« 野生動物の‘楽園化’?! | トップページ | 霜月廿壱日 »

2015年12月30日

わが家の‘しめ縄’

昨日にしめ縄を飾り、本日は餅を供えました。これで新年を迎える準備は完了と言うところでしょう。
ところで、「しめ縄」の‘しめ’の漢字には「標縄」、「注連縄」、「七五三縄」、「締め縄」など複数が有るのでここでは平仮名にしてみました。

さて、昔からわが家ではしめ縄には2種類があります

Img_2770

Img_2769

この2種類です

以前から、このわが家のしめ縄について疑問に思っていたことがあります

右側の上部が輪になるしめ縄は、こちらではよく見かけるものですし全国的には東日本に多い「輪注連」の変形だと思いますが、問題は左側にあるしめ縄なんです。

亡き祖父や父が、冬になると、この難しい作りかたのを作るのを見てきました。出来栄えは祖父のが最高でした。

これって、どこにでもあるものかと思っていたのですが、気が付いたら我が家だけだったのです。
私は作れないので買ってくるんですが、これを売っているのは近隣では会津に本社があるスーパーの「リオンドール」のみです。

ですから、「献台」と言う名称のものだということを知ったのも、殆ど最近のことなのです。

この型のはわが家の菩提寺でも本堂の出入り口に掲げられます。そのこも数年前に知りました。

この型のルーツ、意味や由来、ネットでどんなに検索してもヒットしないのです。これはいったいなんなのでしょう?。

Nns5002
右のフォトのは関西地方でよく見られる「ごぼう注連」というものだそうですが、形状は我が家の「献台」に非常に似ていますよね。

もしかしてこれが、基になったものなのでしょうかね?

どこかに、情報は無いものなのでしょうかね。ちなみにお隣の郡山市の一部地域でも「献台」を使用することが今年解りました。

しかし、それ以上のことは不明で、気になってしょうがない私です。

|

« 野生動物の‘楽園化’?! | トップページ | 霜月廿壱日 »

コメント

献台とは、何かの動物を模ったようにも思いますね。
最近ではいろんな形のが売っていますね。
クリスマスリースかと見間違うものまであります。
いやむしろ共通で利用できてお得?

投稿: もうぞう | 2015年12月30日 19:05

もうぞうさんへpencil

ほんとうにクリスマス飾りのような物が増えました。地域の伝統はもう気にしないようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年12月30日 19:23

わが家ではいつも七五三のしめ縄でした。そういえば、自家用車のフロントグリルからしめ飾りが消えたのはいつごろだったんでしょうかね。
“玉井人ひろたさん”には今年もためになる話題を提供していただきありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。

投稿: koji | 2015年12月31日 16:42

kojiさんへpencil

自動車の注連飾り、消えましたね。私は、私は元々ボディーなどに傷がつくのでやっていませんでしたのであまり気にしてはいなかったです。
こちらこそ、良いお年をお迎えください。そしてまた来年もブログにお邪魔いたします

投稿: 玉井人ひろた | 2015年12月31日 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/62968458

この記事へのトラックバック一覧です: わが家の‘しめ縄’:

« 野生動物の‘楽園化’?! | トップページ | 霜月廿壱日 »