« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »

2014年3月9日 - 2014年3月15日の8件の記事

2014年3月15日

愉快犯

「アンネの日記」の本が破られた事件で器物損壊容疑で逮捕された東京・小平市の無職男(36)は、間違いなくその犯行を行ったようですが、の目的が謎でした。

さらにその目的が判らなくしたことに、何枚も「アシスタントとゴーストライターは違います」というビラをあちこちに置いたことでしょう。

そしたら、やっとその目的が判りましたね。

このアンネの日記は、出版されたころヨーロッパでは「日記はアンネ・フランク自身でなく、別人が書いたのではないか?」という論争が巻き起こったんだそうです。

その論争は激しさを帯び、ついにはオランダの研究機関が筆跡鑑定を行うまでとなり、その結果として「アンネの日記は、本人が書いたものである」と結論づけられて決着したようです。

逮捕された男はその論争はまだ決着していないとしていたらしく、その挙句が「アシスタントとゴーストライターは違います」のビラと、書籍破り捨てだったようです。

某国の陰謀説など政治的背景まで憶測が有りましたが、結局はただの「勘違い野郎」ということになりました。

それとも、ハッキリした証拠を持っていたのでしょうか?持っていたら、れいの‘ゴーストライター’問題などと比べようもない国際論争になるところですが、それは無いらしく、結局は「愉快犯」扱いなんでしょうね。

それならなぜ?マスコミは名前を隠すのでしょう・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年3月14日

春は‘病’も芽吹く

私の場合、昔から春は心身ともに何とも調子がおかしくなる季節なので最も嫌いな季節です。
それは、どうも私だけじゃなく多くの人が感じていることらしいのです。

古来の東洋の医学書 黄帝内経素問の四気調神大論では春の3ヶ月(1、2、3月または2、3、4月)を「発陳(はっちん)」というのだそうです。

春になると植物は芽を出し活動的になり、昼の時間が長くなり、外の気温もだんだんと上昇しはじめ。
そうすると冬の間は体力の消耗を避けてじっとしていた動物や植物も、陽気に応じて活発に行動し始める。
それは人も同じで、気温が上がり着ていたものも薄くなり、動きやすくなっていく。
このときに適度に行動する事をしないでじっとしていると、陽気が体の内にこもってしまい病気になる原因を作ってしまう。
この状態を「発陳(はっちん)」という。

これを西洋医学的に言うと、春になると体内では季節ホルモンの分泌が急増し、眠っていた細胞も目を覚まし、動きはじめ血が騒ぎだす為、血の貯蔵庫である肝臓はフル回転になるんだそうです。

そのため一時的に肝臓は疲れた状態になるため「体がだるい。疲れやすい」それに伴い「気力が出ない。なんとなく不安。」という、軽いうつ状態になるらしいのです。

ということで、今頃は肝臓の働きを助ける作用(収斂させる作用)がある酸を多く含む「酢、梅、苺、レモン、オレンジ、ゆず、トマト・・・」などの食品を多く取るようにするといいようです。

香酢は飲んでいるけど・・・ちょっと意識して食べてみましょうかねcoldsweats01)。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年3月13日

3月をもって終了

2014年02月06日付けのニフティ株式会社ホームページからから出されたお知らせ文章です。

      東日本大震災に関わる当社支援の終了について

東日本大震災により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

震災の発生以降、@niftyでは被災により電話・インターネットなどのご利用ができない地域のお客様のサービス契約を継続し、接続料金等の減免を実施してまいりました。

      東日本大震災に関わる当社支援について

 災地域での回線利用実績がなく、ご利用意思確認がとれない@nifty光ライフ with フレッツ / @nifty光 with フレッツをご契約のお客様につきましては、2014年3月31日(月)をもって減免を終了させていただきます。

2014年1月時点で減免の対象となっている、@nifty光ライフ with フレッツ / @nifty光 with フレッツをご契約の一部のお客様に対しては、2014年1月以降今後のサービス契約の継続に関する意向確認を実施させていただく旨、別途メールと書面でお知らせをしておりますので、ご確認ください。

文章は、サイトのをそのまま引用しました。

報道などでは「3年目の筋目」とか、各テレビ局で語られていましたが現地に住む人間は「3年は筋目なの?」と、実感がわかないもんです。

あらためて、こういう「支援打ち切り」の文章を目の当たりにすると、新年度からは続々と打ち切り事案が出て来るんだなと思知らされ、3年の月日の重みを少し感じた気がしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月12日

ここも日本じゃない?!

私が使っているウイルス対策ソフト(Phish Wall)のツールバーには、アクセスしたサイトのサーバーがある国(=国旗)が瞬時に表示されるサービスがついて居ます。

これは、そのサイトが急に国籍が変わったりした時には危険であるという警鐘となるサービスなのですが、それを使っていてわかったことがあります。

私がアクセスるサイトは日本語サイトですから当然日本国内のがほとんどだろうと思っていました。

ところが、サイトが国外にサーバーが有るサイトに今までかなりアクセスしていたことが判明しました。

多い順には「シンガポール」、「香港」、「アメリカ」という感じですが、特に今まで何の迷いも無く見ていたサイトの多くが「シンガポール」「香港」と出てきたときには「えっ!」と思いました。

もしかすると、日本国内のネット関係やIT企業の子会社などがその両国に有るのではないのかと想像してしまいましたが、真相は不明です。

なんとなく、不安です。かと言って、国内だから安心できる保証は有りませんが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月11日

2011.23.3.11

2011年(平成23年) 3月11日とは言わずと知れた大震災に日付ですが、数字だけ抜粋すると{2011.23.3.11}まるでIPアドレスのようですね。

そして、‘1、2、3の’数字が繰り返されていることがよく判ります。日付とは天体観測から計算され導き出された数値ですから、この日の数字には何らかの法則が感じられ、なんだか不気味さを感じます。

<地震の名称> 東北地方太平洋沖地震

<災害の名称> 東日本大震災

地震名称を知る人は気象関係者だけになり、もちろん一般人が覚えていることは無いしマスメディアでも使われることは無くなりました。

そして、まだその余震は続いていることは事実で、災害が再来することを否定できる人は存在しないでしょう。

しかし、私たちは思っています「何百年に一度有るか無いかという未曾有の大災害が直ぐに起こることは無いだろう」と・・・「有っても、同じところは無いだろう」と・・・

そう思っていなければ、生活できないし、それが普通の人でしょう。

ただ、国を預かる政治家や行政が「あんな大きな地震は来ないだろう」、「大きな戦争にはならないだろう」、ではいけません。

きょう午後の地震が発生したときに流されるサイレンの音は、寂音、悲音、望音、無常音、何に聞こえるのだろうか?

できれば「警鐘音」に聞こえたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月10日

3月10日と‘ジェノサイド’

昭和20年(1945)の3月10日、東京大空襲が行われた日で毎年「3月10日」には都内各地で追悼の行事が行われています。
この空襲はアメリカ軍の「日本全土焦土化作戦」と言われたもので、アメリカ軍の(ボーイング29型機=B29爆撃機300機以上で東京を焼き尽くし、民間人10万人という大量虐殺(ジェノサイド)でした。(ただし、天皇陛下がおられる皇居は攻撃しないことが厳命されていた

この行為は原爆投下と同じく、戦争犯罪でもっとも重い「Cクラス戦争犯罪(C級戦犯=一般人大量殺害)」に当りますが、戦勝国であるアメリカが自国軍を裁くことは無く肯定されてしまいました。

きょうの3月10日というのは中国のチベット自治区では『チベット民族蜂起記念日』という記念日になっています。

昭和34年(1959)のこの日、チベットの首都ラサで中国共産党政府のチベット族への酷い弾圧などの悪政に反撥したチベット民族が決起暴動を起こし、その暴動を鎮圧するため中国共産党から軍隊が送り込まれ、チベット人を何万人も殺害した日なのです。

この事件が起こるまでの経過をみると、中国が抱える問題が見えてきます。

続きを読む "3月10日と‘ジェノサイド’"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

記憶が薄れてきている?

昨日から、東日本大震災のときの前後に自分が何をしていたか?などを日記を見たり、気象協会のデータを見たりしていたんですが、意外に忘れていることが多いことに気づきました。

それだけ、あの震災の衝撃の記憶がその前後の記憶を支配してしまったのでしょう。

前々日の9日に三陸沖を震源とする大きな地震があったのは覚えていましたが、翌日にもかなり地震があったことは少し曖昧。

 ☆日本気象協会の2011年3月10日の地震記録↓
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/entries_by_date?order=outbreak_datetime&&desc=1&date=20110310

☆日本気象協会の2011年3月12日の地震記録↓
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/entries_by_date?order=outbreak_datetime&&desc=1&date=20110312

そして、翌日の原発の水蒸気爆発あった12日には新潟県の中越地方のほうが震度5以上の大きな地震が連続していた記憶は、消えていました。

なんだか、大きな出来事というのは他の記憶を消したり歪曲したりしていくものだと、改めて思いました。

各方面で震災関係の訴訟が起きていますが、早期解決をしないと曖昧なまま終わっていきそうなことが目に見えるようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年3月 9日

あの時のきょう9日

3年前の2011年3月9日のブログをちょっと見たくなったので、表示してみましたら個々のブログでは「不織布のマスクの裏表のみかた」について語っていましたcoldsweats01

そしてもう一つの「方言ブログ」のほうは下のような記事を書いていました。

     揺れた

揺っちゃない 昼間ころの地震

長~ぐ ゆっくりの横揺れだったない

三陸沖が震源だったようだげんちょ

おらんどごは震度3だったようだない

した、外゛さいだった母親は判゛んねっちまたようだない

http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/kenkousyoku/2011/03/post-5a8f.html

この日、2011年(平成23年)3月9日1145分頃に三陸沖震源として発生したM7.3の地震、震源地に最も近い宮城県北部では震度弱となり、福島県の中通りである我が村も「震度」を記録する大きな揺れが有ったんです。

ただ津波は無く、「いや~デカい揺れだった・・」という話題で終了したのでした。

まさかこれが、大震災の予兆だったとは夢にも思っておらず、ジャガイモの種を買いに行ったりと、畑の準備をしていました。

そして、あくる10日にもさらにデカい揺れの地震が有り「あれ、ちょっと続くな」とは思いましたが、まったく考えず3月11日を迎えていました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »