« 過敏性の下痢の人は | トップページ | k“祝”・最低記録の更新達成 »

2014年12月14日

きょうの投票所の対応

第47回衆院選、我が村では朝から雪が降る中の投票となりました。

いつもの場所に投票に行きました。いつものように受付をして、まず個人候補者の投票用紙(ピンク)が渡され、書き込んで投票箱に入れたところでいつもと違う‘違和感’を覚えたのです。

でも、すぐに今度は党名を書く比例代表の用紙(クリーム)と裁判所の白い紙を受け取り、それも書き、投票箱に入れて会場の出口で一緒に来た妻と母を待っていました。

そしたら、なにやら二人とも何やら混乱した動きと声を発し、少し時間がかかって出てきたのです。

何かあったのか?と聞いてみると二人とも比例代表の投票をせず素通りしたので、呼び戻されたというのです。

2人の言い分です。

「個人名投票を終了後に比例代表の方への誘導とか案内が‘いつものように’役場職員から無かったので、終わったと思った」

↑と、妻や母は説明しないでいる職員に腹を立てながら出てきました。

私が感じた違和感はこれです。今日の投票所にいた役場職員は誰一人案内の言葉を発する者が居なかったのです。

そして、投票箱と比例用紙を配る場所が今までと違っていました

Cocolog_oekaki_2014_12_14_19_35

前回までは、比例の机はのところ、つまり個人用の投票を終えると必然的に机の前に行くように配置されていまして、黒線のような流れで投票が終わりました。

ところが、ピンクの線が今日の流れですが、その机が後方に下がって、個人の投票を終えると、その投票箱からさらに中に入り、「そこは何だろう」といったような位置になっていたため妻や母は「立会人の机だろう」くらいに考えて出ようとしたらしいのです。

比例の投票が有ることを頭に置いていた、私でさえ「比例の用紙はどこで受け取るのか?」と一瞬思ったほどの配置です。
それも違和感だったのです。

今回、福島県内では期日前投票のミスが続出し、無効になったものまで出ました。我が村も何か間違いが多く出る気がしています。

選挙委員会もやる気なしだった選挙なのでしょうかね?

|

« 過敏性の下痢の人は | トップページ | k“祝”・最低記録の更新達成 »

コメント

今回、例え選挙で勝ったとしても、安倍首相に対する信用度は落ちるでしょうね? 侍ならば「卑怯なり!」と言われそうですwink

投稿: 空 | 2014年12月14日 20:32

空さんへpencil

野党はどうするのでしょうかね?

投稿: 玉井人ひろた | 2014年12月14日 21:07

こんばんわ。
こちら自分は、降りしきる雪の中、投票へ行きました。
でも、やっぱりと言う結果でしたね。

投稿: H.K | 2014年12月14日 21:15

H.Kさんへpencil

よく行きましたね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年12月14日 21:27

当地は受付で小選挙区の投票用紙をもらい投票。
入場券はいったん返されます。

その後、次の受付?でその入場券と引き替えに比例区と国民審査の投票券をもらいます。
そしてそれぞれ投票。
つまり記載場所は、2カ所に分かれています。
スムーズだったと思います。

投稿: もうぞう | 2014年12月15日 17:32

もうぞうさんへpencil

入場券が一旦返されるというやり方は、間違いが無いように思えますね。
でも、当地では慣れていないので戸惑うでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年12月15日 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/60809303

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの投票所の対応:

« 過敏性の下痢の人は | トップページ | k“祝”・最低記録の更新達成 »