« 2014年1月12日 - 2014年1月18日 | トップページ | 2014年1月26日 - 2014年2月1日 »

2014年1月19日 - 2014年1月25日の7件の記事

2014年1月25日

USAが大好きな・・・“内政干渉”

昨日か今朝の新聞に掲載されたので知っている人も多いかもしれませんが、23日にアメリカの新聞社ウォール・ストリート・ジャーナルがWEBニュースで報道した記事はなんとも日本人の気分を害する内容でした。

それは安倍首相の靖国参拝後にアメリカ政府が日本側との会談をワシントンと東京で行ったさいのことで・・・

「安倍晋三首相が靖国神社参拝を繰り返さない保証を、アメリカ政府が日本政府に非公式に求めている」

・・・というようなもので、内容は複数の米政府当局者の話からのものだと伝えています。

もっと具体的にすると

  • 近隣諸国をいら立たせるさらなる言動を安倍総理は控えること
  • 日米韓の連携を阻害している日韓関係の改善に向けて日本政府は韓国に働きかけること
  • 従軍慰安婦問題に関して日本政府は対処すること
  • 過去の侵略と植民地支配に対する「おわび」を再確認する検討をすること

上記のことについてアメリカ政府は‘非公式’に安倍総理に対し要望と促進をしたというのです。

アメリカ国務省のハーフ副報道官は23日の記者会見で、(同紙の報道について)「事実かどうか分からない」と述べたようですが、「火の無いところに煙は立たない」のたっとえも有りますし、アメリカ政府ですからね、それに近いことは間違いなく言っているとしか考えられません。

他国への内政干渉が大好き(干渉されるのは世界一嫌い)なアメリカですから、わたしは間違いなく日韓の内情をよく知らないまま要求して来てると思いますね。

まんまと韓国朴槿恵大統領の‘OOの一つ覚え’のような「慰安婦・反日外交」に乗せられたアメリカ政府と言う気がして、腹が立ちます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月24日

「ふじさん」 VS ‘ふじやま’

富士山に行くコースは静岡県側と山梨県側とがありますが、その内の山梨県側に列車を利用していく場合、最も近くポピュラーなのは山梨県富士吉田市の「富士山駅(ふじさん えき)」を利用することだそうです。

その駅、わたしには耳慣れない駅名だと思いましたら、そこは元は「富士吉田駅(ふじよしだ えき)」だったところで、平成23年(2011)7月1日に富士山(ふじさん)にちなんで改名されたところだったのです。
「富士吉田駅」なら、なんども報道されますし知っていました。

その改名も影響があるのか?外国の方がこの駅を探すため検索すると、打ち込む文字は「ふじやま」と入力するのが常なので出て来る駅は群馬県桐生市桐生町にある上毛電鉄の駅、「富士山下駅(ふじやました えき)」になってしまうのだそうです。

さらに紛らわしいことがあります。

そこの駅の近く(徒歩で数分らしい)には駅名の由来ともなった標高約160メートルと低い山で、「富士山(ふじやま)」という同じなの山がちゃんと存在するのです。

この山は名も同じですが、富士山とは無縁では無く、富士山の噴火を鎮めるために立てられている浅間神社が同じく祀られ、烏帽子岩(えぼしいわ)、小御嶽石尊大権現(おみたけせきそんだいごんげん)など富士山を小さくしたような信仰の場所になっているから面白いのです。

続きを読む "「ふじさん」 VS ‘ふじやま’"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月23日

なんとなく・・・似たような境遇

ウクライナといえば、まだ独立せずロシアの地区だった時代にあの臨界事故を起しヨーロッパなどにも放射能汚染を広げたチェルノブイリ原子力発電所があるところですね

その後、激しいロシアの抵抗もしのいで独立し、高放射能のため封鎖管理された原子力発電所は、今ではウクライナの有名な観光地となっています。

そのウクライナでは今、ヤヌコビッチ大統領に対しEU加盟などを求める反政権デモが激しくなっていて、参加者2人が政府治安部隊によって銃撃されて死亡したという報道まで出る騒ぎになっています(野党勢力は警官隊が銃撃したと主張したが、警察当局は否定している)。

これは広大な食糧現地帯であるウクライナをどうしてもロシア側に付けたいプーチン大統領が、ウクライナに対し莫大な援助や優遇処置を示したため、ウクライナ政府側がEU加盟よりロシアとの共存を優先し始めたことに対し「せっかく独立したのに、またロシアに戻るのか?」と言う国民感情が爆発したもののようです。

独立したと言っても、ウクライナはいまだにガスなどをロシアから供給されていて、実質上の“植民地”のようになっていること自体が国民にとって腹立たしいわけですから、デモが起こるのは必然でしょう。

福島県も、東京を中心とする首都圏の電力と人材などの供給をして、その代わりに経済を支えてもらっている、言い換えれば“東京の植民地”みたいなものです。

なんとなく、似ている気がします。沖縄もそうですね

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年1月22日

特輸隊のパイロット

日本は憲法9条があるため、自衛隊は国外に出ることはできませんが、湾岸戦争のときからそれは拡大解釈され、国外にも条件付きで出ることが多くなりましたが、それでも自衛隊が国外に出ることは難しいことは誰でもが知っていることです。

ところが、同じ自衛隊でも国内で反対活動どころか全く論争も起きずに外国に行っている隊が存在します。その隊の名を「特輸隊」といい、航空自衛隊の隊員になります。当然パイロットも自衛隊員なのです。

この特輸隊の任務は総理や天皇陛下ら外国に行くときに乗る「政府専用機(日本国政府専用機)」の保管整備と操縦になっています。
ですから、専用機に使われている「ボーイング747-400」は形こそアーミーカラーになっていませんが、航空自衛隊機と同じ‘敵味方機識別装置’など一部共通する装備が設置されているそうです。

ところで、チャーター便でもそうですが、政府機が外国に行ったときに機首に国旗が掲げられているのを見ることがありますが、誰が立てているかしっているでしょうか

実は、着陸して機がある程度安定したころに、パイロットが操縦席からヨジヨジと機首に出て、人力で掲げているんだそうです。
出る場所は機種にもよりますが、窓の横や天井に設けられた‘天測用ハッチ(非常脱出ハッチ)’から機外にでてやるそうです。

最も進んだ技術の塊の飛行機なのに、なんともアナログな行動だと思いませんか?

そんな旗掲げをする面白いパイロットの様子、一度見てみたいものです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月21日

調子悪い朝、だったら

朝、起きたときに次のような症状を感じたことは有るでしょうか?

  • ぐっすり眠た感じがせず、気持ちよく目覚めじゃない
  • 腰のあたりに痛みがある
  • 起き上がろうとすると背中に痛みや硬くなった感じがある
  • 生活に支障は無いレベルだがなんとなく頭が重いとか頭痛がある
  • 首に痛み、肩にコリを感じる

これらの症状が有る人で「私は、寝返りはほとんどうたない。寝相がとても良い方だ」と思っている人は、普通の人より極端に寝返りが少ない証拠だそうです。

普段人は、一晩のうちにどんなに寝相がよくても約20~30回程度の寝返りをうつと言われているそうです。

寝姿勢を変えることができずに眠っていると、体の同じ部分に体重の負荷がかかり続け、力を抜くことが出来ずにいる状態になり、寝ているのにリラックスしていないわけです。

当然ですが、それがつづけば病気になることは間違いないですが、要因は複雑で治療は難しいそうです。

寝返りって大切なことは首や腰を痛めて動けなくなった人は、必ず体験することだと思います。

人の無意識の動きには‘貧乏揺すり’を始めとして、全て理由があるんですよね。我慢することは無いということでしょうね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月20日

結 果

昨日の日曜日は、いろいろな‘結果’が出た日でしたね。

全国ニューですと、名護市長選んでい米軍基地移設受け入れ反対を示した現職が当選しました。
結果的には石破幹事長が打ち出した500億円の基金創設発言が「札束でほほを叩かれた」と名護市民の多くが思った結果になったと思います。石破幹事長の大失態でしょうかね。

わが福島県では南相馬市長選が行われ、あの大震災で最も全国放送にゲスト出演した現職の桜井市長が当選しました。
他の候補より10歳上の若いと言うことも、これから長く続く復旧復興への期待が多かったのでしょう。

なんともうれしかったのは、全国都道府県男子駅伝で福島県が6位入賞(4年ぶり)を飾ったことです(福島県の過去最高位は準優勝

それも、もう少しで3位以内のメダル会得可能なタイムだったことも嬉しい結果でした。

選手も、実業団の中距離日本一になった富士通の星選手、箱根駅伝優勝東洋大メンバーの今井選手、全国中学3000メートル優勝者の遠藤選手、などすごいメンバーが揃いました。
ただ、箱根を走って間もない今井選手、ニューイヤー駅伝を走って間もない星選手は疲れが残っていたようです。

両選手は、入賞に喜びを感じていなかったようですが、でもズーッとトップに近い位置にいて、テレビに福島県と名とゼッケン「7番」が映し出されていたことを、どれだけ多くの福島県民が喜んでいたか、選手たちは知ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日

のど自慢の日

昭和21年(1946)のきょう、NHKが「のど自慢」という番組を始めた日だそうです。当時は「のどじまん素人音楽会」という名称だったそうですが、その日を記念して1月19日は「のど自慢の日」となったそうです。

そして、それから24年後の昭和45年(1970)1月19日に日本的な許可が国から出されました。
それは学校において‘米飯’給食が認められた日なのです。

今、学校給食のパンにウイルスが有ったことで多くの子供たちに被害が出て問題になっていますが、それは日本人の感覚では焼いているパンの方が米飯より安全だと考えられていたのかもしれませんね。

米飯給食、また見直されるのでしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年1月12日 - 2014年1月18日 | トップページ | 2014年1月26日 - 2014年2月1日 »