまいます。

ということで・・
 16名の候補者が出た今回の都知事選では、有効投票総数が486万9098票だったそうなで、供託金の没収ラインは48万6909票となりました。

16候補者の内、そのボーダーラインをクリアしたのは当選した舛添氏を含めて下記の4名だけ

    1. 舛添氏(211万2979票)、
    2. 宇都宮氏(98万2594票)、
    3. 細川氏(95万6063票)、
    4. 田母神氏(61万865票)

この4人には供託金の300万円は返還されますが、残りの12名の供託金は48万票にも達しなかったので没収されることになりました。

その合計金額は↓

300万円 × 12名 = 3600

候補者が多いので、12名もの候補者の合計となると莫大な金額になるものですね。この点でも、「流石に首都選挙」と言う気になります。

この没収された「3600万円」は、都知事選に使われたポスターの立て看板設置や選挙公報の配布、投票用紙の発送、さらに投票所の設置や職員への手当などの膨大な費用の一部としてあてがわれるそうです。

言い換えれば、候補者が多ければ多いほど選挙では‘臨時収入’が増えるということですから、我が村等のように無投票とか、出ても2人だけで差が無い得票数だと収入ゼロということになり、莫大な選挙費用がそのまま行政負担となっている計算です。

それが良いのか悪いのかはわかりませんが、共産党などが「無投票阻止」と候補者を出すのにはこう言う理由も少しはあるのかもしれませんね。

それにしても、我が村のように小さい自治体にとって3600万円の収入は羨ましい。

|

« “森元総理の失言”騒動は、マスコミの作文 | トップページ | だれにも騒がれることなく、釈放 »

コメント

こんばんわ。
凄い臨時収入金ですね。

投稿: H.K | 2014年2月22日 21:12

H.Kさんへpencil

凄いですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年2月22日 21:45

それでも選挙費用は、50億円近く掛かっているわけですので。

投稿: もうぞう | 2014年2月23日 19:14

もうぞうさんへpencil

仰る通りです。

投稿: 玉井人ひろた | 2014年2月23日 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/59106300

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙で東京都は‘3600万円の臨時収入’:

« “森元総理の失言”騒動は、マスコミの作文 | トップページ | だれにも騒がれることなく、釈放 »