« 2014年8月31日 - 2014年9月6日 | トップページ | 2014年9月14日 - 2014年9月20日 »

2014年9月7日 - 2014年9月13日の7件の記事

2014年9月13日

‘光回線が好き’⇒クマゼミ

地球温暖化によって、福島県でもミカンが畑で栽培されることができる地域(いわき市)がらわれました。
福島県福島市は「柚子の北限」とされていましたが、さらに北の宮城県でも栽培されるようになり、複雑な状況になっています。

影響は植物ばかりではなく生物にも表れています。

日本国内で大型種の蝉に『クマゼミ 』というのが居ますが、この蝉は西日本や九州にしか生息せず東日本では見られなかった蝉です。
それが、温暖化のため(?)最近では静岡県や神奈川県などの関東地方などにも生存してることが確認されています。

たかが蝉ですから、その生息地が広がっても害はないだろうと思うのは大間違いです。

西日本では以前から‘光ファイバーケーブルをクマゼミが断線してしまうという被害’に悩まされていたのです。

続きを読む "‘光回線が好き’⇒クマゼミ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月12日

ワインと潜水艦と日本帝国海軍

あさのNHKドラマ「花子とアン」の今週の場面に、花子の郷里である山梨でワインが日本軍に強制的に供出させられ、ヒロインの父親がワインを隠したりする場面がありました。

ヒロインの父親は「兵隊が宴会で飲むんだろう」と怒りますが、ワインは日本軍が敵潜水艦を探すのに使われることを聞かされますが、想像もつかない話なので信じないのでした。

これは、ほとんどの人に知られていませんが、日本帝国海軍は本当に使っていた事実だったのです。

ワインの樽面や底には『粗酒石』というものが、付着沈殿するんだそうです。これが『酒石酸』というもので、それに加里ソーダを化合させると、酒石酸加里ソーダという少し大きな結晶体が精製されます。
これがロッシェル塩といもので、それは音波をすばやく捉える特性があり、第二次世界大戦ではドイツがいち早くこれを採用して音波防御レーダーを開発し、海軍の船に装備して、敵の潜水艦や魚雷に対処する新型兵器とし使用し、かなり高い効果を発揮していました。

続きを読む "ワインと潜水艦と日本帝国海軍"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年9月11日

大災害も間もない時に‘ツーショット’

高市早苗総務相と稲田朋美政調会長が極右団体の代表とツーショット写真を撮り、その団体のホームページに載せられていたことが話題になっていますね。

この団体のホームページには「わが人種の優秀性を主張する」「民族浄化を推進しなければならない」「在日朝鮮人殲滅」など、あのナチスを髣髴させる記述とマークがあるように、その名称もナチスの「国家社会主義ドイツ労働者党」の名称を基にしたとしか思えない「国家社会主義日本労働者党」というもですから‘ネオナチ’に属することは間違いないようです。

これに対し高市大臣と稲田政調会長の二人は、

「この男性は雑誌のインタビュアーの補佐として「山田」と名乗って議員会館を訪れ、取材後に『一緒に写真を撮りたい』と言ってきたので撮ったもので、

右翼団体の人物だとは知らなかった」

という、‘全く同じ内容’の釈明を行いました。

続きを読む "大災害も間もない時に‘ツーショット’"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年9月10日

真っ赤なワンピースの大臣

安倍政権の改造内閣発表の際の記念写真、ひときわ目立った服装が新閣僚の松島みどり法務大臣の真っ赤なワンピース姿でした。

このかた、オフィシャルサイトでも赤いジャケットを着ていますので、元来赤が好きだということでしょう。
しかし、「いくら好きでも、閣僚発表の席では派手すぎではないか?」という意見も少なくなっかたことも事実でしょう。

さて、話は少し変わりますが、今のオバマ大統領、そして歴代アメリカ大統領のブッシュ大統領、ケネディー大統領、レーガン大統領などが、大統領就任式の演説の時に‘赤いネクタイ’をしめていたというのですが、記憶にあるでしょうか?

日本ではほとんど知られていませんが、欧米では非常に重要な場面で力を与えてくれるパワータイ」というものをしめる慣習があるんだそうです。

  • ネクタイ⇒ 『決意』を示すもので、物事の強い覚悟のあらわれを示している
  • ネクタイ⇒『誠実さ』をアピールするもので、真摯な思いの表れとなる

このことを知っていたかどうかは不明ですが、もと朝日新聞記者だった松島大臣ですからそのくらいは知っていたのでしょう。
「死刑執行に毅然と認可を与える」と就任演説で語った松島みどり法務大臣、それらの覚悟の表れが「赤い服」になったのではないか(?)と思われます。

ちなみに、前の森まさ子特命大臣はよく白のジャケットに赤いシャツを着ていましたが、これは日の丸をイメージしていたとのことです。

政治家たる者、服装でも何かをアピールすることが好きな人々のようです。

余談ですが、以前にもちょっと書きましたが中国では「⇒不浄の色で忌み嫌う」、「⇒祝いの色で好まれる」という考えがありますので、あの真っ赤なワンピースは嫌われる色なのかもしれません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年9月 9日

戦争の遺物・・・と言うだけでは済まされない

9月5日(金)の地元紙朝刊に小さいですがちょっとギョッとする、こんな記事が載りました。

Type94福島県警本部組織犯罪対策課は9月5日、福島市の民家と、白河市の民家から軍用拳銃を各1丁づつ(計2丁)と、それぞれの拳銃用の実包(火薬が入っていない実弾)合わせて60個を回収したと発表した

と、いうような記事で小見出しには「拳銃2丁押収」の文字があったので、一瞬、暴力団関係の記事かと思いましたが、その内容をみてそうではないことが判りました。

↑福島市の民家から見つかったのは日本製の自動装填(そうてん)式で「九四式」と呼ばれる拳銃1丁と、その実包(火薬が入っていない実弾10個。8月ごろ家人の60代男性が押し入れを整理中に発見し、福島署に届け出たものです。

続きを読む "戦争の遺物・・・と言うだけでは済まされない"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年9月 8日

ドケルバン病

誰が名づけたのかは知りませんが、「ドケルバン病」という疾病が有るんだそうです。

指などの末端の部分を動かす『腱』という組織がありますが、その腱をぐるりと囲むトンネルのような組織が『腱鞘』といいます。
そのなかで手の親指の使い過ぎなどの影響によって親指を伸ばしたり、広げたりする時に腱がスムーズに通らなくなり、さらなる炎症を起こし腫れたりして親指と同じ側の手首が痛くなる疾病を「ドケルバン病」と言うんだそうです。

つまり「ドケルバン病」とは『腱鞘炎』の一種、そしてその発症となる要因は主に次の3つだそうです。

  1. スマホやパソコン、スポーツなどでの手の親指の酷使
  2. 生まれつき腱鞘が他の人よりも狭い
  3. 女性の場合は、ホルモンバランスの変動などの影響が考えられている

この病気は、この要因単独では発症することは殆ど無く、2つ以上が複合的に組み合わさることで起こるのが一般的だそうです。
ということで、この「ドケルバン病」は腱鞘炎の中でも稀なもののようなのです。

それがなぜ、今注目されているかというと、閣府消費動向調査の普及率で54.7%(2014年3月実施)という高い数字を示しているスマホの使い過ぎでこの病気が急増するのではないかとの予測が出始めたからだそうです。

特にスマホの操作の際、親指だけを使い、活発に動かすケースがよく見られる男性に患者が増える可能性が高いのではないかと懸念されているそうなのです。

携帯のメール打ちは女性が親指でやるのをよく見ましたが、画面が大きくなるスマホだと手の小さい女性では無理なのかもしれません。それにくらべ男性の場合は親指だけ、片手でも打てる可能性高くなるのでしょうか?

スマホを持たない私には判りませんが、腱鞘炎になるほどそういうものを使うこと自体のほうをもっと考えたほうが良い気がしますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月 7日

大会4連続優勝

錦織選手がアジア人初の決勝進出したことをテレビでは大きく取り上げていますが、まだ世界一になった訳ではありません。

きょう、ワールドカップ4連覇の快挙を成し遂げた日本人がいることをニュースにしてもらいたいです。

それは「侍ジャパン」の女子野球日本代表チームです。女子プロ野球選手7人と13人のアマチュア選手で構成された日本を代表する「ビーナスたち」です。

2年に1度行われる、女子野球ワールドカップの決勝今回も日本対アメリカとなり、そして今回も日本が3対0で勝利しました。

この快挙でも、ナデシコジャパンより扱いが小さいのは可哀そうですね。


そして翌朝8日の朝刊、この偉業を達成したにもかかわらず、今回は日本での開催にもかかわらず、地元新聞にはどこを探してもそのニュースは載っていませんでした

続きを読む "大会4連続優勝"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年8月31日 - 2014年9月6日 | トップページ | 2014年9月14日 - 2014年9月20日 »