« 2014年9月7日 - 2014年9月13日 | トップページ | 2014年9月21日 - 2014年9月27日 »

2014年9月14日 - 2014年9月20日の7件の記事

2014年9月20日

Army Bridge

9月17日、タイ中部と北部に接するウタラディット県を流れるナーン川の川底から、第2次世界大戦時の旧日本軍が使用していたものと思われる船(全長9メートル、横幅2.1メートル、高さ1.1メートル)が地元住民によって発見され引き揚げられたというニュースがありました。Photo

船体には『Army Bridge』と英語で書かれていたことから、この船は移動用のものではなく、日本軍などが渡河するために設けた浮き船式の緊急の橋「軍橋(ぐんきょう)」に使われていた内の一つだろうと推測されました。

日本ではほとんど報道されませんでしたが、タイでは今年の4月、バンコク北部にあるドンムアン空港にも近いバーンケーン地区のスクラップ工場で、やはり第二次世界大戦当時に連合軍が、日本軍に対して投下したものとみられる不発弾を解体業者が爆弾と知らずに解体し爆発、7人が死亡、20人以上が負傷するという大事故が発生しています。

大戦から70年以上も経つ今でも、やはり戦場となった地域では、日本国内も含め多くの大戦の残留物が顔をだし、悪さをしているようですが、今回の船は少し違った興味をひきます。

一番は船体にアルファベットで『Army Bridge』と書かれていたことでしょう。

陸軍の持ち物か海軍かは不明ですが、戦闘機以外にアルファベットを使っていたという事実にとても興味が沸きます

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年9月19日

危険を教える“災害地名”・・・?

昔の人は言葉や名称などに縁起を担いだり、(重大な)出来事、人々の思い、悲しみなど意味を込めていることが多いものです。

その中でも、人が死んだり財産が消失する天災があった場合「この場所は危ないところ」というメッセージを込めた地名を先人たちは付けているといいうのです。
それが「災害地名」と言うものなっだそうです。

例えば・・・

  • 「蔵」や「倉」というという文字がある地名
    「くら」は災害で土地が『抉(えぐ)られる災害』を意味し「えぐられ」が転じた漢字が当てられた
  • 「柿」や「鍵」という文字がある地名
    「カキ」は、建物等が崩壊し消失した=「欠けた」⇒『欠き』に由来する
  • 「滝」「多喜」「多木」など漢字がある地名
    「タキ」は山地の地崩れ、崖を指すと言われる
  • 「旭」「朝日」がある地名
    「アサヒ」は「あさい」と読みここは地下水が浅いところにあり水害に注意となる

それらの災害地名が、今回の大雨の土砂崩れで多くの犠牲を出した広島市の地名にも有るというのです。

続きを読む "危険を教える“災害地名”・・・?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年9月18日

アッと驚き・・冗談のような料理

リサーチ会社が公表したもので『料理下手な嫁の衝撃レシピ』というのを見つけましたので、読んでみました。そしてそのレシピは文字道理驚きのものでした。

載っていたベスト5(ワースト5)と、わたしの感想です。

その1>味噌汁

  • 味噌汁の具(実)に、果物のブドウ=巨峰が入っていた(皮付きかどうかは不明)

食えないこともない味噌汁だが、、一度食べてみたい気もしました。ただ、その巨峰がどんな状態か(生、皮付き、量など)が問題ですかね。

その2>トースト

  • トーストに納豆とヨーグルトを混ぜたものが付けてあった。

トースト、納豆、ヨーグルトを別々に出せば、普通に食べられますが、それをミックスした奇抜なレシピで、これも食べてみたい気がしました。

その3>カレー

  • カレーに芽が出ているジャガイを、芽を取らないまま使った

味としては変わりがないでしょうが、ジャガイモの芽や皮には「ソラニン」という毒の成分が入っていますので、これは味云々というより‘危険レシピ’です。

続きを読む "アッと驚き・・冗談のような料理"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年9月17日

今度はロシア

17日のきょう、ロシア国防省は太平洋艦隊(司令部ウラジオストク)がオホーツク海と日本海で海戦を想定した実弾砲撃訓練を行ったと発表しました。(インタファクス通信)

具体的な海域は明らかにされていないようですが、問題は「仮想敵国」がどこだったのかと言うことです。

中国、北朝鮮、アメリカ、韓国があいつで軍事訓練を行う日本海、なんとなく日本だけが蚊帳の外と言うか、逆に標的になっているような、いずれにしても嫌な感じがのこるのは考えすぎでしょうか?

これに、また大震災が起こったりしたら、泣きっ面に蜂どころの騒ぎじゃないです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月16日

大きな揺れだったが震度は「えっ?!」だった

きょう12時30分ごろ茨城県南部を震源とする地震が発生しました。

私の地域は、茨城県が震源だととても揺れることは、震災以降の余震で判っていますので、久しぶりに強めの揺れを感じましたので、わたしは「震度3?。震源は福島県か茨城県だろう」と直感しました。

そしたら、私の村は「震度1」という気象庁の発表がなされ驚いてしまいました。

 ◆平成8年(1996)10月1日改正、室内の震度段階◆

『震度
地震や揺れに敏感もしくは過敏な限られた一部の人が、地震に気付く。
めまいと錯覚する。
(※、屋外では変化無し)

『震度
多くの人が地震であることに気付き、睡眠中の人の一部は目を覚ます。
天井から吊り下げた電灯の吊り紐が左右数cm程度の振幅巾で揺れる。
(※、屋外では変化無し)

『震度
ほとんどの人が揺れを感じる。揺れの時間が長く続くと不安や恐怖を感じる人が出る。
重ねた陶磁器等の食器が音を立てる。
(※屋外⇒
風が無い時も電線が少し揺れる)

続きを読む "大きな揺れだったが震度は「えっ?!」だった"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年9月15日

『遠藤ヶ滝不動尊』秋の祭礼

きょうは、我が村内にある福島県の県民の森、そこに祀られている「遠藤ヶ滝不動尊」の秋の祭礼(春と秋の祭礼がある)最終日なので、家族とお参りに行ってきました。
http://www.vill.otama.fukushima.jp/leisure/endou/endou.html

駐車場は、不動尊への参道ギリギリまでで、あとは林道です。

Img_2529

Img_2530_2

不動尊境内までの林道両脇には、寄贈された村内外および県内外の人々の名が書かれた奉納の小幟が立てられています。

続きを読む "『遠藤ヶ滝不動尊』秋の祭礼"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年9月14日

二十四の瞳』と『ゴジラ

きょうの日付の出来事を見ていましたら、いまからちょうど60年前の昭和29年(1954)9月14日に木下惠介監督・脚本、主演は高峰秀子さんという映画が封切られた日でした。

その映画が松竹大製作の『二十四の瞳』(にじゅうしの ひとみ)です。

この後もテレビ(香川京子さん主演など)や映画(田中裕子さん主演など)で何度も再製作されることになる、名作ですね。

昭和初期、田舎に赴任した大石先生への女であるが故の偏見の目、その大人たちの偏見にもかかわらず、純真に大石先生を慕う子供たちの姿は感動したものです。

そしてこの時代背景になったころの日本は第二次世界大戦を突き進んでいくころで、女性教師と生徒たちがその戦争によって負うことになる苦難と悲劇、戦争の悲壮さとそこに生きた庶民を描いた先駆けとなった作品でしょう。

この後に作られた太平洋戦争がらみの作品には、今でもどことなく「二十四の瞳」に影響された場面が入っている気がするのは、気のせいでしょうか?

そして同じ年の11月には福島県須賀川市出身の円谷監督製作で、原爆実験や放射能への痛烈な抗議や危険性が込められた「ゴジラ」が封切られました。

昭和29年に封切られたこの名作映画に込められた「戦争反対」「核反対」という監督の思い、今現在の社会にどのくらい反映されているのでしょうか?

続きを読む "二十四の瞳』と『ゴジラ"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2014年9月7日 - 2014年9月13日 | トップページ | 2014年9月21日 - 2014年9月27日 »