« 2015年1月11日 - 2015年1月17日 | トップページ | 2015年1月25日 - 2015年1月31日 »

2015年1月18日 - 2015年1月24日の7件の記事

2015年1月24日

110円台

原油価格の下落のおかげで、わが家の周辺のほとんどのガソリンスタンドでは、レギュラーガソリン価格が120円台(125~129円)になりました。

WEBランキングでは、福島県内で最安値価格は「115円」(いわき市)になっていました。ちょっと驚きです。

そして、冬場にはありがたいことです。願わくば、もう少し下がって、それが持続してもらいたいものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年1月23日

『ジハーディスト』

今、世界中で「イスラム過激派」のテロ行為や人質を取っての‘身代金要求’の行為に非難が上がっています。

しかし、「イスラム過激派」という言い方で、テロリストたちを呼び、報道でその呼び方を繰り返すことはイスラム教徒、そしてイスラム教という宗教そのものを「テロリスト集団」だというイメージにしてしまうことによって、平和を好む穏健な一般イスラム信者までが、世界中から差別され始めていることも事実です。

フランスでモスクが襲撃される事件が相次いでいることは、ニュースで紹介されよく知られたことです。

そこで、「イスラム過激派という言い方を廃止し『ジハーディスト』と呼ぶべき」と、提唱する人がいます。
それは、「一般財団法人日本エネルギー経済研究所」の研究理事を務め、中東に精通する『保坂修司氏』です。
このことは、NHKの「ニュースウォッチ9」のMCを務める「大越健介氏」が番組のブログで紹介しているものですが、わたしはとても良い呼称だと思いましたので、使われればいいと思いますね。

ところで、長い間この番組の顔である「大越健介氏」が4月から番組を“下される”らしいのです。

その理由が「大越氏」が番組内で安倍政権の原発再稼働の方針に反対するコメントしていることに、官邸からNHKになんらかの圧力がかかったからだというのです。

この噂、本当なら恐ろしい話しです

続きを読む "『ジハーディスト』"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月22日

バーチャル・ゲームではない

イスラム国による日本人ジャーナリスト人質問題は、各メディアで放送され政府も対応に追われているようですね。

ただ、「風が吹いていない」とか「背景が合成だ」とか、どうでもいいことを優先させるマスメディアの放送の仕方はどうなのでしょうか?

画像がどうあれ、日本人が拘束され人質されている事実は変わらないわけですから意味がないと思います。

それとも、マスメディアはこの人命がかかった人質問題をテレビゲームの世界ようなバーチャルの世界にしたいのでしょうか?または、そうあってほしいという願望の表れなんでしょうか?

いずれにしても、それを視た多くの人がどう感じることでしょう?

もっと報道の仕方を日本のマスメディア各社は考えるべきだとわたしは思います。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2015年1月21日

触 毛

「触手」とは、虫などの口付近にあり、捕食や危険などいろいろな感知をつかさどるセンサーとして、よく知られるものです。

それと同じように、ネコの口の長い髭も同じような働きを持つことはよく知られるところです。猫は闇夜でもこの髭で自分が通れる幅を感知して動いています。

これは「触毛(しょくもう)」というんだそうで、ヒゲの根元には神経細胞が集中し、物の動きから空気の流れまでも敏感に捉えることが可能なんだそうです。

でも、そういうことって猫を飼っている人のほとんどが知っていることだと思います。

わたしが今回知って驚いたのは、ネコには口の周辺だけじゃなく、脚、胴、頭などを始め体全に一定の割合で生えているということなのです。

のんびり寝ていても、突然ピクッと動き出すのはこれが反応していたんでしょうね。

今まで、犬やネコを飼ってきました。特に猫は私が生まれる前から家で飼われていますが、知らないことって多いものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月20日

あの人が他界

1984年ロサンゼルスオリンピック、1988年ソウルオリンピックの柔道95キロ超級で連続金メダルに輝き、現在は全日本柔道連盟の強化委員長である、あの斉藤仁(さいとう・ひとし)氏がきょう20日午前2時56分に大阪府東大阪市の東大阪市立総合病院で亡くなったというニュースには、驚かされました。

斉藤氏は、青森県出身のまだ54歳という若さでの死、死因は「肝内胆管がん」だったそうですが、現役時代の活躍をリアルタイムで見ていた私には、ただただ驚きでした。

きょうは、朝刊で元プロ野球選手でドラゴンズの主砲でホームラン王にもなったことが有る台湾出身の大豊泰昭氏が骨髄性白血病のため51歳の若さで亡くなった記事でも驚いていた朝でした。

あとで知ったのですが、大豊氏は現役引退後に壮絶な人生を送っていたんですね。

続きを読む "あの人が他界"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月19日

三 冠

スポーツ競技を中心に、主要大会や部門タイトルを3つ取得すると新聞やマスコミは「三冠達成」と、その偉業を称える記事を書きたてますように「三冠」とは単に複数優勝するより日本国内では特別な意味合いを持つ気がします。

違いますでしょうか?

「三冠」は、時に「三冠王」というように、何と言っても国民栄誉賞第一号でもあるプロ野球界での『王貞治氏』(読売巨人軍)の「三冠王」(打者部門の首位打者、打点、ホームラン)達成でしょう。
たしか、このときに「三冠」という言葉が全国に広がったと思います。それほど困難ですごい偉業でした。

そして、2年連続「三冠王」という大記録を出した『落合博光氏』(当時はロッテオリオンズ)も私の記憶にはしっかりと残っている人物です。

ただ、プロ野球には「首位打者、打点、ホームラン、盗塁」の夢の4部門を達成する前人未到の『四冠王』という奇跡のタイトルが存在します。

今まで、惜しい人はいました。昨年までソフトバンク監督で元西武ライオンズの「秋山 幸二氏」や、元広島カープ監督と選手だった「山本浩二氏」らは、ほんとうにもう一歩だった人です(三冠は達成)。

三冠はプロ野球界だけじゃありません。

昨年はJリーグの「ガンバ大阪」が「Jリーグチャンピオン」・「ナビスコカップ(Jリーグカップ)チャンピオン」・「天皇杯優勝」の三冠を達成しました。
これは、鹿島アントラースが達成して以来、2チームめの偉業でした。

続きを読む "三 冠"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月18日

民は岡田

民主党の新しい代表に「岡田 克也氏(1953年(昭和28年)7月14日生まれ )」が選出されましたね。

ハッキリ言って・・・「ガッカリ」です。

岡田氏と言う人物はなかなかの人物だということは聞いていますが、「改新」というイメージは全く無く、新制民主党と言う展望がほとんど考えられないのも事実でしょう。

落選した細野氏がどういう立場の役職に就くか?野党再編はこれからどうなるのか?

なんとも心配な野党第一党です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2015年1月11日 - 2015年1月17日 | トップページ | 2015年1月25日 - 2015年1月31日 »