« 日本初の‘児童福祉法’ | トップページ | ‘テイクアウト’は加工食品?! »

2015年12月 9日 (水)

「三国一」の 3か国とは?

時代劇好きの、私はとある劇中の台詞で老武士が、息子の嫁に対し「お前は三国一の嫁じゃ・・・」というのがあったのです。

「三国一(さんごくいち)」というのは、時代劇ではそれほど珍しい言葉じゃないですし、その意味も知っている私ですが、ふと思ったのです。

「三国」とは、どこの国をいうのだろう・・・と。そして調べたら、ここで言う三国とは次の三つだったのです。

    1. 日本(やまと・ひのもと)⇒日本
    2. 唐土(もろこし・とうど) ⇒中華人民共和国と朝鮮半島の一部
    3. 天竺(てんじく)     ⇒インド

わたしは、今まで国内のなかの三つの地域かと思っていましたが、なるほど、これは広大です。

この3か国での1番と言うのですから、褒め言葉としてはものすごいものですね。

この言葉は、室町時代(戦国時代の始まりとされるころ)に大流行し現在に至った言葉だそうですが、果たして誰が最初に使ったのでしょうかね?

そして、現代ならどの国が三国にあたるでしょうかね?

|

« 日本初の‘児童福祉法’ | トップページ | ‘テイクアウト’は加工食品?! »

コメント

なるほど!納得です今の言葉にしたら「世界一」ぐらいの感覚でしょうか?

投稿: | 2015年12月 9日 (水) 17:56

空さんへ

でしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年12月 9日 (水) 18:00

しかしま~大袈裟な言い方ですね。
当然容姿だけでは無いと想像しますが。

投稿: もうぞう | 2015年12月 9日 (水) 19:17

もうぞうさんへ

褒め言葉とは、大なり小なり大げさなものではないでしょうか

投稿: 玉井人ひろた | 2015年12月10日 (木) 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「三国一」の 3か国とは?:

« 日本初の‘児童福祉法’ | トップページ | ‘テイクアウト’は加工食品?! »