« 霜の朝、クリニックへ | トップページ | 5-5-7 »

2015年4月11日

ネットバンク“解約”

警察庁の調査でインターネットバンキングの不正送金事件に関する被害は29億円にも上っていることが発表されました

金融機関側も「ワンタイムパスポート」といって、パスワードを盗まれても1分くらい後には使用不能になるもの発行し対策を講じていますが・・・
 新たに判明した「マン・イン・ザ・ブラウザー」と呼ばれるウイルスが現れ被害を激増させているそうです。

今までのウイルスは暗証番号を不正に盗み、犯人が銀行へアクセスし預金を引き出すもので、これに対抗して「ワンタイムパスポート」が開発された経緯がありました。

ところが、新種のウイルスは銀行へアクセスることなく、利用者が偽のサイトにログインし(送金用の)暗証番号を入力した途端に不正送金されてしまうもので、「ワンタイムパスポート」に対抗したウイルスになっているそうです。

つまり、「ワンタイムパスポート」はもう対策手段として使えないのです。

これはもう、ネットバンクの解約しかないと思いますので、わたしは近いうちに解約しに行うと思います。

|

« 霜の朝、クリニックへ | トップページ | 5-5-7 »

コメント

ネットバンキング、普通にそんなウィルスがなければ
とても便利なシステムですが、そんなウィルスが
横行しているようでは使えませんね。
残念です。
不正送金など自分のお金でないものをあたかも
自分のもののように使ったり送ったり・・・・・、
自分で自分の分は真面目に働いて稼いで貯めて
使うということをしないのは日本人じゃないし、
人間じゃないですね。

投稿: 浜辺の月 | 2015年4月11日 19:04

浜辺の月さんへpencil

まったく困った問題です。警察は本格的にウイルス駆除を始めたそうですが、もっと頻繁にやってもらいたいものです

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月11日 19:12

なんと、トークンを追加したばかりなのに。
でもま~確率的には、宝くじの1等に当たる程度?

投稿: もうぞう | 2015年4月11日 19:17

インターネットの世界では、もはや安全などというものは存在しないのかも知れませんね。犯罪者が先手を打って、それを防御する方は完全に後手後手ですからね。ネットバンク“解約”が一番安全で確かな方法かもしれませんね。

投稿: koji | 2015年4月11日 20:39

もうぞうさんへpencil

ネットバンク利用者数からの確率は、とうてい宝くじの確率のような低さではないようですよ


kojiさんへpencil

そう考えていたほうが、良いのでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年4月12日 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/61421364

この記事へのトラックバック一覧です: ネットバンク“解約”:

« 霜の朝、クリニックへ | トップページ | 5-5-7 »