« やっとお正月気分 | トップページ | わが家の‘しめ縄’ »

2015年12月29日

野生動物の‘楽園化’?!

29日東京電力は、21日(月)の午前5時50分ごろ、廃炉作業が進む福島第1原子力発電所の建屋1階にある原子炉に通じる配管前をうろつく、体調約1.3メートルほどのキツネをカメラによって撮影されたことが発表しました。

キツネは、震災で被災して開いた原子炉建屋の隙間などから入ってきたとみられ、東電は「動物が侵入しないよう可能な限り隙間をふさぎたい」としていることも表明しています。

キツネがうろついていた時間は約10分ほどということで、けっこう長い時間いたことになります。

この現場は毎時10~200ミリシーベルトと高い放射線量が確認されているところで、作業員は防護服着用でも30分ほどしか滞在は可能ではないことが法律で定められているところですが、野生動物は平気なようです。

以前も記事にしましたが、あのチェルノブイリ原発とその周辺は高放射能のため人が入らないため野生の動物が繁殖し、動物の楽園になっています。

福島原発周辺も、“野生動物の楽園”になりつつあるのかもしれませんね。

余談ですが、福島第1原発で働く東京電力の社員などの中に、安全性が高まったとして昨年あたりから事務職に(若い)女性社員の姿をみることが珍しくなくなったそうですが、報道はされていませんね。

|

« やっとお正月気分 | トップページ | わが家の‘しめ縄’ »

コメント

今晩は~
福島原発周辺、安全性が高まった?
信じがたいですね~若い女性が働いていいのでしょうか??

投稿: マコ | 2015年12月29日 20:41

マコさんへpencil

良くなったようですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2015年12月30日 08:31

放射能より社風が若い女性向きではない。キツネ向きです。

投稿: ましま | 2015年12月30日 09:49

ましまさんへpencil

そこまでは「女性蔑視」と言う方がおられましょうから言い難いですが、現場を知らない我々とは大きな意識の差があるようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年12月30日 16:27

若い女性には、「核仕事」ならぬ「隠し事」や「虚飾=うそ」は禁物です。heart02

投稿: ましま | 2015年12月30日 19:59

ましまさんへpencil

happy01)うまいですね
あと、言い足しますが、女性達は廃炉作業の現場にはおりません。居るのは免震施設と言うところで全く普通に事務職だけです。

投稿: 玉井人ひろた | 2015年12月30日 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/62961955

この記事へのトラックバック一覧です: 野生動物の‘楽園化’?!:

« やっとお正月気分 | トップページ | わが家の‘しめ縄’ »