« 2015年10月4日 - 2015年10月10日 | トップページ | 2015年10月18日 - 2015年10月24日 »

2015年10月11日 - 2015年10月17日の7件の記事

2015年10月17日

「マイナンバー」には‘2つのカード’・・・その違い

ついにマイナンバー制度が動き出しました。早ければ今月末ごろからマイナンバーが記載された「通知カード」が入った簡易書留郵便が送られてくるはずです。(※大阪、名古屋や東京などの大都市圏は11月になる

その中には‘通知カード’とともに「個人番号カード」の取得申請書類も同封されているという話です。

ここで多くの人がこんなことを思っているのではないでしょうか?

「【通知カード】が届いたら、それを使って【マイナンバーカード】(個人番号カード)への申請手続きをしなければならない」

これは、大きな間違い、思い違いなのです。このように誤解している人は多いのではないでしょうか?

なにを隠そう、私がそう誤解していました。

‘マイナンバーカード’とは「通知カード」と「個人番号カード」という異なる内容の2週類のカードの総称ということのようです。

2種類のカードの違いは、主に次のようなものです。

続きを読む "「マイナンバー」には‘2つのカード’・・・その違い"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月16日

あの人が居れば・・・

プロ野球は楽天ゴールデンイーグルを応援しているわたくし、その楽天が今年最下位だったのに対し圧倒的強さでパリーグ優勝した福岡ソフトバンクホークス、そのホークスのベンチでいつも工藤新監督隣にいる投手コーチの姿を視るたびに「あの人が居れば・・・」と思ってしまう今年でした。

少し腹が出て監督に寄り添うように腕組みした、見慣れたその姿の人物こそ昨年まで楽天の投手コーチをやっていた『佐藤義則(さとう よしのり』投手コーチです。

2013年は星野監督と共に楽天を日本一にした人物というより、ヤンキースに行った田中将大投手を大投手に育てたコーチと言ったら解りやすいことでしょう。

昨年は星野監督の代行を務めましたが、途中からは(三木谷氏のお友達の)2軍監督だった大久保博元(おおくぼ ひろもと。芸名デーブおおくぼ)が急遽変えられてしまい。シーズン終了後には解雇されてしまいました。

有能なコーチを辞めさせ、大久保博元を監督にさせた東北楽天ゴールデンイーグルス会長兼球団オーナーの三木谷 浩史(みきたに ひろし)氏、ファンから猛反対が出たその人事の結果は、主力選手は怪我続出、そして2年連続の最下位となってしまいました。

野球は現場に任せておけばいいのに・・・『佐藤義則』投手コーチの姿を視るたびにその思いに駆られ、悔しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日

カスミソウ・・・昭和村

非常に小さな花を咲かせる「カスミソウ(ジプソフィラ)」(ナデシコ科カスミソウ属)という花は、晩夏~初秋の今頃までがちょうど開花の時期にあたります。

全国で販売されるカスミソウの70%は、福島県大沼郡昭和村から出荷されています。つまり、福島県はカスミソウの日本最大の生産地ということになります。
http://www.vill.showa.fukushima.jp/kasumiso.stm

ところが、今年そのカスミソウ、特に白カスミソウが不足しているというのです。

カスミソウの原産地は東ヨーロッパ~シベリアということで、暑さに弱い植物のため会津地方になる昭和村は生育に適していたことになりますが、こんどは寒すぎるとカスミソウは開花しないという特性も兼ね備えているのだそうです。

今年の昭和村は、生育の時期は30℃を越す猛暑が続き、開花の時期になった今は氷点下近くまで気温が下がってほとんどのカスミソウが開花していないのだそうです。

そのため出荷できなくなっているらしいのです。

カスミソウは生け花にはとても人気がある花でもあり、欲しい人には高額になってしまって困っていることでしょうし、これといった農産物が無い昭和村の栽培農家にとっては死活問題のようです。

今年の気温は、まだまだ影響を及ぼしそうで、わたしの親戚ではみな風邪をひいているとの連絡をもらっています。

気をつけねばと、あらためて思っている次第です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月14日

現在も誤解されている「日本」

「今でも日本人はちょん髷を結っている」など、これだけメディアが発展している現代でも海外の人々には誤解された日本の姿があることはテレビなので知っていましたが、その誤解の詳細を見ましたら驚いてしまいました。

  <海外で信じられている日本の誤解>

1.日本には忍者がいると思っていた。(27歳)

2.日本には今でもサムライが住んでいる。(27歳)

3.現在でもどこかの地域では帯に刀を差して歩いている。(28歳)

4.日本人はお礼をいうときに手を合わせ(合掌して)お辞儀する(27歳)

5.日本人が自殺する時に切腹する(24歳)

続きを読む "現在も誤解されている「日本」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月13日

「OOOと一般人」という言い方

きょうは新聞が休みなので、テレビやネットニュースを視るしかなかったのですが、なんとなく芸能記事を見たら↓

女優の釈由美子(37)が一般男性と結婚

・・・「釈由美子」さんが自身のブログで‘10月10日’にかねてから付き合っていた一般の男性と入籍したことを報告・・・

というような内容の記事が掲載されていました。

よくある報道の仕方ですが、“芸能人と一般人”という言い方、どうにも違和感を感じるわたしです。

今から10年ほど前のニュースです。

今上天皇陛下の御長女の「紀宮清子内親王(のりのみやさやこないしんのう)」様が平成16年(2004)に一般男性(地方公務員)の黒田 慶樹(くろだ よしき)さんと御婚約、平成17年(2005)に結婚されたことに伴い皇族籍を離れ一般人「黒田清子(くろだ さやこ)」さんになられましたました。

覚えていますよね。皇族と一般人の結婚発表の記事ですが、それとくらべるとまるで芸能人が皇族のような扱いで、それ以外は下々の人々という風に感じてしまうんですよね。

“芸能人と一般人”という言い方は間違ってはいませんが、「非芸能人」とか「関係者以外人物」というような言い方の方が、似合っている気がしますがね(・・)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月12日

あばれ山車

福島県、10月に入ると秋の祭礼が目白押しとなります。

特に‘旧二本松藩内’だった市町村の祭礼です。

まずは郡山市の安積国造神社の「秋の祭礼」から始まり、二本松市の「二本松提灯まつり」、大玉村玉井地区の「玉井神社祭礼」、そして福島市松川町の「提灯まつり」、二本松市針道の「あばれ山車」、本宮市の「安達太良神社祭礼」と続きます。

どれも勇壮ですが、もっとも荒々しいのが諏訪神社の例大祭で、400年以上の伝統を受け継ぐ「針道のあばれ山車」です。
http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/site/kankou/467.html

それは、角材だけの簡素な各若連の7台の山車に大型人形を載せ、その山車を激しくぶつけ合うもので、山車が壊れるのではないかというぶつかりの迫力は見物客から悲鳴が入り混じった歓声が沸き起こります。

この祭りは毎年「10月10日」(旧体育の日)に行われますが、今年は三連休の中日の11日に行われたようです
http://www.geocities.jp/harimichinoabaredashi/

なぜ、旧二本松藩に多いかと言うと理由があります。

初代二本松藩主となった「丹羽光重にわみつしげ)公」がこの地に就任した際に祭礼を奨励したことに由来します。

さて来週の23~25日は今月の最も遅い祭礼の本宮市「安達太良神社祭礼」です。天気が良いといいのですがね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月11日

どちらが悪しき歴史を利用しているのか?

今月4日からユネスコへの「記憶遺産」への登録を決める国際諮問委員会がアラブ首長国連邦のアブダビで開かれ、その結果、日本が申請していた京都府舞鶴市の戦後のシベリア抑留や旧満州などから引き揚げた人たちに関する資料と、京都の東寺に伝わっていた、「東寺百合文書」(国宝)が登録されることが決まりました。
参考>「記憶遺産」は、世界各地に伝わる重要な古文書や貴重な映像などを‘人類の財産として保護’しようとユネスコが登録するものである。)

このユネスコ登録では、今回日本の登録と同時に中国が申請していた旧日本軍による「南京大虐殺」の記録資料も登録が決定しました。

このことに対し10日、日本政府は旧日本軍による「南京大虐殺」の記憶遺産登録について「ユネスコの場をいたずらに政治利用すべきでない」と、「戦勝70周年記念事業」などと位置付けてユネスコ登録を目指した中国の政治的姿勢に対し、北京の日本大使館を通じ抗議をしました。

続きを読む "どちらが悪しき歴史を利用しているのか?"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2015年10月4日 - 2015年10月10日 | トップページ | 2015年10月18日 - 2015年10月24日 »