« 御嶽山の大噴火。型式の防災訓練 | トップページ | ウナギで中毒 »

2014年9月28日

御嶽山噴火前の偶然が‘奇跡’に

27日昼ごろに起こった、御嶽山の噴火での被害は日を追うごとに深刻な状況が見えてきました。
大きな災害になるほど被害状況が直ぐに判らず、報道される情報も錯綜するのも常ですが、今回の被害も決して軽いものではないことは、あの噴火の様子を見れば一目瞭然でしょう。

そして、こういう予知が難しい自然災害に必ずある生死の分かれ目、生きられた奇跡の偶然というのが、つきものなのも常です。

福島県いわき市に「とうほくトレッキング」という登山を企画する団体があります。代表とガイドを務めるのは「佐藤一夫さん(62)」という方なので、その年齢で推測できるように企画するツアーは中高年を主としたものです。
http://hutatuya.blog.ocn.ne.jp/blog/

今回、「とうほくトレッキング」が企画したツアーの予定は下記のような予定でした

  • 参加者⇒福島県内と宮城県の男女10人
  • ガイド⇒佐藤一夫さん
  • 初日=27日⇒御嶽山(3067m)登山。(長野と岐阜の両県にまたがる山)
  • 2日目=28日⇒恵那山(2191m)登山。(  同上  )

この予定通りなら、噴火が起こった時間には佐藤さんらのツアー全員がその噴火付近にいたはずだったのです。ところが・・・

それが、なんの偶然か、都合により御嶽山登山予定日の直前に、初日と2日目の予定が交換になったんだそうです。

そのため、噴火したころはこのツアーは恵那山に登頂していたため難を逃れたのです。

奇跡ですね。人の運とは、不思議です。

|

« 御嶽山の大噴火。型式の防災訓練 | トップページ | ウナギで中毒 »

コメント

佐藤さんは山の集まりや観察会などで何度かお会いしたことがあります。そうでしたか…難を逃れて良かったですねぇ!

投稿: 空 | 2014年9月28日 16:38

空さんへpencil

ご存知の方ですか。運が良い方なのでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年9月28日 17:19

泊まりは麓の温泉だったのでしょうか?
それなら1日目と2日目を交換しても何の支障もありません。
でも珍しいことだと思います。

新潟県からは、2ツアーが出ましたが、無事下山したそうです。

投稿: もうぞう | 2014年9月28日 19:33

もうぞうさんへpencil

何らかの、パワーが働いたのかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2014年9月28日 21:14

こんばんわ。
その人は、本当に運が良かったですね。

投稿: H.K | 2014年9月28日 21:39

H.Kさんへpencil

そう思いますよね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年9月28日 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/60387015

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山噴火前の偶然が‘奇跡’に:

« 御嶽山の大噴火。型式の防災訓練 | トップページ | ウナギで中毒 »