« 前奏は、確かに有った | トップページ | 黙して語る閣僚の並び順・・“ポチは傍らに” »

2014年9月 3日

朝日の態度に‘切れた(?)’池上章氏

ジャーナリストの池上彰氏は、朝日新聞紙面に月に一度の割合で「「新聞ななめ読み」というコラムを掲載しています。

『新聞ななめ読み』は、池上氏が一つのニュースについて各紙を読み比べ、その内容を自由に論評するものです。

これは池上氏がこのコラム掲載を引き受ける際に朝日新聞社と「内容は‘自由に何を書いても良い’」という約束・条件を承諾してもらっているからだそうです。

それ故に今までも朝日新聞の紙面上にもかかわらず『朝日の記事は分かりにくい』とか、『(朝日の)天声人語は時事ネタへの反応が鈍い』などの朝日新聞社への批評も池上氏は書いてもちゃんと掲載されてきたそうです。

ところが、朝日新聞が過去に掲載した慰安婦問題で「吉田証言は事実が認められず、間違いであった」という記事をだしたことについて、池上氏が『朝日は謝罪すべきだ』と言う内容を書いたところ、朝日新聞社の幹部から『これでは掲載できない』と論評を封殺する通告が出されたそうです。

これをうけ池上氏は「掲載を拒否されたので、これまで何を書いてもいいと言われていた信頼関係が崩れたと感じました」ということで、同氏は朝日に対し『では(新聞ななめ読みの)連載を打ち切ってください』と申し出たそうです。

アメリカでは慰安婦問題で活動していた団体が「後ろから撃たれたようだ」と、違った意味で朝日を批判しているそうです。

朝日は、慰安婦問題の是非両方の人々に謝罪をすべきなのは誰もが認めることですが、それは未だに無く、それどころかこんどは原発事故での故吉田所長証言の記事に矛盾点が見つかってきているようです。

朝日は何を考えているのでしょう?

それにしても、いつもは「言論の自由」を声高に主張するメディアも自分自身のことになると変貌するのは、じつにおもしろいです

|

« 前奏は、確かに有った | トップページ | 黙して語る閣僚の並び順・・“ポチは傍らに” »

コメント

ありがちなことだと思います。
しかも朝日は、その件についていらだってますからね。

そもそも新聞社は、広告宣伝が多すぎますよ。

投稿: もうぞう | 2014年9月 3日 19:12

もうぞうさんへ

新聞購読者が減っているから広告料に頼るのでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年9月 3日 21:41

本当に腹だたしい。国賊、利敵行為ですね。その記事を書いた本人は未だ存命だとか????当事者を呼び出して検証してほしいです。真実・・・・一番大切です。南京大虐殺の真実は???30万人なんて嘘です。

投稿: 山口ももり | 2014年9月 5日 09:16

山口ももりさんへ

そもそも、南京にはそんな多くの人が居なかったんですから、それだけで変な話です

投稿: 玉井人ひろた | 2014年9月 5日 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日の態度に‘切れた(?)’池上章氏:

« 前奏は、確かに有った | トップページ | 黙して語る閣僚の並び順・・“ポチは傍らに” »