« それでも“別”の企業 | トップページ | デルガード »

2015年2月22日

富裕層

テレビでは中国人富裕層の「爆買い」が話題になっていますが、その富裕層と言うのは中国国内における割合はたった3%に過ぎないそうですね。
ただ、たった3%でも、その人数は3000万人にもなりますので、買う金額も莫大になるようです。

さて、日本国内では「富裕層」というのはどのくらいいるのでしょう?そして、富裕層の定義とはどうなるのでしょう?

昨年野村総合研究所というところが、日本の富裕層に関する推計結果を発表しました。
同総研では、純金融資産:預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命・年金保険などを加味した【純金融資産保有額】(保有資産の合計額から負債を差し引いた値)に基づき5つのカテゴリーに分類しています。

<【純金融資産保有額】に基づく5つのカテゴリー>

  1. 超富裕層      5億円以上
  2. 富裕層       1億円以上5億円未満
  3. 準富裕層      5,000万円以上1億円未満
  4. アーッパーマス層 3,000万円以上5,000万円未満
  5. マス層        3,000万円未満

上記のカテゴリーがそれです。

そして、それを日本国内の全世帯別に当てはめるとその割合は次のようなものです。

 <カテゴリー別の分布状況>(全国⇒約5200万世帯) 

  1. 超富裕層         5.4万世帯(   0.1%) 
  2. 富裕層         95.3万世帯(    1.8%) 
  3. 準富裕層     315.2万世帯(   6.0%) 
  4. アッパーマス層  651.7万世帯( 12.4%) 
  5. マス層        4182.7万世帯(79.7%)

つまり、同総研の考え方から言えば日本国内の富裕層世帯は『100.7万世帯』ということで、その割合は全世帯の内の『1.9%』に過ぎないことになります。

そしてその富裕層の純金融資産総額は『約241兆円』となるようです。

日本の国の借金総額は現在約1006.9兆円ですから、その借金額の約4分の1近くの資産を1.9%の富裕層だけで保有していることになります。

驚きの金額で、想像もつきません。

ただ、どうでしょう?
ここのカテゴリでは約80%と最も多い「マス層」に該当する私にとっては、3000万円以上の「アッパーマス層」だって富裕層にしか思えません。

つまり、日本とは全世帯の約80%にあたる約4190万世帯の家庭が毎日の暮らしに四苦八苦して暮らしている国家だということです。

そんな日本が、はたして中国のことを上から目線でものが言えるのでしょうか?

|

« それでも“別”の企業 | トップページ | デルガード »

コメント

なんだか呆れてしまいました…わずか何パーセントの人々の為にと言うことは、下手するとフランス革命の時の貴族と民衆のような状態なのでしょうかねぇ?despair

投稿: | 2015年2月22日 18:04

富は集まる!
ですかな?

投稿: もうぞう | 2015年2月22日 19:06

こんばんわ。
中国人の「爆買い」、ニュースで見ました。
それにしても、良くこんなに買い物をしますね。w(゚o゚)w
それだけに、「富裕層」の数字が大きいのが、分かりますね。

投稿: H.K | 2015年2月22日 21:11

空さんへpencil

何百年経っても、その割合は変わらないものなのでしょう


もうぞうさんへpencil

お金は、寂しがり屋なんだそうですからね。多いところに行くようです。


H.Kさんへpencil

その通りですね。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年2月23日 08:39

中国の人の爆買いはテレビで見ました。
中国の人の富裕層は3%だそうですが、3000万人も
いるのですねー。
日本の富裕層は、1.9%で100.7万世帯で、日本全世帯の
約80%の約4190万世帯が日々の暮らしに四苦八苦して
いる。
この%と数字に驚きました。
日本は中国のことを上から目線では言えないですね。

投稿: 浜辺の月 | 2015年2月27日 09:35

浜辺の月さんへpencil

これが現実ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年2月27日 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/61176537

この記事へのトラックバック一覧です: 富裕層:

« それでも“別”の企業 | トップページ | デルガード »