« 2015年9月13日 - 2015年9月19日 | トップページ | 2015年9月27日 - 2015年10月3日 »

2015年9月20日 - 2015年9月26日の7件の記事

2015年9月26日

無くなりつつある‘徴兵制度’

先の安保法案問題でクローズアップされたことに、日本が戦前までに行っていた強制された「徴兵制度」がありますよね。

知っての通り日本は新憲法が発令されると共にその制度は廃止されましたが、私の常識としては憲法9条を持つ日本以外の国家では今でもその制度が行われているんだろう、と思っていました。

ところが、改めて見てみましたら「徴兵制度の廃止」は世界的に進んでいて、ヨーロッパ圏でも徴兵制度があるのは5か国のみ、安倍政権が協力の対象としているアメリカもベトナム戦争後に廃止されていることを知って驚きました。

日本周辺のアジアでも徴兵制度があるのは韓国、北朝鮮、ベトナムくらいしかなく、あの中国でも無い状態、台湾は4年以内で廃止予定なんだそうです。

徴兵制廃止が進む理由は・・

  1. 近代兵器は2~3年の徴兵では使いこなせない(各国共通
  2. 徴兵された兵力は、戦意がなく役に立たない(ベトナム戦争でそれを経験した事でアメリカでは徴兵制が廃止になった
  3. 徴兵されたものが武器の扱いを覚え、社会に戻ったときに凶悪犯罪を起す場合が増える。(アメリカ国内で問題になっった事実
  4. 家族を徴兵に出すことに反対する国民が人が多い(各国共通

等の理由があるようです。

この世界の傾向を視れば、安倍総理が言う「徴兵などあり得ません」と言うことに関しては、信じてもいいようですね(たぶん)。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2015年9月25日

おもしろかった(?)総理の演説

昨日でしたか、総理の演説が有ったのは?

おもしろかったです。特に「三本の矢」が面白かった

安倍内閣は政策として「三本の矢を放ちます」といいましたので、どんなことだろうと興味津々で待っていました。

そしたら、パネルまで用意して説明したのは、従来から政権が行っていたことを三本の矢という表現方法に変えただけでしたね。

ガックリと、力が抜けてしまいました。興ざめとはこういうのを言うんだと思います

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年9月24日

ミスター・カトウ

先週のことですが、『幸せの教室』という映画をBSで視ました。米国タイトルは主演のトム・ハンクスが演じる冴えない中年男性の役名の『Larry Crowne』になっているそうですが、共演はジュリア・ロバーツということで、私でも知っている名優二人と、若い大学生たちのコメディ・ドラマ映画で、なんともほのぼのとした面白い映画でした。(ハンクスは監督のほか、共同製作、共同脚本も兼任)

アメリカ映画界では各種部門を受賞し有名な映画だったようですが、公開が2011年7月1日なので、日本では東日本大震災の最中でその年は公開されなかったようです。

日本では翌年の2012年5月11日公開されたようですが、これまた震災の方が大変であまりヒットしなかったんでしょうね。

ストーリーは若い時からの軍隊生活で学歴がなく、そのためにリストラされ職を失い妻も失い借金だけが残った50過ぎの中年男性が大学に入学し、若い同級生や講師と触れて人生を変えていくというものですが、その大学で偏屈で厳しい老講師役を視て、その懐かしい顔に驚いたのです。

「あ!‘ミスター・カトウ’だ」と、直ぐに判りました。

50代以上の人はたぶん知っていると思いますが、「ワープ」や「転送」の言葉が流行ったSF映画『スタートレック』、それに出てくる宇宙船「エンタープライズ」の乗組員で主にメカニックを担当していた東洋人「ミスター・カトウ」ですよ。
http://www.startrek-dvd.jp/tos/archives/cast/index.html

劇中で、「スタートレックマニア」の黒人大学生が出てきますが、講師役のジュリア・ロバーツが「スターウォーズ」と勘違いし、その大学生が「スタートレックとスターウォーズの違いから説明しますか?」と言う場面も出てきたのも面白かったです。

続きを読む "ミスター・カトウ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日

ジュネーブでの訴えで安倍政権の・・・

沖縄県の翁長知事がスイス・ジュネーブで行われている国連人権理事会で「普天間基地の名護市辺野古への移設反対は沖縄県民の民意であり、あらゆる手段で止める覚悟だ」と、米軍基地を抱える沖縄の現状と思いを訴えたニュースは、大きく報道されました。

しかしながら、ほぼ同日に国連北朝鮮調査委員会のマイケル・カービー元委員長が司会役を務めた、北朝鮮による日本人拉致被害問題などを取り上げた会がありましたことは、なぜか報道が少ない気がします。

同理事会では人権状況に関する報告書をまとめた、同国の人権問題に関する国連のダルスマン特別報告者(インドネシア)や、政治犯収容所の実態を記した「北朝鮮 隠された収容所」の著者デビッド・ホーク氏らもパネリストとして出席、そして家族会からは飯塚耕一郎さんと横田拓也さんがパネリストとしてスピーチを行ったそうです。

そこで、飯塚耕一郎さんがスピーチを終了した直後に、その場にいた北朝鮮代表が

他人のことに口出すな・・・

等々、暴言を吐いたそうです。それに対し司会のカービー氏や他の国から強い非難が起ったことは当然でしょう。

「国連人権理事会」は3月、日本政府と欧州連合(EU)が提出した北朝鮮の人権侵害を非難する決議案をすでに採択していますが、日本対北朝鮮の外交交渉はどうでしょう?

日本国民は忘れているかもしれませんが、北朝鮮は今年の5~6月までに拉致者の捜索結果を発表すると約束したのに、9月になった未だに何もありません。

それに対する安倍政権の動きは、これまた全く見えません。

報道が少ないのは、安倍総理の外交の負(無策)を報道されたくないのでしょう?と勘繰りたくなります。

続きを読む "ジュネーブでの訴えで安倍政権の・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月22日

日本対台湾のゲームにはOOの垂れ幕

サッカーを始め、近年は国際試合が沢山放送されるようになりました。今は、史上最大の番狂わせだと大騒ぎされているラグビーワールドカップ(フットボールワールドカップ)において、南アフリカを破った日本チームが話題です。

そこに出ている‘レジェンド大野選手’は福島県郡山市出身選手で、福島県内でも大変な話題です。

こう言う国際試合にはしばしば政治的メッセージの垂れ幕やプラカードが問題になりますが、そう言う場合マスメディアは無視したり、テレビに映らないように気を使いますので、一般の我々が目にすることは無いか極稀なのが一般的でね。

試合そのもの報道も無かったですが、先月の8月29日(土)に台湾の新北市でウィリアム・ジョーンズカップという名の「日本対台湾」のバスケットボール国際試合が行われたそうです。

その試合会場で、次のようなメッセージが書かれた垂れ幕が張られていたそうです。

続きを読む "日本対台湾のゲームにはOOの垂れ幕"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月21日

二日酔いを防ぐ「ハイチオールC」

酒を飲む人のほとんどが経験する、二日酔いや悪心・悪酔い、それまでして飲まないでもいいじゃないかとお思いの方もかなりいるでしょうが、これらは飲んでいるときは何でもなくても後から酷くなることが多いわけでして、防げないときがあるわけです。

それを防ごうとしたり、治そうとしてウコン入りOOとか、いろいろ試している人も多いのが日本人でしょう。

なぜなら、日本人には元々飲酒によって悪酔いを引き起こす原因のアセトアルデヒド分解する酵素が無い人や、分泌が非常に少ない人が多いからなのです。必然でしょう。

その日本人が少ないとされる酵素の分泌や働きを促進する効果がある成分として有名な成分に「Lシステイン」があります。

これは女性ならよく知る人が多い、美容やアンチエイジングに良いことで知られる栄養素で、商品には肌をきれいにするとされる「ハイチオールC」の主成分なのです。

私は知らなかったのですが、「ハイチオールC」は二日酔いに効くとして、以前から有名だったんだそうです。

聞くところによると、飲酒する前に(2錠)飲んでおくと酔わないらしので、酔いを楽しみたい人は飲酒後の方がいいらしいとか・・・

そんなに効果があるのかと半信半疑ではありますが、いつか試してみたいと思って、実は買い置きしてしまった私です(coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月20日

こころない・・・無惨だ

彼岸の入り、多くの人が墓参をする姿が有りました。我が家の前に私が植えた彼岸花もちょうどいい具合に咲きそろいました。

ところが・・・

Img_2727

Img_2728

続きを読む "こころない・・・無惨だ"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2015年9月13日 - 2015年9月19日 | トップページ | 2015年9月27日 - 2015年10月3日 »