« 2015年12月20日 - 2015年12月26日 | トップページ | 2016年1月3日 - 2016年1月9日 »

2015年12月27日 - 2016年1月2日の7件の記事

2016年1月 2日

ひめはじめ(正月二日)

初夢とは、1月2日の夜に見る夢のことを指すのが一般的ですね。

ただ、昔の人の考えは「2日の夜」とは「1日の夜」ことをさします。クリスマスイブ=クリスマスイブニング(25日の夜)がその考え方の典型でしょう。

それは以前にもブログにしましたので、これくらいにしておきましょう。

さて、1月の2日には「ひめはじめ」という言い方が昔から存在しています。その意味は諸説あります↓

  1. 姫飯(ひめいい)を食べ始める日・・・おこわ=強飯(こわいい・こわめし)をやめる日
  2. 飛馬(ひめ)はじめだという説・・・つまり乗馬初め。
  3. 火水(ひめ)はじめだという説・・・火や水を使い始める日だという説
  4. 女伎(ひめ)はじめだという説・・・裁縫を始める日
  5. 姫糊(ひめ)はじめだという説・・・洗濯を始める日
  6. 秘事(ひめごと)はじめだという説・・・男女の初交わりの日

それぞれもっともらしいものですが、どれが正解なのかは不明だそうで、理由毎に‘当て字’が付けられているようです。

しいてと言えば、3番の「火水始め」がもっともらしく、古いように感じます。

ただ、私の考えとしては、全て正解だと思います。

いずれにしても、夢ぐらいは良いものを見たいですね

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2016年1月 1日

謹賀新年

明けましておめでとうございます

Img_2768
皆さまのご健康をお祈り申し上げます

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年12月31日

霜月廿壱日

旧暦では「霜月廿壱日(11月21日)」ですが、本日は大晦日でございますね。

来年の干支は「丙申(ひのえ さる)」、恵方は「≒南南東」だそうでございますので、その方角にある寺社に詣でるのが良いとされるそうです。

そんなことを思いながら、無事に新しい年を迎えられることに感謝したいと思います。

皆さまも、良いお年をお迎えください ませ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月30日

わが家の‘しめ縄’

昨日にしめ縄を飾り、本日は餅を供えました。これで新年を迎える準備は完了と言うところでしょう。
ところで、「しめ縄」の‘しめ’の漢字には「標縄」、「注連縄」、「七五三縄」、「締め縄」など複数が有るのでここでは平仮名にしてみました。

さて、昔からわが家ではしめ縄には2種類があります

Img_2770

Img_2769

この2種類です

続きを読む "わが家の‘しめ縄’"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月29日

野生動物の‘楽園化’?!

29日東京電力は、21日(月)の午前5時50分ごろ、廃炉作業が進む福島第1原子力発電所の建屋1階にある原子炉に通じる配管前をうろつく、体調約1.3メートルほどのキツネをカメラによって撮影されたことが発表しました。

キツネは、震災で被災して開いた原子炉建屋の隙間などから入ってきたとみられ、東電は「動物が侵入しないよう可能な限り隙間をふさぎたい」としていることも表明しています。

キツネがうろついていた時間は約10分ほどということで、けっこう長い時間いたことになります。

この現場は毎時10~200ミリシーベルトと高い放射線量が確認されているところで、作業員は防護服着用でも30分ほどしか滞在は可能ではないことが法律で定められているところですが、野生動物は平気なようです。

以前も記事にしましたが、あのチェルノブイリ原発とその周辺は高放射能のため人が入らないため野生の動物が繁殖し、動物の楽園になっています。

福島原発周辺も、“野生動物の楽園”になりつつあるのかもしれませんね。

余談ですが、福島第1原発で働く東京電力の社員などの中に、安全性が高まったとして昨年あたりから事務職に(若い)女性社員の姿をみることが珍しくなくなったそうですが、報道はされていませんね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年12月28日

やっとお正月気分

本日は、餅がつきあがりまして(器械ですがね)、注連飾りも飾り終り、神棚の綺麗にして、・・・

と、やっとお正月間近の気分になりました。

安達太良山は、白くなり始めましたので、朝までには雪景色の山の姿が現れることでしょう。

あとは明日、きょうついた鏡餅を供えれば完了・・・かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月27日

福島県には古い信号機が大量?

信号機は「制御器」というもので、コントロールされ色などが切り替わります。交差点の信号を見れば、その内の一本の基部に大きなスチール製のボックスがあると思いますが、それです。

たまに、管轄する警察官と業者が調整や点検をしているのを見たことがある人も少なくないと思います。

この制御機は原則として19年に1度新しいものに更新されることになっているんだそうですが、ほとんど都道府県で予算が無いと理由で更新されていないんだそうです。

更新されない率、ワースト1位がなんと「福島県」なんだそうで、33%の機器が古いまま使用されているそうですが、なぜなんでしょうね?

それはともかく、日本全国では何年か前から制御機の不具合から信号の誤作動、例えば「赤と青が当時に点灯」とかのトラブルが急増しているんだそうです(NHKのニュース)。

誤作動によっての重大事故は未だ発生していないらしい(?)ですが、警察庁は重大な問題と判断し更新費用全額負担ということで2020年までに全国すべての機器を更新することを決めたそうです。

2020年、つまり東京オリンピックまでにやっていしまいたい意向なのは直ぐに判りますね。

これは、オリンピック開催のメリットの一つなんでしょうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年12月20日 - 2015年12月26日 | トップページ | 2016年1月3日 - 2016年1月9日 »