« 犯罪の検挙率 | トップページ | 2003年3月19日 »

2016年3月18日

またか・・・まさか・・・

北朝鮮が、弾道ミサイル2発を発射しました。うち1発は17キロほど飛んでレーダーから消え、1発は800キロほど飛行し日本海に落下したようです。

「またか・・・」の思いの行為ですが、今回使用されたのは最大射程1300キロというノドンと見られ、楽観視はできない気がします。

これに対し日本政府は情報収集を急ぐとともに、国家安全保障会議を開き、その対応を協議したようですが、協議だけで終わるのでしたら何も対処しないのと同じに思えます。

なにか、国際的に大きな目立つアピールを行ったほうが良いと思うのですが、日本政府はやらないのでしょうね。

と思ったら、国会の場に置いて内閣法制局長官から「憲法では、日本の核の保有も、使用も、禁止していない」の答弁が発せられました。

国内外に、すごいアピールでしょう

|

« 犯罪の検挙率 | トップページ | 2003年3月19日 »

コメント

原水爆やミサイルの実験などは、国連常任理事国がみんなやってきたことで大きな口は利けません。

ただ、ノドンの発射は日本の航空識別圏を通り、落下地点に関する事前警告もしなかったようです。これは、航海の自由・安全を脅かす行為なので、全く別に安保理決議をし、再発禁止や弁明を要求すべきですね。

発議は、日本以外の非常任理事国が効果的だと思います。経済制裁よりこの方が利くでしょう。

投稿: ましま | 2016年3月19日 08:52

ましまさんへpencil

その発議の仕掛けを日本はやるべきでしょうが、どうもうまくいかない気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2016年3月19日 11:08

不気味ですね。北朝鮮はアメリカに目を向けて欲しいわけで、韓国や日本はその盾にしかすぎません。

投稿: 吉田かっちゃん | 2016年3月19日 14:27

吉田かっちゃんへpencil

むしろ、盾にしているのはアメリカで、北朝鮮は両国をエサにしている気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2016年3月19日 19:27

憲法なんてものは、細かく記載があるわけじゃ無いので、法制局長官は間違っていないかも知れませんが、非核三原則を言い続けているので、明らかに矛盾する意見でしょう。

また北朝鮮を擁護するなら、核保有国は散々核実験をしておいて、ちょっと遅れて開発しようとしている国々を非難するのは、たしかにおかしい。
核保有国こそ、核廃棄を進めるべきです。

投稿: もうぞう | 2016年3月20日 07:39

もうぞうさんへpencil

それが、常識の考え方だと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2016年3月20日 10:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/63363427

この記事へのトラックバック一覧です: またか・・・まさか・・・:

« 犯罪の検挙率 | トップページ | 2003年3月19日 »