« 投票日から2日目の朝・・「なんだそのオチは?」 | トップページ | 乾きものにカビ »

2015年11月18日

OOの手柄話は後から創られる

昔から、英雄や有名人の伝説的話は後から創作されることが本当に多いですが、それは現役の政治家にも言えるらしいのです。

今年9月に行われた新聞社のインタビューでの『福田康夫 元総理』(小泉政権下で‘内閣官房長官’および‘男女共同参画担当大臣’を、年金不払いが発覚し辞任した)が小泉総理政権下で行われた北朝鮮拉致被害者の一時帰国時の回想録の話しです。

>「安倍晋三官房副長官」と「古川 貞二郎官房副長官」の両名が『5人を戻さない』との方針を掲げた文書を持ってきた。
5人の意向を確認するように指示すると翌日、『確認を取った、帰らなくてもよいということでした』と報告してきた」

このことによって、今の安倍総理は北朝鮮に返そうとするのを体を張って止めたとされているようです。

ところが、
拉致被害者の蓮池 薫さんの兄で家族会の元役員だった蓮池 透さんに言わせると全く違う内容のようです。

蓮沼 透氏の談>

 安倍さんの手柄というのは全然違います。

実際に弟を引き留めたのは、私です。親だって、2週間の滞在期間まであと何日ってカレンダー見ていました。
訪ねてくる友人も腫れものに触るようで「戻るな」とは言わなかった。
(政府も含め)みんなが2週間で戻るのは決まったことだと思っていました。

そんな中、帰国しないことを持ちかけたのが私で、最終的に弟が(日本に留まることを)決めたのです。

そして、「我々は戻りません」という思いを中山恭子内閣官房参与(当時)に伝えました。
それを受けて、中山さんや安倍さんが福田さんや田中均アジア大洋州局長(同)らが話し合いを持ち、最終的に戻らないことになったのです。

つまり、小泉総理ら政府側は北朝鮮との約束を守り、拉致被害者を帰そうとしていたのですが、蓮池 透氏に説得された被害者らが「私たちは北朝鮮へは戻りません」と言われ、福田官房長官や安倍不官房長らが慌てて対策を講じた問うのが真相だったのです。

呆れた話です。

蓮池 透さんは言います。

こんな(福田元総理の)話を聞くと、ますます、安倍首相は本気で拉致問題の解決に取り組む気があるのかと疑わしく思えてきます。
拉致担当相はクルクル代わるし、安倍総理は我々を単に‘政治利用’としているとしか思えません

今回の内閣改造でも、重要課題(TPPや経済問題など)を担当する大臣は「留任」となりましたが、その他の沖縄問題、震災・原発問題、拉致問題を担当する大臣はアッサリ交代になりました。

つまり、沖縄問題も、拉致問題も、そして震災・原発問題も安倍政権にとって‘最優先重要課題ではない’という証しですから、蓮池さんが指摘するのは当然です。

それでも、支持率が下がらないのは・・・謎です。

どういう裏ワザがあるのでしょう?

|

« 投票日から2日目の朝・・「なんだそのオチは?」 | トップページ | 乾きものにカビ »

コメント

そのあたりは横田お父さんも知っているようですよ。
最近は、政府や政治利用を承知の上の、支える会や家族会などと距離を置いているように見えます。

投稿: ましま | 2015年11月18日 18:39

ましまさんへpencil

報道記事では、もっと踏み込んだ言い方をしていますが、会としては言えないのを代弁したようです

投稿: 玉井人ひろた | 2015年11月18日 19:05

どこにでも居ますけどね、何でも自分の手柄にしたい御仁は?
でも、少なくとも自分達の代表がそんなだと興醒めですよね(-_-#)

投稿: 空 | 2015年11月18日 19:24

空さんへpencil

福田氏も辞任したことなど無かったような感じですし、政治家とはそうなんでしょうかね?

投稿: 玉井人ひろた | 2015年11月19日 08:18

署名運動を今でも時々やっていますね。
風化させないために、ご署名をお願いします。
世論だけがたよりです。
などと。
一応世論も大事ですが、それより政府のやる気。
これがすべてだと思いますね。
まったくだらしがないです。

投稿: もうぞう | 2015年11月19日 19:05

もうぞうさんへpencil

「対策します」と‘言うだけなら誰にでもできる’と言われちゃいますよね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年11月19日 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/62701784

この記事へのトラックバック一覧です: OOの手柄話は後から創られる:

« 投票日から2日目の朝・・「なんだそのオチは?」 | トップページ | 乾きものにカビ »