« 「三国一」の 3か国とは? | トップページ | 野坂昭如 という男の死 »

2015年12月10日

‘テイクアウト’は加工食品?!

10%に消費税を上げるに至って、公約だった食品の軽減税率導入は、あの麻生財務大臣の「面倒くさい」という怠慢発言から、もめにもめて「外食」と「酒類」を除き加工食品も対象となることが公明党の考えを受け入れるという形で決着したようです。

公明党の面目躍如といったところでしょう。

ところが、またまた問題が出ているようです。

加工食品もやっと対象から外れたと思ったら、ファストフード店ではおなじみとなった「お持ち帰り、つまりテイクアウトに関して問題が発生したのですです

つまり、同じ物でも店内で食べるのは‘外食’で(10%)、テイクアウトは‘加工食品’(8%)に分類されるため税率が違うことになる可能性が出てきたというのです。

こうなると、最近はコンビニでも店内で食べられるようになっているところも有りますが、店内なら消費税10%で、駐車場の車の中で食べたら8%に変化でしょうか?

なんだかな~・・ですよね。

私の感覚では、コンビニやスーパーではなくファストフード店のは全部‘外食’だと思いますが、違うんですかね?

麻生大臣じゃないですが、面倒くさ!

|

« 「三国一」の 3か国とは? | トップページ | 野坂昭如 という男の死 »

コメント

そんな庶民的なものをネチネチと意地悪姑みたいに攻めないで、もっと金持ちのでっかいものとかから取れよ!と言いたいなぁ!

投稿: | 2015年12月10日 19:07

軽減税率には反対です。
問題が多すぎます。
このような問題は、これからどんどん出てくるでしょう。

投稿: もうぞう | 2015年12月10日 19:23

空さんへpencil

今回の場合は、どれの税金率を抑えるかと言う議論ですから、難しいのでしょう


もうぞうさんへpencil

出てくるんでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2015年12月10日 19:32

そうですよね。この軽減税率、ほんと曲者。
「税制大綱」によれば、2011年の消費税5パーセント
の時、法人実効税率は39・54%、消費税8%
に上がった時は34・62%、 2016年度29・97%、18年度には29・74%と
引き下げる。
軽減税率で、加工食品をいれるかどうかなんて
こんな大本をすだれの中にとじこめるまやかし。
税収がのびない、というのであれば内部留保をたんまり
ためこんでいるこれらのところから
とりこんでほしい。来年消費税10%になったら、
非正規社員の暮らし、年金生活者のくらし、格差は
ますます大きくなるばかり。

投稿: あね | 2015年12月11日 15:27

あねさんへpencil

>大本をすだれの中にとじこめるまやかし

まさしく、名言です。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年12月11日 15:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/62843755

この記事へのトラックバック一覧です: ‘テイクアウト’は加工食品?!:

« 「三国一」の 3か国とは? | トップページ | 野坂昭如 という男の死 »