« 2015年11月22日 - 2015年11月28日 | トップページ | 2015年12月6日 - 2015年12月12日 »

2015年11月29日 - 2015年12月5日の7件の記事

2015年12月 5日

日本人の国民性は変ったのか?

日本が真珠湾攻撃を行い、米英との開戦となったころに詩人の「永井 荷風」はこんな詩を書いていました。

 国民一般の政府の命令に服従して、南京米を喰ひて、不平を言はざるは、恐怖の結果なり。

麻布連隊叛乱の状を見て、恐怖せし結果なり。

元来、日本人には理想無く 強き者に従ひ、其の日其の日を気楽に送る事を第一に為すなり。

これは、当時の日本人が理不尽な政府の態度・政策にも不平を言わずに従うのは‘麻布連隊叛乱’、つまり「二・二六事件」という事件で軍政部の恐ろしい強行を目の当たりにしことで、「お上には逆らえない」、「長いものには巻かれろ」、「泣く子と地頭には勝てぬ」というような国民性が現れたからだ、というような見解を詩にしたものだと思います。

その“恐”を、いまに当てはめれば、政府の「強行採決」ということになるでしょうかね。

さて、今の日本人にも荷風の詩は当てはまるような・・・あてはまらないような・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年12月 4日

雪降り

昨日、私と妻の自動車のタイヤを全て冬タイヤに交換しました。昨年より1週間早い交換となりました。

あくる朝、温かった日は一転しきょうの様相は大雪が降りだす朝の景色が目の前にありました。

ちょっとだけ予感はあったのですが、これほど冬景色に変貌する翌日までは想像していませんでしたので‘ビックリポン’でしたね。

ただ、まだ暖冬ですので積雪は少ないだろうとも考えられ、これからどうなるのかは予想が付きません。

ここ数年、同じような天候が繰り返されているような気がしていますが、そんな天候より最近変動についていき難くなった体調の方が、気がかりな昨今です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年12月 3日

通知カードの返却続出

マイナンバーの通知カードの郵送は、大都市圏では延滞状態のようですが、福島県内はほぼ順調に配達されたようです。

・・・と、思っていましたら、町村ごと避難しているところでは返却される通知カードが続出しているという新聞記事が出ました。
その数は、町ごとに100件以上だということで、役場職員らは対処に困っているとのことです。

これは、役場が出した住所にそのあての家族が住んでいないために、郵便局が「住所不明」として差出人に返却することで起こったことのようです。

避難者の家族は、何度の住所を変えている人が多いのですが、役所ではそのつど変更先住所の届け出先を連絡するようお願いしているのですが、それをやらない人がかなりいるようなのです。

普通郵便だと転送されますし、いちいち元の役場に通知をするのは面倒ですし、その気持ちはわかるような気がします。

続きを読む "通知カードの返却続出"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月 2日

それは・・・大笑いでしょう

トレンドマイクロ株式会社から、いつものように注意を即すメールが届きました。

>平素より、ウイルスバスター クラウドをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

2015年11月30日現在、Windows 10の環境でウイルスバスター クラウド プログラムバージョン
10.0および8.0において、特定環境下での動作不具合が確認されております。

会社は違いますが、仮にも「マイクロ」の名を社名に冠している会社のソフトまで、マイクロソフト社が一押しのWindows 10という新たなOSとの不具合起きてしまっていること自体に、可笑しくなってしまいました。

Microsoft社の開発担当の社員たち、なにか世の人々とズレがドンドン大きくなってきているんじゃないでしょうかね?

「初心忘れるべからず」、日本のことわざですが、マイクロソフト社に送りたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月 1日

相撲ファンは考える時期

11月場所で横綱白鵬が見せた「ネコだまし」という技、この技はは小兵力士や実力が劣る力士が格上の相手に行う‘奇襲技・目くらまし技‘です。

ですから相撲ファンは驚きましたし、まだ存命だった北の湖理事長も「(反則では無いが)横綱がやる技ではない」と苦言を呈しました。

幕内力士の約半数が外国人力士になった現在、その‘横綱の品格’というのがたびたび問題にされるようになりました。
それは‘あの’朝青竜‘の相撲態度からマスコミなどを中心に騒がれるようになったことですが、そのたびに引き合いに出されるのが大横綱「双葉山」でしょう。

たしかに、双葉山の69連勝などの偉業は素晴らしいですし、相撲を「国技」に定義づけしたのも双葉山ですから、それは文句のつけようがないことです。

しかし、その対比される双葉山には「璽光尊(じこうそん)事件」という‘前科’が有ります。
詳細は多数の警察官への暴行、つまり公務執行妨害罪がその前科の罪状です。

「昭和の大横綱」とか「角聖」とか神格化されたのは、マスコミや双葉山ファンによって出来上がったものでもありますから、双葉山本人としては草葉の陰で痛しかゆしの思いじゃないでしょうかね(?)

続きを読む "相撲ファンは考える時期"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年11月30日

‘ サイトウ ’ さん

明日から12月、12月と言えば「年賀状を書かなければ」という思いが強くなりはじめるころです。

その年賀状も、喪中のところへ出さないようにとか、文面などに書いてはいけないことなどが気になることですが、それより貰って一番気になったり、あまり良い思いをしないのが、名前の間違いではないでしょうか。

そういうなかで、最近の年賀状には略文字じゃなく役所に届けられている‘正式漢字’を使用することがとても多くなったため、特に名字の漢字にはとても気を使うようになりました。

そのため、ここ数年間でかなりの件数で親戚や知人の名字を修正するという作業をすることになったのでした。

その修正した親戚の中に「さいとう」というのもあって、その親戚の名字の漢字は「斉藤」⇒「齋藤」というふうに修正となりました。

さて、その「さいとう」の名字について面白いことが判ったのです。

名字研究家の高信幸男氏という人物がかつて調べたときのデータによれば、日本には「サイトウ」と読む姓が31種類は存在しているはずだというのですが、その「サイトウ」にあてられている漢字のランキングは次のようなものだそうです。

続きを読む "‘ サイトウ ’ さん"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年11月29日

デモクラシー(Democracy)を訳してみれば

あるサイトで、次のような一説を発見しました

>[Democracy](デモクラシー)の和訳は「民主主義」とするのが一般的となりましたが、あくまでも体制概念=「cracy」であって、主義=「ism」ではありません。

ですので、本来の意味からいけば「民主制」(または民主政)と訳されることが的確であり、“民主主義”は誤訳とする考えもあります。

そう言われてみるとなるほどなと思いましたが、「民主主義」が一般化し市民権を得てしまった以上、いまさらですがね。

一応知識として記憶しているのも何かの時に役に立つかもしれませんね。

ちなみに英和辞典には
『* Democracy ⇒民衆(demo)の統治cracy)。』とありました。

続きを読む "デモクラシー(Democracy)を訳してみれば"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2015年11月22日 - 2015年11月28日 | トップページ | 2015年12月6日 - 2015年12月12日 »