« 2015年9月27日 - 2015年10月3日 | トップページ | 2015年10月11日 - 2015年10月17日 »

2015年10月4日 - 2015年10月10日の7件の記事

2015年10月10日

KARATE

東京オリンピックに追加される可能性が出始めた「空手」、「柔道」と並んび世界中に知られた日本生まれの競技は無いと思いますので、そのルールや服装もよく知られているはずだと思っていました。

ところが、先日視ていたアメリカの人気刑事ドラマで主人公が捜査する場面に出てきたアメリカの空手道場のコーチを視て驚きました。

姿格好はさすがに役者です。ガタイの良いいかにも格闘技をやっていそうな俳優さんが、これまた使い込んだ空手着の有段者的な黒帯の格好で出てきたのですが・・・

道着の衿の合わせが‘左前’だったのです。それを見たとたん、「この俳優は空手をやっていない人」というのをイメージしてしまい、そこからは興ざめで視ることになってしまいました。

監督を始めドラマのスタッフの誰もそのことに気が付かなかったことは、やはりまだ空手は知名度がまだまだなのかと、ちょっとガッカリでした。

たぶん、そのドラマを視ていたアメリカの空手家たちも「オーマイゴット」と言ったんじゃないでしょうかね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月 9日

セアカゴケグモ発見?!

2013年、このブログで福島県内で初めてセアカゴケグモ(背赤後家蜘蛛)という毒蜘蛛が発見され、そのことを記事にしました。↓
http://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2013/09/post-f90b.html

ただ、それは他県に行った車に偶然乗ってきたということで繁殖したものではないということになりました。
実際、それ以降一度も福島県内では発見されていなかったので、今年も8月に東京都内で発見されたニュースがありましたが、あまり記憶に残りませんでした。

ところが、今日夕方の記事で福島県内で確認されたというようなニュースが流れ、やはり繁殖しているのかと一抹の不安が過ぎりました。

なんと言っても、死亡例がある毒虫ですからね。本当なら困ったことです。

続きを読む "セアカゴケグモ発見?!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年10月 8日

二十四節気(にじゅうし・せっき)

今朝の私の部屋の気温「12℃」、もっとも寒い部屋の寒暖計は「10℃」を指していました。そんなきょう、カレンダーの8日のところに「寒露(かんろ)」という記載がありました。

「寒露」とは「二十四節気の一つで、秋の長雨が終わって本格的な秋の始まりを示す」と説明に有りますが、気温が急激に下がり始まる晩夏から初秋にかけて、冷えた空気が露となって草葉に宿る情景を言葉にしたもののようです。

先週あたりから、まさにその通りの情景がわが家の周囲で起きています。

そして今が最も空の青さが綺麗な時期でもありまして、早朝は道路を走る車の走行音が異様に遠くから聞こえてくる現象も起きてきていますが、たぶんそんなことは都会ではないのでしょうね。(知りませんが)

ちなみに、日中の気温は30℃までいってしまいました。寒暖差約20℃は、体にこたえます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 7日

外国人が「君が代」斉唱すれば

日本代表が歴史的勝利によってラグビーがにわかに注目されていますね。それにともなって、にわかファンも増えています。

私の場合、「新日鉄釜石」や「神戸製鋼」が最強だったころからのファンですので、けっこう古いファンの一人かと思いますが、その私がまったく知らなかったことがありました。

現在の日本代表には、ニュージーランド出身で主将の『リーチ・マイケル』選手を始めとして、代表選手31人中10がニュージーランドやオーストラリアやトンガなどの海外出身者になっています。

驚いたのは、その外国人選手の内‘日本国籍’を取得しているのは半数の人だけ、あとの人は自国の国籍のまま日本代表として試合に出ていることです。

ラグビーも「フットボール」と言いますが、サッカーは日本代表なら日本の国籍が無いとだめなのでビックリ!でした。

続きを読む "外国人が「君が代」斉唱すれば"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 6日

一桁

タイトルの「一桁」とは、消費税とか等ののことではないのです。何が一桁かというと最近の‘最低気温’です。

ピンポイントの予想最低気温をみても、これからは二桁(10℃)を超える予想が見られなくなってきました。

ただ、青空広がる晴れの日には20℃以上と言う日がまだまだあって、その気温差は10℃以上です。
予報もそんな日々が続くという内容が出されているわけです。
ですから、日中は少し動いただけで汗ばむのですが、油断するとその汗ばんだシャツが冷たくなります。

紅葉には最高の気温差ですが、体調には最悪。

毎日、(花粉症も有り)時間帯によって喉や頭が痛くなる日々が頻発、体は怠いし、「さすけね」とは言ってますが本音としては体調に不安を覚える今日この頃です。

そういえば、昨年も、その前も同じことを思っていました(coldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月 5日

野球賭博

きょうの報道で、ジャイアンツの選手が野球賭博に関与していたとかというのが流れましたね。
大相撲賭博が、話題に上らなくなったのにこんどは野球ということはないでしょうけどね。

ただ、「野球賭博」ということば、ちょっと語弊があるでしょうが、わたしには懐かしい響きのことばでした。

ある程度の年代の方なら、過去にもなんどかあった野球賭博事件は記憶にあると思います。

プロ野球も有りましたが、最初に騒ぎになったのは高校野球の代名詞である全国甲子園大会の試合結果を予想する野球賭博でしたと思います。

あのときも、いろいろな業界人があとからあとから名前が挙がってきました。

今回のも、著名人が出て来るんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日

マルコ・ポーロが日本に来なかった理由

マルコ・ポーロとは、イタリア人の冒険家そして商人としてより、日本では『東方見聞録』という本によって「黄金の国、ジパング」を世界に知らしめたことで知られています。

ただ、当初は「家が黄金で出来ている」とあまりにも奇想天外の内容で、信じてはもらえなかったようです。

実際に日本には黄金で造られた家は無かったのですから、それも致し方ない話です。

だいたい、マルコ・ポーロは一度も日本へは来ていませんし、東方見聞録の内容は中国人などから聞いた‘噂’に近いものですから、まともに言葉も通じていたとも思えず、嘘つきだったということにはならないでしょうね。

マルコ・ポーロがなぜ日本に渡らなかったのか?ヨーロッパではその理由は知られているそうです。

理由は「東方見聞録」にあります。

日本(ジパング)の人々は偶像崇拝者であり、外見がよく、礼儀正しいが、日本では誘拐ビジネスが横行していて、しかも日本人には人“食いの習慣”がある

つまり「恐ろしくて行く気になれなかった」ということらしいのです。

こんな内容も紹介されていたなんて笑っちゃいますが、私たちの習った歴史の教科書には無かったですよね(?)

史実操作とは言いませんが、日本の文科省にも歴史のなかの都合の悪い事には蓋をする“習性”があるようですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2015年9月27日 - 2015年10月3日 | トップページ | 2015年10月11日 - 2015年10月17日 »