« 国民性が、こんなところに | トップページ | 本能寺で死ぬ筈だった人物 »

2015年8月30日

サンダーバード

国際救助隊「サンダーバード」といったら、今現在50歳以上の男性には懐かしく、わくわくして観ていたころを思い出すテレビ番組でしょう。
http://www.tbjapan.com/

もちろん、わたしも大好きで視ていましたし、‘サンダーバード2号’のプラモを買ってもらった時の嬉しさは今でも忘れません(coldsweats01)。

そのリメイク版が昨日の8月29日(土)夜10時からNHK総合で放送されました。もちろん、興味津々で私は視ました。
http://www9.nhk.or.jp/anime/tag/

タイトルは「サンダーバードARE GO」に変り、国際救助隊の名は「インターナショナル・レスキュー」に変り、この組織は元作では謎の場所と人々だったのですが、リメイク版では国際政府と連携するものとなっていました。

元作は2065年ごろと言う設定だったようですが、リメイク版は「2060年」と確定され、通信方法などは新しくなっていました。

とお馴染みの登場人物と1~3号独特の乗り物はCGになりましたが、その他は元作と同じくてず手作り模型を使用し、とてもリアルに感じました。

いずれにしても、リメイク版も新キャラクターも加わり最高に面白かったです。

ちょっとだけですが、リメイク版の動画が↓のHPで視られます
http://thunderbirds-are-go.jp/

|

« 国民性が、こんなところに | トップページ | 本能寺で死ぬ筈だった人物 »

コメント

こんばんわ。
「サンダーバード」は、初期時代は、見た事がありますね。
けど、最新版は、まだ見ていませんね。coldsweats01

投稿: H.K | 2015年8月30日 22:15

私も見ましたが、印象は薄いです。
フィギア自体と動きが好きになれなかったようです。

投稿: もうぞう | 2015年8月31日 05:24

H.Kさんへpencil

こんど視てください


もうぞうさんへpencil

時々、フィギアの手が人の手になって動くのが話題でした

投稿: 玉井人ひろた | 2015年8月31日 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/62185358

この記事へのトラックバック一覧です: サンダーバード:

« 国民性が、こんなところに | トップページ | 本能寺で死ぬ筈だった人物 »