« 2015年10月25日 - 2015年10月31日 | トップページ | 2015年11月8日 - 2015年11月14日 »

2015年11月1日 - 2015年11月7日の7件の記事

2015年11月 7日

通知カードが届く

本日、ついにわが家にもマイナンバーの「通知カード」が届きました。

聞いてはいましたが、通知カードの薄さは驚きです。

さらにまいったのは、「丁寧に切り離してください」と記載があった切り取り用に付けられたミシン目はとても切り離しにくいもので、私はハサミを使って切り離してしまいました。

さて今回のマイナンバー制度は、この通知カードだけ持っていればそれだけで大丈夫な制度のですが、この薄っぺらの「通知カード」を見たら、やはりプラスチック製の「個人番号カード」に切り替える申請をしたくなるのもとても理解できます。

たぶん通知カードの薄さ、最初から切り替え申請を即すのが目的の、国の計略が働いていることは確かでしょうね。

ただ、それでもわが家では個人番号カード申請は申請期限も無いのでまだまだしないことにしています。
ですから早くても来年以降、もっとこのマイナンバー制度が拡充されてから個人番号カード申請を考えたいと思います。

あわてない、慌てない一休み・・・です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年11月 6日

明日は節分

あさってが立冬ということで、明日の11月7日の土曜日は節分です。

これで、暦上も完全に冬の季節と言うことになりますが、旧暦でもまだ9月ですし日中はまだ20℃を越す気温のため、まだそんな気にならない私です。

ただ、今朝も霜が降りていましたことを目の当たりにすると、やはり冬の到来を意識せざるを得ないのも確かです。

そして、長ったらしいテレビの特別番組のオンパレードが増えてきたのもまた冬の到来の知らせの一つなんでしょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 5日

初霜そして県議選告示

早朝、畑の日陰に霜が降りているのを今年初めて発見しました。放射冷却現象が起きたのでしょう、快晴の日になりました。

そんな快晴の日、福島県議会選挙が告示になりました。

ということで、きょうの朝刊には福島県内の市町村別有権者数の一覧表が掲載されていましたので、じっくりと全59市町村ごとの「男女別」というのを特に気にして視てみました。

予想した通りほとんどの市町村で女性有権者の方が男性の人数を上回っておりましたが、目を皿にして探してみたら男性の方が多い市町村が見つかりました。

その数は59市町村中のたった‘7町村’(1町、6村)でした。

続きを読む "初霜そして県議選告示"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月 4日

喪中の葉書

来年の新年のあいさつを欠礼するという「喪中葉書」が早くも届きました。

すでに郵便局では年賀はがきが発売されているので、それに合わせた届主の配慮が感じられる時期の葉書だと思います。

でも、11月になったばかりの今はまだ早い気がしますね。

一気に、年末の気分になったきょうでした。

さて、今年は何人から喪中葉書が届くのでしょうか?それにあわせて年賀はがきを買うのは、やはり12月ですね

 

「年の瀬を 喪中葉書で 知る季節」

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年11月 3日

原発事故、もう一つの弊害

東日本大震災の津波によって起こった東京電力福島第1原発事故、そのことによって避難し無人になった地域は野生動物の楽園になってしまうというかつてない弊害が起ってしまいました。

特にイノシシの急増はものすごい状態になっています。そこで、行政はイノシシを捕獲し処分しているのですが、その肉は放射能が高く販売が不可能なため焼却処分にするしかない状態です。

焼却は民間のペット火葬場で焼却するなど対応を行ってきたのですが、あまりにもその量が多く、既存の焼却場では間に合わなくなっているんだそうです。

そこで、相馬市と新地町でつくる相馬方部衛生組合は、同市で‘イノシシ用の焼却炉’の建設に着手したそうです。実稼働は2016年の4月を目指すことが11月2日に発表されました。

その焼却場はイノシシ(約60kg)を1日3頭処理できる能力を有し、バグフィルターで放射性物質の飛散を防止、排ガスが含む放射性物質濃度を定期的に測定、その結果は月に1度、市と町のホームページなどで公表するということです。

非常に興味深い試みだと思いますし、これは我が地域にも欲しいはずですから、そのうち見学に行くのかもしれません。行ってほしい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年11月 2日

MADE IN CHINA

工場で生産・製造され各国に流通する商品のうち、中国(中華人民共和国)で製造している「MADE IN CHINA」は全世界の約5分の1を占めるんだそうです。

<MADE IN CHINA トップ10>

  1. パソコン
    2億8620万台を生産し、世界全体の生産量の90.6%を占める。
  2. エアコン
    年間生産台数は1億台超、世界全体の生産量の80%以上を占める。
  3. 省エネ型電球
    年間生産数は43億個以上、世界全体の生産量の80%を占める。
  4. ソーラーパネル
    世界の80%を占める。合計出力は2180万キロワットに上る。
  5. 携帯電話
    年間生産台数は17億7000万台、世界の70.6%を占める。

  6. 年間生産数は127億足、世界の63%を占める。(世界の人口の一人当り約2足配れる計算)。
  7. セメント
    年間生産量は18億トンで、世界の約60%を占める。(生産過剰現象が起きている
  8. 豚 肉
    世界全体の約50%にあたる年間15億トンもの豚肉が中国で生産されている。
  9. 石 炭
    年間18億トンが生産され、世界全体の約50%を占める。
  10. 船 舶
    毎年生産される船舶の総排水量は7億6600万トンに上り、世界全体の生産量の45.1%を占める。

続きを読む "MADE IN CHINA"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月 1日

コンビニ強盗

11月1日の夕方、村の広報無線による「村内のセブンイレブンで強盗事件が発生しました。外出はご注意ください。」という役場からの放送内容は村民を驚かせました。

>1日午前2時ごろ、大玉村大山の「セブンイレブン大玉大山店」に包丁を持った男が押し入り、レジから現金およそ9万円近くを奪って逃走した。
地図→http://cvs-map.jp/spot/560920

事件当時、店内には女性の従業員がいたが、刃物を持った男性が入ってきたのに気付き、危険を感じた女性従業員が商品の準備をするふりをして店の奥に退避したところ、男がレジに近づき無言のままレジを開けて現金を奪うとそのまま静かに店の外へ歩いて逃げたという。

また、当時店舗には、女性の従業員のほかに店の裏側で棚卸しをしていた男性従業員が居たが、退避してきた女性従業員とともに防犯カメラモニターで刃物男の様子を視ながら退避したまま店には出なかったため、いずれにも怪我は無かった。

男は身長が1メートル70センチから1メートル75センチくらいで年齢は不詳、灰色のパーカーを着て灰色のズボンをはいていた。

警察で防犯カメラの画像を分析するなどして強盗事件として逃げた男の行方を捜査している。 (※上記はNHKオンライン記事と地元紙の福島民報記事を参照

確かに、東日本大震災以降、村内では「万引き」、「車上荒らし」、「空き巣」、「下着泥」、傷害事件などが急激に増えたことは確かですが、私の記憶では村内でのコンビニ強盗は史上初めてだと思います。

なんとも村も物騒になったものです。

続きを読む "コンビニ強盗"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2015年10月25日 - 2015年10月31日 | トップページ | 2015年11月8日 - 2015年11月14日 »