« 2014年9月14日 - 2014年9月20日 | トップページ | 2014年9月28日 - 2014年10月4日 »

2014年9月21日 - 2014年9月27日の7件の記事

2014年9月27日

御嶽山の大噴火。型式の防災訓練

本日は「大玉村村・県北地方防災訓練」の実施日で、私の携帯には災害エリアメールが届き、9時過ぎにはサイレンが防災無線によって吹鳴(すいめい)されました。

訓練想定

“ 大型で非常に強い台風の影響で大雨となり土砂災害の危険度が高まっている中、平成26年9月27日(土)午前8時頃、安達太良山付近を震源とする直下型地震が発生、大玉村では震度6強と発表された。
 村内の各地域では、土砂災害、建物の倒壊や火災により、多数の負傷者が発生しており、さらに、電話、電気、水道及びガスのライフラインの施設にもかなり被害が出ている模様である。
大玉村ではただちに地域防災計画に基づき、役場に災害対策本部を設置し、避難誘導、救出、消火活動の応急対策を開始した。”

参加したのは、村内の6つの区域と消防団など村内全ての団体に、警察、自衛隊、気象台、NTT、東北電力、石油とガスの協会、そして村内に避難する富岡町自治会とその消防団というそうそうたるものになりました。

私に関しては、その訓練参加外の区域でしたので見聞と言うことになりましたが、その感想としては以前に県庁の訓練の時に思ったことと同じ疑問が残る感想となりました。

続きを読む "御嶽山の大噴火。型式の防災訓練"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年9月26日

送り彼岸と‘クリ・ギンナン飯’

きょうは大安で彼岸最終日、私の地域では『送り彼岸』という言い方をしますが、全国的には何と言うのでしょうかね?やはり「彼岸明け・開け」でしょうね。

Photoそういうことで、わが家の今朝のご飯は『栗・銀杏ご飯』とあいなりました。

栗は、近所の方からもらったデカい栗です。

銀杏は、昨年秋に収穫したわが家のです。

『天高く馬肥ゆる秋』の言葉どおり、食欲が増すこの季節に、またまた食欲をさらに倍増させるご飯、おかず無しでも食べられます。

今朝一番に仏壇にお供えしましたが、わが家のご先祖たちもみな大好物で、喜んでくれたことでしょう。

暑さ寒さも彼岸まで、明日からは一気に季節が変化していくのでしょうか?

わたしの‘秋の花粉症’が収まり始めたのも、季節変化の証しかもしれません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年9月25日

バラバラ殺人事件

神戸で行方不明だった少女は悲しい結末となりましたが、同時に犯人もすぐ捕らえれられたことはちょっと驚きでした。

こう言う遺体をバラバラにする事件といのは記録を見ると決して少なくないことに気づきます。そのなかでも筋目となった事件があります。

▲記録として残る日本で最初に起きた‘遺体切断’殺人事件とは?

◆初めて「バラバラ殺人事件」という呼称が付けられ定着することになった事件とは?

  • 昭和7年(1932)3月、旧東京府南葛飾郡寺島町(現在の東京都墨田区)で発覚した『玉の井バラバラ殺人事件
  • 同事件を「東京朝日新聞」が「バラバラ殺人事件」と記載したことが全国に広まる

時効を迎え「未解決事件」となってしまった「バラバラ殺人事件」とは?

  • 平成6年(1994)4月23日、東京で起こった「井の頭公園バラバラ殺人事件
  • 平成21年(2009)年4月23日午前0時、公訴時効が成立した。
     

続きを読む "バラバラ殺人事件"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年9月24日

閏 月

今のカレンダーには旧暦の日付入りのはほとんど見なくなりましたが、今日から旧暦ではやっと9月に入りました。

ところで、旧暦の9月1日はきょう(9月24日)ですが、その旧暦の9月の最後の日は何月何日だかお判りでしょうか?

今年の旧暦の9月の最後の日は『11月21日(金)』になっています。ここで、計算が早い人は「あれ変だ」と思ったはずです。

  • 24日(旧暦の9月1日) ~ 1121日(旧暦の9月29日

そうなんです。旧暦の今年の9月が約60日もなっているのがお分かりでしょう。

実は、旧暦では今年は『閏年』になっていまして、1ヶ月多いため1年が‘13ヶ月’あるのです。その多くなった月が今年は9月で、普通に9月が30日で終えた後に閏月9月がもう一度続くのです。

旧暦では1年の日数は約355日になりますので、4年に一度約30日ほど不足するためこういう閏月で、天体の計算を合わせているのです。

西暦とは違いますが、昔の学者たちの天体観測の正確さと、高度な計算技術は、西洋の学者たちにも勝るとも劣らないもので、なんだか誇らしく嬉しいです。

特に江戸時代の算術学者たち、恐るべしです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年9月23日

日本の常識は、外国では驚き

台風がまた接近しているようですが、こう言う災害が来ると列車などが運休したりするものです。
そしてときには、通行ができなくなった列車に何時間も缶詰になる場合があるものです。

今月の初めごろ、中国の上海空港で激しい雷雨のために旅客機が離陸できず、約7時間もの長時間、乗客が機内に缶詰めにされるということがあったそうです。

その旅客機の乗客のほとんどが日本人だったのですが、その日本人乗客の態度を見てCA(客室乗務員)は驚いてしまったといのです。

  • 日本人乗客たちは長時間待たせられても誰も苦情を言ったり、騒いだりしなかった
  • 日本人乗客は水やパンなど必要なものは自分で取りに来て、飲み終わったコップなどはまた自分で返しに来た
  • さらに、日本人乗客はCAにお辞儀してお礼まで口にした

あまりの礼儀正しい姿に驚いたCAは、思わず「ありがとう、みなさん。おつかれさま」とコメントしたというのです。

騒いでも、離陸しないのなら「騒ぐだけ損だ。無駄だ」という考え方は日本では一般的ですが、中国人には驚愕の行動と映ったようです。

このことが、ネット上に公開されると中国国内からは賛否両論のコメントが出されました。

続きを読む "日本の常識は、外国では驚き"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年9月22日

「リニア新幹線」は“イナズマ号”?!

ついに、完結に近づいてきた感じの「リニア中央新幹線」ですね。

JR東海によると完成すれば↓所要時間が

  • 最高時速500キロで走行
  • 東京・品川~名古屋間を最速で40分(2027年予定)
  • 東京・品川~大阪 を最速67分(2045年予定)

と言うことになるようです。
そしてその通過路線にも次のような特徴があります

  • 品川~名古屋間の約286キロのうち約90%を地下化され、
    都市部では深さ40メートル以上の「大深度地下」を走行。
    山岳部では南アルプスを約25キロのトンネルが貫く。
    地上に出る部分もほとんどが防音フードで覆われる。
  • つまりほとんど明るい空の下を走ることは無い路線設定

これは、「騒音・振動対策」が主と言うことになっていますが、事実上は用地買収取得においての地権者や関係団体とのトラブル回避、手続き簡略化だったようです。

さてここで出て来る「約1時間(40~67分)」と「地下走行」というようなキーワードを、頭に入れて次の内容を読んでみてください。

続きを読む "「リニア新幹線」は“イナズマ号”?!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月21日

墓参りの代行業

代行業と言って最初に頭に浮かぶのは「運転代行」でしょうね。でも、代行業は今多種多様になっています。

今は秋の彼岸中ですが、なんとその彼岸に付き物の「墓参」も代行する業者がいます。
それを知ってわたしは「墓参りまで他人に頼むのは変だろう」と思いましたが、墓参の代行を依頼する方々の理由を見て、ちょっとその考えを改めてしまいました。

<墓参代行を依頼する人の主な理由>

  1. ご高齢や、病気などで身体が不自由になり、墓参に行けない。
  2. 結婚を機に、墓地があるところから遠く離れた地域に住んでしまい行けなくなってしまった。
  3. 仕事が忙しくて、どうしても行きたいときに休みが取れない
  4. 何とか墓参はできるが、墓石を綺麗にすることや、墓地の除草などにゆっくり時間をかけたり、こまめにすることが困難。

何らかの理由で、行きたくても行けない人と言うのは少なくないですし、お盆・彼岸・命日などのように墓参日に一定の制限がかかった場合、行きたくてもどうしようもない時に代行という手段は、業者に言わせれば「その思いは故人にも伝わる」という話をしています。

理由を聞けば、それを頭から否定し「世知辛い世の中」とすることもできない気がします。
最近は葬儀もしない人が増えていると聞いていますし、供養のやり方も大きく変わっていくのかもしれません。

私の周りではまだ墓参代行を利用したという話は聞いたことはありませんが、これからは聞こえてくる予感がします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年9月14日 - 2014年9月20日 | トップページ | 2014年9月28日 - 2014年10月4日 »