« 2014年3月16日 - 2014年3月22日 | トップページ | 2014年3月30日 - 2014年4月5日 »

2014年3月23日 - 2014年3月29日の7件の記事

2014年3月29日

幻滅・・・アメリカの‘トモダチ作戦’

東日本大震災が起こった直後から各国から救援隊が駆けつけました。そのなかでも目立ったのが、アメリカ軍の海兵隊を中心にして行われた援助活動です。

トモダチ作戦」と銘打ったその活動はありがたいものでした。あのとき、その援助活動に志願する兵士が殺到したことを報道で知って、涙が出るくらい感動しました。

それに対しマスコミは、当時の管総理や民主党政権が始めにアメリカの援助を断ったことについて激しく批判していました。

実は、総理官邸では隊の指揮系統が混乱している被災地でアメリカ軍がこのまま援助活動のため入ってきた場合、アメリカ軍に主導権を全て牛耳られてしまい、現場と日本はかえって混乱し悪影響が出る恐怖を感じていたそうです。そのために、どこにアメリカ軍を回すか検討する時間を取ったのだそうです。

でもその官邸の不安をよそに、活動が終わりヘリで帰るアメリカ兵士へ、被災地の子供たちが、校庭などに大きな「ありがとう」の文字を作り感謝の気持ちを贈り、受けたアメリカ軍もその様子に感動したことが報道になりました。

当時のマスコミや日本国民全員が、その「トモダチ作戦」に感謝と感動の拍手を送ったことは今でもハッキリ覚えています。
わたしも「トモダチ作戦」に参加したアメリカ兵に感動していました。

ところが、当時の管総理らが懸念を抱いたことが3年目に、出てきたのです。

続きを読む "幻滅・・・アメリカの‘トモダチ作戦’"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月28日

ヘッドハンター

「ヘッドハンター」の意味には①優秀な人材のスカウトを行う人。②首狩り人。③企業の雇用担当者。と言うような意味がありますが、ほとんどの場合①の意味で使われます。

昨年末の2013年12月に、カナダに本社を置く情報サービス企業大手の‘トムソン・ロイター’、通称ロイターが日本で暗躍する人物=「ヘッドハンター」について記事を発表しました。

そのヘッドハンターがハンティングとは、私たちが考えるそれとはちょっと違います。

ロイター記者が接触した人物の行動範囲は宮城県の仙台市、ヘッドハンティング対象者は仙台市内にいる‘ホームレス’、そしてそのホームレスの就業先は主に福島県で除染作業や原発の入り作業を担っている企業なのです。

その人物は、紹介料を1人につき1万円を企業から受け取る仕組みになっていました。

報道では、その紹介されたホームレスたちは最低賃金と同等またはそれ以下で働かせられ、作業内容の危険性にもかかわらず、保険に加入することも、放射能測定機を利用することもできないでいるとなっていることをあげていましたこれは、除染などの作業を早めることを優先したため、通常の建設の場合に適用していた業者の規制を放射性物質汚染対処特措法によって放射線作業に関して緩和策をおこなったことで、こういうヘッドハンターのような“職業”が出現し、現場でのトラブルが増えているとの分析をロイターでは行って‘日本で起きている悪行’のような伝え方になっていました。

さて、東京電力の試算によれば、福島第一原発の廃炉作業には2015年だけでも1万2000人の労働者が必要と試算されているそうですが、政府の発表によれば現在廃炉作業に従事している労働者数は約8000人程度であり、3分の2ていどしか作業員を確保できていない現状があります。

さらに、東京オリンピックに向け建設業界の人員は不測の一途になる予想がされています。

私としては「廃炉、原発反対」とか、口ばっかりの人たちより作業員を確保していることの方が現実的だと思うのです。
もちろん、除染トラブルや暴力団などが介入することは有ってならないことですが、それは監視体制を強化すればいいことのように思えます。

ちょっと乱暴な意見ですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月27日

ETC利用料金も実質の値上げ

高速をETC利用で通行すると割引がありますが、消費税が上がる4月1日からその料金体系が変わるようです。

深夜割引」(0時~4時まで)については全車種対象で30%割引で変化は無いようです。

休日割引」(土・日・祝日)の場合は、4月5日(土)~6月29日(日)までは‘50%割引’なんですが、7月5日(土)以降からは‘30%割引’になって、実質の料金値上げになるようです。

そしてETCマイレージ登録者限定の割引である「平日朝夕割引」(6時~9時と17時~20時の時間帯指定の割引)は4月1日から少し多くなるのですが、その割引を受けるために新たな条件が設けられました。

それは利用回数です。

1ヶ月の間に割引時間帯走行回数が4回以下だと、割引対象外になってしまうことです。

詳しく言うと「5~9回利用車=30%割引」、「10回以上=50%割引」となり、利用回数が多い人に考慮した料金体系にしたもので、そのかわりに1回や2~3回しか使わないような人には割引を遠慮してもらうということです。

全体として、やはり料金割引は低く抑えるように考えられているのは明らかです。

いずれにしてもほとんど利用しない私は、影響が無いので何か得があれば再登録することにして、「高速利用が有りません。更新してください。」とうるさいので先月マイレージ利用を停止してしまいましたcoldsweats01

続きを読む "ETC利用料金も実質の値上げ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年3月26日

「台湾」は最も日本に近しい“隣国”

お隣の台湾では今「KANO」という映画が先月の2月27日に封切られ空前の大ヒット上映中だそうです。
タイトルノ「KANO」とは、今の高校に当たる当時の農業を教える中学校で、台湾に実際に有った「台南州立嘉義農林学校」のことです。
現在は「国立嘉義大学(こくりつかぎだいがく)」になっているそうです。

この映画は、台湾が日本統治下にあった昭和6年(1931)に、「嘉義農林学校」の野球部に新任した日本人監督の厳しい猛特訓に耐え、野球部の憧れの大会「甲子園大会」の出場権を会得、そして初出場のその甲子園大会では本土の日本人学校を次々と破って準優勝を果たした感動の実話が基になっています。

当時の「嘉義農林学校」の野球部は、日本人、漢族の台湾人、先住民という3民族の選手の混成だったのがチームの特徴だったそうで、映画では永瀬正敏さん演じる野球部の監督が纏まりもやる気も無い野球部選手たちを徹底した厳しい指導でまとめ上げ、強いチームを作っていきます。

その指導は野球技術だけではなく、礼儀作法、野球に対する心得、周囲への感謝、とういう人間形成にまで及ぶ厳格なものだったようで、予告の場面を見ると‘台湾人侮蔑’にも見えるくらい厳しい態度と口調になっていますが、監督の教えをひたむきに守り勝ち抜き決勝で敗れ泣く姿、その野球部員に愛情のことばをかける監督の様子は、予告だけでも感動ものです。
http://www.nippon.com/ja/people/e00058/

そんな、隣国の台湾について我々はほとんど知らないことばかりです。マスコミも学校の教科書でもそれほど語られていないことも、その原因だと思います。

続きを読む "「台湾」は最も日本に近しい“隣国”"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年3月25日

本命は日米地位協定

マスメディアは完全にロシア報道一辺倒になっていますが、沖縄の米軍基地移転問題は国内とアメリカとの交渉が困難を極め、これからの問題です。

そもそも、沖縄で問題になっている根本は「日米地位協定」だったはずです。

日米地位協定日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第6条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定)は、在日米軍による施設・区域の使用を認めた日米安全保障条約第6条を受けて、施設・区域の使用の在り方や我が国における米軍の地位について定めた国会承認条約
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/sfa/kyoutei/index.html

極論から言えば、日米地協定がしっかりと日本国民主権の内容に改正されれば今のままでもかなり悪くない環境になるはずです。

沖縄の米軍基地問題も含めてアメリカ政府は中国に歩み寄ったりと日本を揺さぶっている気がしてなりません。

総理自身が我が身を呼称する「安倍政権」、起死回生の外交作戦(隠し玉)を持っているのでしょうか?
持っていることを期待したいものですが・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月24日

やっと撮れた

毎年毎年、撮影時期を忘れて撮れずにいた花をやっときょう撮ることができました。

Photo

続きを読む "やっと撮れた"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年3月23日

蕗の薹

昔からの言葉に「薹が立つとうがたつ)」という言葉が有りますね。
意味は少し盛りを過ぎたこと、特に少し年齢が上がり結婚適齢期を過ぎたような女性に対していう侮蔑な言葉として使用されます。

Photo

薹は「フキノトウ」のことですが、フキノトウは花が咲き終り茎が伸びてしまう(蕗の薹が延びて立つ)と食べられないことから発生した、女性にはまことに失礼な言葉です。

実は、フキノトウは花が咲き終わり大きく伸びた状態の茎も、ちゃんと処理すれば塩漬けなどのしておいしく食べられます。

女性だけじゃなくフキノトウ自体にも失礼な言葉です。このことば、そのことを知らない人によって作られたのでしょう。

春の新芽を食べると若返るということが信じられてい頃があったそうですが、フキノトウを食べる習慣もそこから発生していることは間違いありません。

以外にそれは迷信でもなく、フキノトウのあの独特の苦味は胃腸を整え、食用を増進させ、新陳代謝をうながし、煎じて飲むと咳・去痰の生薬にもなるらしいです。

新陳代謝がよくなれば体が若返るわけでして、昔の人は直感でそれを悟っていたのかもしれませんが、なんでも食べられる現代ではその感覚は退化してしまったのかもしれません。

朝ドラ「ごちそうさん」で天才で変わり者の教授が絶叫した「人間は進化しているのか?退化しているのか?解らん」というセリフが妙に的を得ていて頭に残りました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2014年3月16日 - 2014年3月22日 | トップページ | 2014年3月30日 - 2014年4月5日 »