« 2015年7月5日 - 2015年7月11日 | トップページ | 2015年7月19日 - 2015年7月25日 »

2015年7月12日 - 2015年7月18日の7件の記事

2015年7月18日

‘3日増’の夏休み

福島県内の公立小中学校、そして高校の夏休みが始まるのはほぼ同一に7月21日からと定められていますが、今年平成27年度の場合はきょう18日からとなりました。

これは終業式になるはずの前日20日が祝日(海の日)、そのまた前日の19日は日曜日、そして18日は土曜日ということで学校が休業日、そのため自動的に一学期終業式は17日(金)となったからです。

ということで、結果として18~20日までの3日間が夏休みに追加された形になってしまいました

夏休みが3日も増えるんですからね 児童や生徒たちが喜んだ顔、想像がつきますhappy01

夏休みと言えば、特に小学校の場合は「宿題」が付き物でしょう。宿題は「前半終了派」と「後半ギリギリ派」、そして「毎日行うコツコツ派」に大別されると思いますね

私の場合は「嫌なもの、気になるのは先に終えたい。お盆(8月15日)ごろにはそれを考えずのんびりしたい」という考え方でしたので「前半タイプ」でした。
ちなみに妹は「ギリッギリタイプ」で、毎回母親が怒り騒いでいましたcoldsweats01

余談ですが、夏休みの終了日については、8月23(日)まで、24日(月)まで、25日(火)まで、などに学校の諸般の事情によって別れています。他県もそうなんですかね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年7月17日

野党の‘凡ミス’か?

7月16日(金)の衆院本会議での安全保障関連法案の採決は、賛成議員に起立を求める方式が採られたことは、テレビで視て知っていましたが、その採決方法には‘与党のうまい思惑’と、‘野党の凡ミス’があったことをその日のニュース記事で知りました。

今回のような重大かつ大型法案の採決には、各議員が賛否を示す木札を壇上で投じる記名投票となるケースが多く、国会中継で野党による「牛歩戦術」などが過去に行われたのを記憶する人は多いと思います。

ところが、今回は異例ともいえる起立採決だったわけです。それを採用した与党側の理由は簡単に想像できます。

  • 記名投票では賛否が議事録に残るが、起立採決の場合、議事録には「起立多数」と記されるだけで、議員一人ひとりの投票行動は記録されない

つまり、与党として安保関連法案に賛成しなくてはならないが、違憲や反対の声が圧倒する世論の手前
選挙になったら不利になるので、個人としては賛成した証拠を残したくない。」
という思惑がありありです。

野党は「採決前の退席」しか頭に無く、そのことに気づかず‘記名方式を求めなかった’という凡ミスを犯したのです。

野合、烏合の衆とも言われる野党ですが、各野党の国会対策担当は何をしていたのでしょうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年7月16日

民主主義と多数決

きょうはあれこれと言わずに、一部の人々や政治家などによって『日本が戦後にアメリカから押し付けられた』とも言われる「民主主義」について、その当のアメリカ大使館がホームページ紹介している「民主主義」に説いたサイトの序文のところを紹介したいと思います。

『多数決の原理と少数派の権利』 

 一見すると、多数決の原理と、個人および少数派の権利の擁護とは、矛盾するように思えるかもしれない。
しかし実際には、この二つの原則は、われわれ(USA)
の言う民主主義政府の基盤そのものを支える一対の柱なのである。 

  • 多数決の原理は、政府を組織し、公共の課題に関する決断を下すための手段であり、抑圧への道ではない
    ひとりよがりで作った集団が他を抑圧する権利がないのと同様に、民主主義国においてさえも、多数派が、少数派や個人の基本的な権利と自由を取り上げることがあってはならない。

    ・・・以下略・・・

アメリカは、上記のような民主主義を日本に教えたらしく、わたしも中学の時に社会科の先生に同じように習った気がしますが、少し違って覚えてしまった方々も少なくなったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月15日

豪雨レーダー

晴天がにわかに曇り、雷鳴がとどろき始めたと思っていたら・・・・本日の午後2:30ごろバケツをひっくり返したような雷雨となりました。

落雷があったらしく、村内の一部と隣接する本宮市の一部では停電が発生しました。

凄い雨でした。

落雷の可能性が高かったのでパソコンは使用しませんでしたが、最近の気象協会のサイトには「豪雨レーダー」というサービスサイトが設けられ、これがなかなか面白く、その画面を見ると降雨の予想が素人にも解るんです。

http://www.tenki.jp/map/
↑がURLですが、自分の自宅近くを中心に雨雲の位置が確認できるところが特に面白く、それを知ってからトップページにリンクしてよく見るようになりました。

きょうのも、見たかったです。

続きを読む "豪雨レーダー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月14日

お盆前の“ひとさわぎ”

14日のきょう、福島県内のあちこちで今年最高や観測史上最高の気温(39℃以上)を記録する猛暑日になりました。
その暑さの中、お盆前に行われる4年に1度の村議会選挙の前哨戦がちらほらと動き出しました。

村内の主な選挙といえば村長選挙と議会議員選挙があり、村長選については長い間無投票が続いています。

議員選挙については何度か定数が変更(減)され12人に改められましたが、その新定数で臨んだ初めての前回選挙は「無投票」となってしまいました。
私が記憶する限りで村議会選挙での無投票は初めてであり、あるいみ前代未聞の珍事だったと思います。

あの珍事から4年めの今年、投票日8月9日の議会選挙が行われるのでしょうか?12人で無投票なら、さらに減数も考えた方がいいようにも思えます。

いずれにしても、告示まで1ヶ月を切り候補者やその家族などの知り合いや遠縁をたどる前哨戦(実質の選挙活動)はいつものように始まりました。

「遠くの親戚より、近くの他人」という言葉が有りますが、選挙に関しては『遠くの親戚も、近くの他人も、誰もかも』という小さな縁が大きくなりますね。とくに小さな村の場合、ほとんどの候補者に何らかの縁があり、厄介な話です。

ところで今年はあちこちで選挙ですが、衆議院選挙からその結果にある現象が起こっています。
「共産党」の躍進です。

それは福島県内の議会選挙も例外ではなく、隣接する本宮市議選、福島市議選でも共産党新人・現職が当選しています。

この現象はにはどんな意味が込められてのことでしょうかね?よく考えてみたい気がします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年7月13日

40℃越え

きょうの気温、(珍しいことではないが)福島市では40℃越え、そして会津若松市でも37℃越えの暑い一日でした。

悪いことに、午後からは風も無くなり湿度が上がるとと言う最悪の状態になりました。

たぶん、台風のせいなのでしょうがわが家でもジットリとまつわりつくような暑さでした。

梅雨の期間内の暑さの特徴かもしれませんが、なかなか厳しい気温でしたね。

私は、Tシャツをきょうは3枚交換しましたが、これからもこんな日が続くのでしょうね。

しっかり食べて、ちゃんと寝て対処したいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年7月12日

安倍総理への最大の疑問

安保関連法案の是非については、1000歩譲ったとしても解らない点が一つあります。

安倍総理を始め改憲を叫ぶ人々は、その理由についてだいたい次のように言います。

  1. 現在の日本国憲法の草案は、昭和21年(1946)2月3日~12日までの、わずか9日間で、GHQがまとめたもの。
    その際、GHQには憲法学者も国際法に通じた専門家も加わっていなかった。
  2. 憲法が制定されて60年が経ち、新しい価値観、課題に対応できていない
  3. 憲法は国の基本法であり、(GHQに作らされたものではなく)日本人自らの手で書き上げたものが本来である。
    https://www.s-abe.or.jp/consutitution_policy

これは極論として言えば「現行日本国憲法は、アメリカに作らされたものだからダメだ」と言うことでしょう。

それならば、なぜ・・・?

  • 「安保関連法案」は、アメリカありき(主導的)の法案なのか?
  • 法案成立の日時まで国内議論より前に、アメリカ議会の演説で約束してきたのか?

この全く相反するとしか思えないところが、わたしにとって最も理解できない安倍総理(政権)の考え方です。

続きを読む "安倍総理への最大の疑問"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年7月5日 - 2015年7月11日 | トップページ | 2015年7月19日 - 2015年7月25日 »