« 沖縄に‘東京の警察官’を動員 | トップページ | つるしがき »

2015年11月12日

日本人の考え方と‘ジーコ’

私が好きなJリーグチームは、リーグが始まったときから「鹿島アントラーズ」です。そして、そのチームに延々と引き継がれている「アントラーズ・スピリット」とは、このチームの創世の主となったブラジルのジーコ選手、「ジーコ・スピリット」です。

今でも、サポーターたちはホームスタジアムに「ジーコ魂」の大幕を掲げます。

その後日本代表監督を務めたジーコ氏、今はインドで指導を行っているそうですが、今回FIFAの会長選に立候補しようとしたようなのです。

立候補には、世界の5つの協会から推薦を受ける必要があり、ジーコ氏は当然日本の協会にも‘メール’を送ったそうです。
ところが、「推薦する。推薦できない」など返答どころか、日本からは何の返事ももらえなかったようです。

結局、推薦の数に達せず立候補は断念したのですが、それよりジーコ氏は日本のサッカー協会から何も返答が無かったこと自体が悲しかったそうです。

しかし、これはジーコ氏が悪いと思います。

日本には特に協会役員などお偉いさんたちには「大事な要件は書面にてやるもの。メールは非礼だ」という考えが今でも根強いはずです。返答が無かった最大の要因はこれでしょう。

日本にけっこう長くいたのですが、こういう慣習を知らなかったからでしょうね。

|

« 沖縄に‘東京の警察官’を動員 | トップページ | つるしがき »

コメント

それでも日本の態度は失礼ではないですか?
メールが本物かどこか確認してから無視するならともかく、無礼だと思いますangrypout

投稿: 空 | 2015年11月14日 15:58

空さんへpencil

たぶん、誰が対応するのかが困ったのかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2015年11月14日 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/62664234

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の考え方と‘ジーコ’:

« 沖縄に‘東京の警察官’を動員 | トップページ | つるしがき »