« 2月30日、雨 | トップページ | スーパーが安い »

2014年3月31日

平成元年・・・“消費税10%”達成

明日からの消費税増税のために、今日も駆け込みの買いだめに走る客が本当に多く見られました。
スーパーなどでは箱売りがとても目につきました。

さらにプライスカードの取り換え作業のため、きょうの営業を1時間繰り上げる店舗や、明日の朝の開店を遅らせる店舗もかなりあるようです。大変ですね。

この消費税増税について、わたしが納得できないのはいかにも困ったようなコメントを出していベンダー(自販機)業界の人たちの話です。

覚えていますか?

平成元年(1989)4月、初めて消費税が施行されたときベンダー業界は「1円単位の釣銭が出せない」という理由で、それまで自販機のドリンクは100円だったものを“10%”値上げし、一律「110円」に直してしまいました。

つまり、ベンダー業界は平成元年の段階で消費税10%を達成させたのです。

ところが、こんどは平成9年(1997)4月に消費税が%になると、上げる必要が無いまま10円上げて「120円」に値上げしてしまいました。これは事実上の“消費税20%”にあたる暴挙です。

明日から130円になったとしたら・・・それは消費税30%ボッタクリです。

その言い訳に「3円の釣銭が出せないから」と言ったら、もう詐欺に近いでしょう。

|

« 2月30日、雨 | トップページ | スーパーが安い »

コメント

そうでしたね。
多くの国民は、忘れているのでしょうね。
過去2回は便乗値上げだと騒いだマスメディアもだんまりです。
総理自ら、物価は少々上がった方が良い。なんて言ってますからね。

投稿: もうぞう | 2014年4月 1日 20:17

もうぞうさんへpencil

こう言う風にして、ヨーロッパ諸国は消費税が上がっていったんでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年4月 2日 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/59387848

この記事へのトラックバック一覧です: 平成元年・・・“消費税10%”達成:

« 2月30日、雨 | トップページ | スーパーが安い »