« 2014年6月22日 - 2014年6月28日 | トップページ | 2014年7月6日 - 2014年7月12日 »

2014年6月29日 - 2014年7月5日の7件の記事

2014年7月 5日

うさぎ島

広島と言えば真っ先にイメージされるのは「原爆」でしょう。

広島が原爆投下の標的地になった一番の理由は、呉市にあった国内最大級の規模を誇った海軍造船所が有ったことを筆頭に、旧日本軍の重要な施設が集まっていたことに有ります。

広島県竹原市沖の周囲4.3キロほどの小さな島「大久野島(おおくのしま)」は地図上から存在を抹消し、大正14年(1929)~昭和20年(1945)まで秘密研究が行われていた島でした。

行われていた研究は、現在では核兵器と並んでその残虐性から、使用が禁止されている化学兵器、つまり毒ガス研究と製造をする工場などが有ったところです。
http://www7.ocn.ne.jp/~dgjrkma/new_page_15.htm

戦後はアメリカ軍などによって施設は解体され、その後、昭38年(1963)に国民休暇村がオ-プン、そして「大久野島毒ガス資料館」等の観光施設ができあがり観光施設となり、さらに島外の小学校で飼育されていた8羽のウサギが昭和46年(1971)に島に放されて野生化し、繁殖し、それは平成25年(2013)に再度調査したところ700羽にまで増えているそうです。

現在は年間約10万人の観光客が訪れる「ウサギの楽園」。(ウサギの保護のため、大久野島には補助犬以外の犬の連れ込みは禁止されている)、「うさぎ島」と呼ばれるようになったようです。http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/

これに似た話が原発事故を起こしたチェルノブイリ原発、そこも今は動植物物の天国となり繁殖し、さらに事故原発を見る観光客が増えている事実があります。

続きを読む "うさぎ島"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年7月 4日

やはり‘お馬鹿’が出現

昨日、野々村兵庫県議の号泣記者会見について「議員たちもマスコミ達も笑えるか?・・あれが号泣」というタイトル記事にし、「号泣」についての指摘しました。

そして、記事末には↓

>まさかとは思いますが、
あの野々村議員の号泣を“男泣き”などと言い出す‘馬鹿’は出現しないでしょうね

という、懸念の文章で締めくくりました。
この文章では「まさか変なことを言う人はテレビなどに出ないだろう」という期待を込めたつもりでした。

しかし、その期待は悪い方の予感が的中しました。(馬鹿が現れた)

朝のワイドショーの街頭インタビューで母と娘らしき二人ずれに「野々村議員の号泣記者会見をどう思いますか?」というような問いに娘らしき20代ぐらいの女性はこう答えたのです。

女性:「(議員を大笑いしながら)ダイナミック嗚咽

というとんでもない言葉が発せられたのですから、呆れかえりました。

“ダイナミック嗚咽”て、どう考えても、どういう泣き方になるのか頭に浮かびません。

続きを読む "やはり‘お馬鹿’が出現"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 3日

議員たちもマスコミ達も笑えるか?・・あれが号泣

兵庫県議会の野々村竜太郎議員(無所属)が、平成25年度の政務活動費から「切符代」として約300万円を支出したと領収書の添付無しの報告書を提出した問題で、「天に誓って嘘偽りはなく、現地で意見交換や政策の教示を受けるために訪問した」と主張する記者会見は、議員どころか、大人のしても恥かしい‘号泣’記者会見になって、連日号泣ばかりが話題に取り上げられていますね。

その様子を報道するマスメディアは、薄笑いを浮かべたものばかりになっていますが、マスコミは笑えるだろうか?

以前、このブログで私が記事にしました「『号泣』の言葉を軽く使い過ぎ」↓
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2011/12/post-f27e.html
でマスコミを指摘しましたが、今回の野々村議員のが“正しい号泣”です。

続きを読む "議員たちもマスコミ達も笑えるか?・・あれが号泣"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 2日

183日に思う

きょう、7月2日は計算すると1年365日の真ん中の1日、足かけ183日目になるんですね。

そして昨日から、こんな言葉が頭をよぎっています。

「勝てば官軍・・・・」

「選挙と暴挙は、一文字違いでも、その違いは大きい」

「判定は歴史がする、今は不明」

「マスコミが唱える『憲法9条空洞化』?
そんなこと自衛隊ができた時点、そして湾岸戦争に行ったことで、もう空洞化している」

何が言いたいか、なんのことを指しているかは判るでしょう

憲法九条の生みの親と言われ、GHQ最高司令官マッカーサーにこの条文を作り、新憲法に入れたい旨を直談判した(英語が堪能だった)「幣原喜重郎元総理大臣」、あの世から何と思って見ていることでしょうか?

続きを読む "183日に思う"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年7月 1日

‘ひどく・・ヒドク’異様な車両に遭遇

買い物中の駐車場で、隣の店から出てきた異様なものを屋根に乗せた車両に遭遇しました

Dpp_0005_4_edited1←その車両の横に書かれた「Google」の文字でその車両がなんであるか、屋根に乗ったものがなんなのか、直ぐに判りました。

Google マップで提供されている「ストリートビュー」の撮影車両でした。
https://www.google.com/maps/views/home?hl=ja&gl=jp

撮影車には15個のレンズを使って全方位360度の写真を撮影できるハイテクカメラが搭載されているのですが、それが屋根の物体です。

マップは見たことが有りますが、撮影車両を見たのは初めてでした。

ただ、撮影中では無かったようですが、私が見たその車両のボディーを見てさらに驚きました。
横と言わず、前後と言わず、いたるところ‘傷だらけ’なのです。

道なき道を歩くからでしょうか、接触が多いのかもしれませんが、単純にドライバーの運転技量不足かもしれません。

本当に、酷い傷だらけのボディー状態でした

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月30日

焼身自殺はフランシーヌやチベット族僧侶のつもりか?

昨日の日曜日の午後2時ごろ、JR新宿駅(東京・新宿区)南口付近の歩道橋で男性が焼身自殺を図ったというニュースがありました。

>2014年6月29日(日)午後2時過ぎ、JR新宿駅(東京・新宿区)南口付近の歩道橋上で、きちっとネクタイを締めたダークスーツ姿の50代くらいの男性が、腰を下ろし拡声器を持ち「集団的自衛権反対」などと約1時間にわたって主張していた。

その後、通報により集まって説得していた警察や消防の目の前でペットボトルに入ったガソリンとみられる液体を自分にかけ、ライターで火をつけ焼身自殺を図る。

直ぐに消防が下から放水などをして火を消したが、男性は全身やけどの重傷。

その訴えていた内容や様子の一部は動画で配信されているのでかなりの方が見ているかもしれません。

焼身自殺という「命がけの訴え」といえば・・・

続きを読む "焼身自殺はフランシーヌやチベット族僧侶のつもりか?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月29日

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」とメッシ選手

「成長ホルモン分泌不全性低身長症」というその発症の根本的原因がいまだに解明されない病気が有ります。

その症状は↓

本来は脳下垂体(のうかすいたい)から分泌(ぶんぴつ)される成長ホルモンが、骨に作用して骨を成長させるが、この成長ホルモンが何らかの原因で不足すると、成長が障害されて身長が伸びなくなる病気で「下垂体性小人症」などとも言われることがある。

 

原因が解明されていないため根本的療法は無く、成長ホルモンを投与する対処治療しか見つかっていない。

この病にによって人生が変った人物がいます。

その人物は南米のアルゼンチン出身で名は「リオネル・アンドレス・メッシ(Lionel Andrés Messi)」と言います。

サッカーがあまり詳しくない人でも知っていることでしょう。
今行われているワールドカップブラジル大会のアルゼンチン代表というより、スペインの名門クラブバルセロナのエースであり、4年連続でIFAバロンドール 世界最優秀選手を獲得した、名実ともに現在世界最高のサッカープレイヤーである「メッシ選手」です。

続きを読む "「成長ホルモン分泌不全性低身長症」とメッシ選手"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月22日 - 2014年6月28日 | トップページ | 2014年7月6日 - 2014年7月12日 »